映画:世にも奇妙な物語15周年の特別編3

「世にも奇妙な物語15周年の特別編3」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

世にも奇妙な物語 15周年の特別編の紹介:2006年3月28日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』の15周年記念特番。「リプレイ」「命火」「雨の訪問者」「奥さん屋さん」「イマキヨさん」「超短編(1話あたり10秒~1分程度)10作品」からなる。

世にも奇妙な物語15周年の特別編3の主な出演者

ストーリーテラー(タモリ)、田辺修一(伊藤淳史)、戸村涼子(池脇千鶴)、榎本達也(田中哲司)、若い刑事(戸田昌宏)、年配の刑事(天現寺竜)、参列者(佐野珠美、松山尚子)、カップル(松本隆之、田口寛子)、小山陽子(長谷川京子)、武内透(中村俊介)、岡本光子(草村礼子)、岡本ゆかり(キムラ緑子)、斉藤由美(高橋しゅり)、木下サキ(山田夏海)、サキの母親(石井麗子)、光子の主治医(仲恭司)、宝石店店員(菊地裕子)、透の執刀医(河端保成)、陽子の母親(南風佳子)、朝野沙代子(ともさかりえ)、小森誠治(岡田義徳)、朝野史絵(柳沢なな)、キャスター(佐戸井けん太)、コンビニ店員(根本博成)、アナウンサー(相内優香)、レポーター(今林久弥)、解説者(阿部六郎)、幼い沙代子(坂野真理)、幼い史絵(井上楓香)、電話の声(小谷公一郎)、半沢杜夫(佐野史郎)、平沢より子(戸田菜穂)、奥さん屋の店主(白井晃)、課長(伊藤正之)、バスの運転手(坂田聡)、工場の社長(佐々木睦)、接待客(飯田邦晴、堀文明)、女子社員(竹山メリー、国保裕子)、夫婦(入江正徳、矢野泰子)、コンパニオン(海野美智子、三浦知里)、奥さんたち(佐古真由美、藤田恵、石川真衣、ハル、友兼理菜、和田真理子、松崎由香、岡田敬子、佐藤礼貴、和田茜、東真彌、関根由佳梨)、高田和夫(松本潤)、イマキヨさん(酒井敏也)、遠藤晴美(高橋真唯)、吉井等(北村栄基)、警官(山崎海童)、面接官(中脇樹人)、女子大生(原田佳奈)

