映画:世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19

「世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19」のネタバレあらすじと結末

世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋の紹介:2010年10月4日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』シリーズの特別編。「厭な扉」「はじめの一歩」「栞の恋」「殺意取扱説明書」「燔祭」収録。

あらすじ動画

世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19の主な出演者

ストーリーテラー(タモリ)、引田慶治(江口洋介)、新美禄造(笹野高史)、深谷(神尾佑)、男(田口主将、芝崎昇)、フロントマン(天田暦)、ポーター(やべけんじ、夏山剛一)、篠崎肇(大野智)、坂本みさき(田中麗奈)、脇坂(渡辺邦斗)、部長(岸博之)、千香(中丸シオン)、増田はじめ(後藤康夫)、ウェイター(徳秀樹)、交通安全の神(遠藤憲一)、縁結びの神(伊東四朗)、加川邦子(堀北真希)、高田啓二(竹財輝之助)、恵美(澤田育子)、女(井上美琴)、帯刀耀一郎(比田勝憲人、地曳豪)、DJ(大塚和彦)、古本屋店主(岸部一徳)、木谷晋吾(玉木宏)、川島実(塚本高史)、美由紀(杏さゆり)、八屋夕子(野口かおる)、社員(鶴田幸乃)、解説(田丸楓)、青木淳子(広末涼子)、多田一樹(香川照之)、小暮昌樹(中村倫也)、多田雪江(飛鳥凛)、小暮太郎(高杉航大)、記者(吹上タツヒロ)、リポーター(池田宣大)、子供一樹(米本来輝)、子供雪江(篠川桃音)

世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のあらすじ1

世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のシーン1 〝こんばんは。20年目の奇妙な世界へようこそ。
『世にも奇妙な物語』が産声を上げてから、今年で20年。
実に400以上の物語を、皆さんにお送りしてきました。
20年前、記念すべき第1回目の放送は、主人公の作り出した噂が、やがて独り歩きして、現実に襲い掛かっていくという物語でした(『噂のマキオ』)。
今宵、20周年を迎えて最初にお送りするのは、やはり噂にまつわる奇妙な物語です。
男が出会ったのは、幸せになれるという奇妙なホテルの噂でした…〟


〔厭な扉〕

引田慶治(ひきた けいじ)は事業に失敗し、多額の借金を背負いました。
妻子に借金を背負わせまいとして、慶治は妻・涼子と離婚し、8歳の娘・香織とも泣く泣く別れて暮らし始めます。
慶治ひとりの暮らしは大変でした。慶治はホームレスに身をやつします。

ある日、慶治は道でばったり、かつての同僚・深谷と出会います。
ホームレスになった姿を見られたくなかった慶治ですが、深谷は慶治を探していたと怒りました。
深谷が持ってきたニュースは、慶治にショックを与えます。
借金の犠牲にしたくないからと離婚した妻子が、結局借金を苦に無理心中を図って亡くなっていました。

妻子を亡くしたと知った慶治は、もう生きている甲斐がないと思い、ビルから飛び降りようとします。
そこへ身なりのよい初老の男性がやってくると、慶治に話しかけます。
男性は「永遠の幸福を与えよう」と言い、あるホテルの招待状をくれました。
男性は、新美禄造(にいみ ろくぞう)と名乗ります。
その名前に、慶治は覚えがありました。


ホームレスの生活をしていた慶治は、中央公園に泊まっているホームレスが、奇跡的に幸福を得たという話を聞きます。
なんでもニイミロクゾウという男が、あるホテルに宿泊したことで幸福になったというのです。
ホームレスの間では、有名な話でした。
しかし慶治は「都市伝説のたぐいだろう」と受け止めていました。

目の前に実際に新美禄造という男が現れ、招待状を渡されても、慶治は信用していませんでした。
とはいうものの、死を決断した慶治に怖いものはなく、慶治は誘われるままホテルへ泊まりにいきます。


ホテルは山の中の立派な老舗のものです。
フロントマンが応対すると、ポーターが客室まで慶治を案内しました。
特別室と呼ばれる部屋には新美がおり、慶治に鍵を渡します。
「この鍵であの扉を開ければ、永遠の幸福を手に入れられる」と言いました。
絶対的な幸福は存在しないけれども、永遠の幸福ならばあると、新美は言い、手に入れ方を教えます。

