「ワールドエンド・サーガ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【転】– ワールドエンド・サーガのあらすじ3

ワールドエンド・サーガのシーン3

画像引用元:YouTube / ワールドエンド・サーガトレーラー映像

次の日2人は、草むらをさまようように歩くゾンビを見つけますが、そのゾンビの顔からは、隔離されていた患者が言ったように、木の芽が生えかけていました。エバはなんとかゾンビを撃退し、やがて2人は古い大きなお屋敷にたどり着きます。屋敷内の庭では作物が栽培されていて、2人は生えていたウリのような作物に夢中でかぶりつきます。

しかし屋敷の中に人の気配はなく、どこかへ避難したか死亡したものと思われました。するとエバの様子が急におかしくなり、ビビを殴り倒して立ち去ってしまいます。実は作業場でビビと少女を襲ったゾンビを撃退した時に、エバは腹部を引っかかれていたのです。

噛まれたのとは違い感染の速度は遅くなっていましたが、エバは徐々に感染症に蝕ばまれていたのでした。エバはこうなることを予想して町を出て、治療法を研究しているイエナに行こうと考えていたのです。それでもエバはまだ完全にはゾンビ化しておらず、ビビは事情を知った上で行動を共にしようと主張しますが、エバは別行動を取ろうと自分の意見を譲りませんでした。

その後、1人きりで草原を歩いていたビビは、生えていた木の実を見つけて食べようとすると、そこにゾンビが襲ってきます。すると1人の女性が現れ、ゾンビを倒してビビを助けてくれます。その女性は顔にケガの跡があり、そしてその傷口からは、草のようなものが生えていました。

女性は、自分が1人でサバイバルを続けている住居にビビを案内します。女性は温室で作物を育てていて、ビビに作物を分けてくれます。ビビが「あなたは人間?」と女性に聞くと、女性は「見ての通りよ」とだけ答えます。そして、「人間は地球上からあっという間に消える。でも、歴史からすれば一瞬のことよ」と語ります。

女性の考えでは、人間をゾンビ化させたウイルスはずっと前から地球上に存在していて、人間を地上から消すチャンスを狙っていたということでした。「薬では人は救えない。新しい存在が生まれてきている」と女性は語り、人類にとって変革の時が来ているという考えでした。

そしてビビは、女性の住む住居の近くで、エバの持っていたアメリカ行きのチケットを見つけます。エバもここに来たのだと知り、ビビがエバを探していると、ビビは草むらに埋められていました。ビビが必死にエバを掘り出すと、エバはまだ生きていて、女性はエバに温室で取れたトマトを与えます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ワールドエンド・サーガ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×