世にも奇妙な物語15周年の特別編3のネタバレあらすじ

【起】– 世にも奇妙な物語15周年の特別編3のあらすじ1

世にも奇妙な物語15周年の特別編3のシーン1

画像引用元:YouTube / 世にも奇妙な物語15周年の特別編3トレーラー映像

〝ここはもう墓だらけだというのに、やれやれ、まだ墓穴(はかあな)が必要だとは。

おや? わざわざいらしたんですか? この奇妙な墓場へ。

地の果てまで広がる無数の墓。

ここには、奇妙な世界に迷い込んだ、哀れな犠牲者たちが葬られています。

最初の1人を埋葬して、もう15年になります。

さすがにもう墓場はいっぱいだと思ったんですが、12345678…、まだ誰も入っていない墓穴が、あと15個。

「世にも奇妙な物語」15周年の今宵(こよい)は、15の奇妙な物語をお届けします。

この15の墓穴に入る最初の犠牲者は、どうやら彼のようです…〟

〔リプレイ〕

田辺修一と戸村涼子は、結婚を間近に控えたカップルでした。

修一はビデオカメラで、恋人の涼子を撮影するのが大好きでした。

ところが涼子はひとけのない路地で、何者かによって絞殺されます。

目撃者や証拠もなく、現在も犯人は捕まっていませんでした。

まだ若い涼子の死に、家族はもちろんのこと、婚約者の修一は涙にむせびながら、涼子とさいごのお別れをします。

それが、2006年3月20日のことでした。

葬儀から戻った修一が、部屋で過去に撮影した涼子の映像を見ていると、不思議なことが起きます。

涼子を撮影したその映像は、2005年7月29日のものでしたが、再生していると日づけのカウンターが自動的にすすみ、2006年3月20日になったのです。

ビデオカメラは、修一がいまいる部屋を録画している状態になりました。

無人の部屋なのに、ビデオカメラを覗くと涼子が話しかけてきます。

最初は驚いた修一ですが、カメラ越しに涼子とコンタクトが取れると知ると、手放しで喜びました。

涼子は修一に「もうどこへも行かない。ずっと一緒だよ」と言います。

翌日。

修一はビデオカメラを持って、公園へ出かけました。

独りでですが、カメラを覗くと涼子が話しかけてくるので、修一は淋しくありません。

その日から再び、修一と涼子の幸福な時期が戻ってきた気がしました。

修一は毎日、カメラ越しに涼子を探します。

修一が勝手に旅行の予定を決めてしまうので、涼子と口論になりました。

なんでも独断で決めてしまう修一に、涼子は不機嫌になります。

修一の執着がエスカレートします。

カメラの電池がなくなって充電をしているあいだも、修一は涼子を探します。

居場所が分からないと不安になった修一は、涼子の持ち物を勝手にあさりました。

帰ってきた涼子の胸元が開いており、修一は詰問しますが、涼子は私物を漁られたことに怒ります。

責められた修一は机の上のものをなぎ倒し、1本のビデオテープに目を留めました。

2006年2月24日のものを再生したところ、涼子が他の男性・榎本達也と会っている映像を見つけます。

気になった修一は翌日、映像と同じ場所へ行ってみました。

そこには映像で見た男性・榎本がいました。

修一が榎本に話しかけると、榎本は露骨に嫌います。

「相談に乗ってただけだ」と言うと、榎本は去っていきました。

修一に涼子が「また同じこと繰り返しちゃったね」と言うと、すたすたと去っていきます。

涼子のあとを追った修一は、追いながら少しずつ当時のことを思い出していきました。

…修一は嫉妬深い男でした。涼子を束縛、拘束し、すべてを知りたがります。

そんな修一に不安を覚えた涼子は、「修一との結婚を辞めたほうがいいのか」と悩み、榎本に相談をしていました。

しかし涼子を尾行していた修一は、榎本と涼子の関係を疑います。

榎本に食って掛かったあと、涼子を追った修一は、涼子から「一緒にいると息が詰まる。もう無理だよ、辞めよう、結婚」と言われ、逆上しました。

胸倉をつかんだため、涼子の胸元が開きます。

(ビデオカメラで涼子の胸元が開いていたのは、このときのもの)

修一はその後、涼子の首を絞めて殺しました。

涼子を殺害したのは、修一だったのです…。

すべてを思い出した修一に、涼子は「言ったじゃない。ずっと一緒だよって」と声をかけます。

ビデオカメラから手が出てきて、修一につかみかかります…。

後日。

修一の遺体が発見されますが、婚約者の涼子が死んだ場所だったために「恋人を失った悲しみによる、後追い自殺」とみなされました。

修一のそばには、涼子の付け爪が落ちており、ビデオカメラ越しに涼子の姿が見えますが、それを見る者は誰もいませんでした。

〔山田祭り〕

若い男性・山田の部屋のカレンダーには、3月28日のところに「山田祭り」という書き込みがなされていました。

不思議に思いながら山田が部屋の扉を開けると、外にはたくさんの人が待っていました。

一斉に起きる「山田コール」を聞いた山田は、自分をみんなが歓迎してくれる日なのだと思い、気をよくします。

しかしそうではなく、みんなは山田を殴りつけました。

カレンダーの「山田祭り」のところには、フォントサイズが小さすぎて見えにくいですが、厳密には「山田『血』祭り」と書かれていました。

〔命火〕

小山陽子は若い女性看護師です。陽子には特殊な能力がありました。

「命火」といい、手を握った相手の命の強さが見えるというものです。

それだけではありません。

自分の「命火」を相手に移すこともできました。

陽子は気の良い女性なので、少女・サキが弱っていると、すぐに自分の命火を与えようとし、恋人の医者・武内透に注意されていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「世にも奇妙な物語15周年の特別編3」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×