ホテルで一晩宿泊し、翌朝、扉を開いてやってくる者を殺すのです。
その相手が持っていた金を持って立ち去れば、幸福になれるそうです。
「来年同じ日に、同じだけの金を持ってここへ来なさい。それだけで君の幸福は続く」
新美はそう言います。

人殺しは厭だと思いつつ、失うものがない慶治は言われたとおりにします。
扉を開けてやってきた者を撃ち、バッグを奪ってホテルから去りました。
新美に言われたとおり、ホテルで殺人を犯したのですが、事件にはなっていません。


都会へ戻った慶治は、金を元手にして競馬で増やします。
さらに株取引をし、あっという間に大金にしました。
裕福な暮らしをして1年間、あっという間に経過します。

新美に言われたとおり、1年後、慶治はホテルへやっていきました。
フロントとポーターに会い、特別室の扉を開けた慶治は、自分に撃たれます。
撃った慶治は、バッグを奪って逃げました。
薄れゆく意識のなかで、慶治は思い出します。
「これで165回目だ…」
(「永遠の幸福」がヒント。無間ループだった)



〔はじめの一歩〕

篠崎肇(しのざき はじめ)は、坂本みさきと交際して、もうすぐ5年になります。
肇は「まず始めに」という口癖がありました。
肇のこの口癖はみさきにも、会社の同僚にも嫌われているのですが、肇は自覚がありません。

その日も肇はデートの最中に、「『まず始めに』という口癖をやめてほしい(直してもらいたい)」とみさきに言われたのですが、聞き入れませんでした。
みさきは怒って、その場を去ります。
店の外まで追いかけていった肇は、通りの横に鳥居がある場所で、明るい光に照らされます。
次の瞬間、肇以外の人たちの時間が止まりました。
肇の前に、中年神様と若い神様が現れます。

【承】- 世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のあらすじ2

世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のシーン2 中年神様は縁結びの神、若い神様は交通安全の神でした。
5数えるあいだに恋愛のことにかぎり、願いを1つだけ叶えてやると言われた肇は、すぐに思いつきません。
肇が言えずにいると、神様は「『まず始めに』という口癖を消してやろう」と言いました。

次の瞬間、また周囲の時間が経過し始めます。
しかし肇はみさきに、「しばらく距離を置きたい。会わない」と宣言されてしまいました。


次の日。
会議の際に発言する肇を見て、周囲の者がうんざりします。
肇はいつも「まず始めに」と言って説明が長く、鬱陶しいからです。
しかしその日、肇は結論から言いました。そのあと、根拠を述べます。
説明が分かりやすく、同僚たちは驚きました。

「まず始めに」という口癖が消えたことで、肇の実力が発揮されます。
遠回しでなくなった分、肇の仕事も成果が出るようになりました。
しかし、みさきとは会わない日々が続きます。


クリスマスの日。
肇は最後に会った店を予約したと言い、みさきを食事に誘います。
みさきも嬉しい気持ちになりました。

店へ入って席に座った2人に、ウエイターがやってきて「まず始めに」と言います。
その言葉を聞いて、肇は懐かしい感じがしました。
実はそれまでも幾度か、肇はその言葉をきくたびに懐かしいと感じていました。
懐かしいという気持ちをおして、肇はみさきに「結婚してください」と言います。
みさきはプロポーズを受けました。

店からの帰り、横に神社がある道にさしかかると、次の瞬間、時間が止まりました。
中年神様と若い神様が出てくると、成功したと「みさきに」言います。


…実は…。
中年神様と若い神様は、肇だけではなくみさきにも声をかけていたのでした。
肇は制限時間5秒のあいだに願い事を言えませんでしたが、みさきは神様に「肇の『まず始めに』という口癖を取ってほしい」と頼んでいたのです。
つまり、みさきの願い事だったのでした。

とはいうものの、その効果の持続は1週間ほどで、あとは肇が持つ本来の力が引き寄せたものだと、中年神様は言います。
それを聞いたみさきは肇の活躍を喜び、これからは2人で幸せになろうと決意しました…。

