「ロード・インフェルノ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

映画「ロード・インフェルノ」の感想

ライターの感想

やんちゃな盛りの娘2人を連れて両親の家に行くという、絵にかいたような平凡な家庭を持つ男が、出来心で前を行く車を煽ってしまったことから始まる悲劇でありますが。決まり文句のように「謝罪のタイミングを逃した」と言い張る謎の男がいい味出していて、泣きわめく娘さんたちも怖さを演出してくれています。自分を煽った車を追跡するだけでなく、その「行き先」まで探し出す執念深さは脅威ですね。この手の映画では、主人公の「何者かに襲われた」という訴えを警察が信用しないというのがお約束ですが、本作の警察は意外に協力的なんですよね、タイヤの取り換えも手伝ってくれるし、両親の家まで同行してくれるし。そんな何気ない設定が、よりリアルさを醸し出してくれていると言えるでしょう。締めくくり方も気が利いていて、なかなかに「拾いモノ」の一作ではないかと思いました!
    1 2 3 4 5

    「ロード・インフェルノ」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×