映画:世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20

「世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編の紹介:2011年5月14日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』シリーズの特別編。「ドッキリチューブ」「分身」「通算」「缶けり」「PETS」収録。

あらすじ動画

世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20の主な出演者

ストーリーテラー(タモリ)、真壁洋輔(坂口憲二)、緒方佑子(野波麻帆)、吉田将司(草野イニ)、昭島秀樹(弓削智久)、中村四郎(瀧川英次)、田丸義男(片岡信和)、リーダー(國本鐘建)、受付嬢(蒼あんな・れいな)、騙される人々(末広透、掛川陽子、田野良樹、木川淳一、中谷梨紗、近野衣里)、タクシー運転手(中村哲也)、視聴者(星耕介、馬場・場番)、田崎守(大森南朋)、田崎志保(杏)、暮林英二(阿部進之介)、須藤正樹(施鐘泰)、村上信二(津村知与支)、深野景子(高橋麻理)、森里美(田辺愛美)、山岡武(松平健)、西田哲(山本裕典)、通算紳士(マイケル富岡)、通算ガールズ(渡邊小百合、藤嵜亜莉沙)、田宮達明(原田裕章)、本村雄一(柳憂怜)、社長(瀬野和紀)、アナウンサー(松尾翠)、女子高生(葵くるみ、杉本萌奈美)、刑事(ゆうたろう、アレックス藤岡、沼田光仁、加藤宏典、石田ヨウスケ)、藤村幸子(永作博美&遠藤由実)、鈴森ちか(馬渕英俚可&畠山紬)、八木進(眞島秀和&青木綾平)、井上猛(松尾諭&山岸和広)、熊谷慎司(矢柴俊博&小林正宗)、結城正人(春名柊夜)、ちかの恋人(金原泰成)、幸子の部下(和田亮太)、サクラ(谷村美月)、栗田桃子(国仲涼子)、ローズ(国生さゆり)、幸太郎(山中崇)、クロ(石垣佑磨)、管理人(高橋修)、犬(矢崎まなぶ)、救急隊員(重村佳伸)

世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20のネタバレあらすじ

【起】– 世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20のあらすじ1

世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20のシーン1

画像引用元:YouTube / 世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20トレーラー映像

〝紀元前に書かれたギリシャの物語『オイディプス王』。

神が定めた運命から逃れようとすればするほど、その運命に従ってしまうという、王の悲惨な姿を書いた傑作悲劇です。

古代ギリシャでは、神々が世界をつくり、人々の運命を操っていると考えられていました。

彼らにとって世界は箱庭のようなものであり、人間は定められた運命を全うする、人形のようなものだったのかもしれません。

今宵ご覧いただく5人の人間たち。

彼らも、奇妙な見えない力によって動かされ、翻弄されていく運命なのでしょうか。

己の手で世界を操ろうとする人間でさえも〟

〔ドッキリチューブ〕

真壁洋輔が率いる「ドッキリTube」は、生中継の動画を放送するネット動画サイトです。

一般人にドッキリを仕掛けて、その反応を動画で配信するというものでした。

内容の歌劇さから、サイトは人気急上昇中です。

ドッキリの内容は、たとえばファミレスの店員の接客態度が極端に悪く、客が文句をつけようとすると、奥からやくざ風の人が現れて男性客にすごむというものや、誕生祝のケーキが小さく爆発し、生クリームが飛ぶというもの…。

ロビーを歩くと落とし穴があったり、ビルの上から水が降ってきたり…。

真壁はその動画サイトの社長で、部下の吉田、昭島、田丸、中村らをこき使っていました。

会社「GOD(グローバルオンラインドッキリ)」は成長の一途を遂げており、真壁は「目指せ1億ビュー」を謳っています。

刺激的な企画を要求する真壁は、もっと面白く過激な内容のドッキリはないのか、思いつかないのかと、社員たちに要求しました。

その言い方が、あまりにも他者をバカにしているということで、部下たちの反感を買います。

吉田、昭島、中村3人に詰め寄られると、さすがの真壁も動転しました。

部下たちの造反かと、内心はハラハラします。もともと、真壁は気の小さな男でした。

部下3人に詰め寄られて気圧される真壁のところへ田丸が現れると、「ドッキリでーす」と真壁に教えます。

真壁が今回、ドッキリを仕掛けられた対象者で、その一部始終が生放送で中継されていたのでした。

ほっとすると同時に怒りがこみあげて、真壁は部屋を出ていきます。

女性の部下であり恋人でもある緒方佑子に、真壁はホテルの部屋へ呼び出されました。

真壁がシャワーを浴びて部屋に行くと、部屋にはライオンがいて驚きます。

スマホを見ると、生中継されていました。

恋人の佑子にまでドッキリを仕掛けられたのだと気づき、真壁は愕然とします。

部屋を出た真壁ですが、どこにカメラがあるのか、真壁自身の生中継は続きます。

目の前に鉄骨が落ちてきたり、落とし穴にはまったりしました。

真壁が落とし穴から出ようとすると、トラックが穴の上を通行します。

危険なので穴に戻ると、トラックの荷台に積まれていた土が、穴に落とされました。

土を避けて穴から出た真壁ですが、仕掛け人かと思われる男性たちに殴られ、マスクをかぶった集団に囲まれます。

逃げてタクシーに乗った真壁は、「どこでもいいから走ってくれ」と指示しますが、運転手が逃げました。

社内に爆発物があります。

爆弾を投げて爆発を回避した真壁ですが、男たちが追ってきました。

逃げてビルの屋上へ追い詰められた真壁は、「これ、ドッキリなんだよな」と重ねて聞きます。

男たちは何も言わず、真壁をビルから落とそうとしました。

指を足で踏まれ、真壁は高いビルから転落します。

ビルから落ちている真壁の目に、途中の階で自分の部下たちが、笑顔で手を振っているのが映ります。

真壁に仕掛けられたドッキリで、1億ビューが達成されたのでした。

「ドッキリ大成功」という文字をかかげ、部下たちは喜んでいます。

しかし真壁は高層ビルから落ちました…(たぶん助からない)。

〔分身〕

田崎守は40歳近くの、会計士をする男でした。

若い頃から仕事一筋で生きており、自分の会計事務所を持ってからは、その事務所の成功を願って邁進していました。

おかげで会計事務所は創立10年を迎え、順調です。

気づけば守は、40歳近くになっても独身のままでした。

田園調布に暮らしているのですが、守は淋しい気持ちになります。

そこで守は見合いをし、志保という女性と結婚しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「世にも奇妙な物語 21世紀21年目の特別編20」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×