映画:世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18

「世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春の紹介:2010年4月4日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』シリーズの特別編。「ニュースおじさん、ふたたび」「ナデ様の指輪」「もうひとりのオレ」「まる子と会える町」「台詞の神様」収録。

あらすじ動画

世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18の主な出演者

ストーリーテラー(タモリ)、朝倉瑞希(香里奈)、ニュースおじさん(唐十郎)、永井勇作(勝地涼)、田崎博一(飯田基祐)、佐々木部長(春海四方)、北村加奈子(高橋まりの)、牧野健太郎(趙珉和)、バス運転手(田村三郎)、吉村(堀口敬巧)、リポーター(上村愛香)、男の子(中村柊芽)、ニュースの声(伊藤富美也、山岸快)、本人役(大塚範一、高島彩)、塚地武雅(塚地武雅)、AD佐藤(コッセこういち)、マネージャー(明樂哲典)、潮田玲子(潮田玲子)、大泉誠一郎(長谷川初範)、七尾(工藤俊作)、野島(久保晶)、少女(川島鈴遥)、老婆(佐々木すみ江)、藤本敏史・もう一人の藤本(藤本敏史)、原西孝幸(原西孝幸)、ディレクター(三島ゆたか)、アンビリバボーのナレーション(鈴木英一郎)、楠本一郎(西田敏行)、新田康子(芳本美代子)、新田智彦(猪野学)、楠本里美(工藤時子)、新田結衣(大野百花)、ハローワーク担当(三上哲)、男(三谷幸喜)、女・政子・ポニータ(柴咲コウ)、大蔵(佐藤浩市)

世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18のネタバレあらすじ

【起】– 世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18のあらすじ1

世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18のシーン1

画像引用元:YouTube / 世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18トレーラー映像

〝1936年、イギリスの国営放送BBCが、世界で初めてテレビ放送を開始しました。

それ以降、テレビは瞬く間に世界に広がり、世界各国がテレビ局を持つようになったのです。

私が今立っているこの場所も、そういったテレビ局の一角です。

(ストーリーテラーが立っているのは、お台場にあるフジテレビのビルの、球の上)

私はここから20年にわたって『世にも奇妙な物語』を皆さんに語り続けてきました。

記念すべき20周年今宵、最初に皆さんにお届けするのは、こんな奇妙な物語です…。〟

〔ニュースおじさん、ふたたび〕

〝二十年ほど前『ニュースおじさん』という

世にも奇妙な物語があった…〟

ドラマでは触れられませんが、簡単に『ニュースおじさん』について説明します。

主婦の本間むつみはテレビを見ていて、いつもニュースに映り込んでいるおじさんがいると気づきました。

夫の晴彦に告げても、夫は興味を抱きません。

その後もむつみは観察を続けると、やはり事故現場にはおじさんが必ずいるのです。

おじさんに夢中になったむつみですが、次第に不気味に感じ始めました。

おじさんが行くところに事件や事故があるのだということに、気づいたからです。

ある日、むつみは夫の晴彦の運転する車から、出先でおじさんを見つけました。

おじさんは白い車に乗っています。

おじさんがいるということは、何かが起きるということだと、むつみは気づきます。

そばにいると事故か事件に巻き込まれると気づいたむつみは、夫の晴彦に逃げようと言いました。

車がつり橋を渡ろうとしたとき、むつみたちは祝福を受けます。

なんと、水無瀬橋の100万台目の通行者だったのです。

橋の向こう側からパレードとえらいさん、マスコミがやってきて、むつみたち夫婦は祝福のインタビューを受けます。

夫の晴彦はインタビューに答えますが、むつみはおじさんが気になります。

いつもならカメラに映り込もうとするおじさんが、遠くから見ているからです。

おかしいと思ったむつみですが、気づくのが遅れました。

パレードが行進した瞬間、つり橋は落ちます。

おじさんはだまって、目を閉じました。

(パレード、えらいさん、マスコミ、むつみ夫婦みんなつり橋から落ちて死亡)

朝倉瑞希は朝の『めざましテレビ』で、現場からのリポートをしているキャスターです。

瑞希は、あるおじさんのことが気になっていました。

そのおじさんは、事件や事故を聞いてリポートするために駆け付ける、マスコミの瑞希たちよりも先に、現場に到着しているのです。

最初は瑞希も、おじさんが報道関係者ではないかと思ったことはありました。

しかしカメラもマイクも持っておらず、いわゆる業界臭がしないのです。

一般の人だとすると、報道されていないニュースを、どうやって知ったのかという疑問が残ります。

ある日。

瑞希たちクルーは、たまたま事故が起きたばかりの現場に居合わせました。

積み荷の下敷きになっている人を、瑞希たちは救助します。

瑞希はそこにおじさんを見つけ、「手を貸しなさいよ」と声をかけますが、おじさんは無視して去っていきました。

おじさんの存在を、瑞希は不気味に思い始めます。

気になった瑞希は、事件や事故の現場を撮った映像を確認します。

すると、おじさんは必ず現場に映り込んでいました。

すべての現場にいると気づいた瑞希は、予知能力があるのだろうかと仮説を立てます。

瑞希は30歳の誕生日を迎えました。もう若くないと、瑞希は思います。

30歳になっても現場のリポートをしていることを憂えた瑞希は、何かスクープを飛ばして売れっ子になりたいと考えます。

世田谷区の火災現場におじさんを見つけた瑞希は、おじさんを追いかけて「わたしと組みませんか、私と契約を」と声をかけました。

おじさんは黙って去ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「世にも奇妙な物語20周年スペシャル春18」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×