止まっていた時間が流れ始めると、肇は「今から籍を入れに行こう」とせかします。
みさきは「まず始めに、両親へあいさつでしょ」とたしなめました。



〔栞の恋〕

1967年。
ゴーゴー喫茶が流行し、グループサウンズが一世を風靡していました。
加川邦子は酒屋で働く女性です。
内気な邦子は、配達という仕事もあって流行のミニスカートを履けませんが、ザ・タイガースというグループのファンでした。
邦子が好きなのはグループのなかで一番背が高いベースギター担当の、サリーと呼ばれる男です。

邦子は今年の春から、恋をしていました。町で見かけた背の高い青年に、です。
とはいうものの邦子は話しかけることもできず、遠くから青年を見ているだけでした。
青年のことを「サリー」と名付けています。

ある日、恋する男性が古本屋に入ったので、邦子はどんな本を読んでいるのかチェックします。
(注:古本屋の店主役の岸部一徳さんが、ザ・タイガースのサリー)
青年が去ったあと、手に取っていた本を邦子が見てみると、そこには栞が挟まっていました。
「Y.T」というイニシャルが書かれており、邦子は、青年のイニシャルだと思います。


直接話しかけることはできませんが、本を通してならば接することができると考えた邦子は、自分も栞を残すことを思いつきました。
「難しい本ですね K.K」と書いた栞を、そこに挟みます。
本の中で話しかけることで、「Y.T」と邦子は少しずつ親しくなりました。

【転】- 世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のあらすじ3

世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のシーン3 今まで来なかったのに、急にやってき始めたことで、邦子は古本屋の店主に怪しまれます。
その店主に話の水を向けると、青年が「高田君」という大学院生だと知りました。
「Y.T」のイニシャルとも一致するので、邦子は喜びます。
一方で、本の中だからこそ恋が実現するのであって、本の中から出てしまったら、恋が終わってしまいそうだと不安になりました。


不安は的中します。
ある日、邦子が納入するため出入りするゴーゴー喫茶に、高田青年がやってきたのです。
しかも高田は、女連れでした。
女性との会話で、邦子は思い描いていた男性像とかなりかけ離れていると知ります(性格が悪い)。
女性が高田のことを「啓二」と呼びました。
それを聞いて邦子は、自分がやりとりしていた相手がちがうと知ります。
(栞のイニシャルは「Y.T」。高田啓二だと「K.T」になるから)

ではだれとやりとりしていたのか知りたい邦子は、古本屋に急ぎます。
相手の名前を知りたい邦子は、栞に「加川邦子」と名前を書きました。
挟んだあと、邦子はふと本の作者の名前に目を留めます。

いつも栞を挟んでいた本の作者は、「帯刀耀一郎(たてわき よういちろう)(「Y.T」)」でした。
古本屋の店主が、その作者の著書は1冊しか存在せず、20年前に戦死したと言います。
太平洋戦争の末期に神風特攻隊として赴き、24歳で亡くなっていました。
邦子は、帯刀と栞のやりとりをしていたのだと気づきます。

持っていた本を再び開くと、時代を超えて帯刀からの長い手紙が入っていました。
手紙には、これから戦地へ赴くことや、戻ってきたら必ず邦子を探すということが書かれています。
邦子は涙をこぼしながら、その手紙を読みました。
帯刀からは手紙とともに、庭に咲いた金木犀の花が入っていました…。

(邦子のいる1967年と、帯刀の時代1944年と時代を超えての恋)



〔殺意取扱説明書〕

職場でコーヒーメーカーを壊してしまった木谷晋吾は、同僚の八屋夕子に「明日までに直しておいてくださいね」と言われ、残業を余儀なくされます。

修理のために取扱説明書を探していた木谷は、たくさんの取扱説明書の中に「殺意取扱説明書」と書かれた本を手に入れました。
コーヒーメーカーも無事に修理し、うまく作動するようになった機械でコーヒーを作って飲みながら、木谷はその説明書を手に取ります。


「殺意の準備 殺したい相手を限定してください」と書かれた欄を読み、木谷はためしに、先ほど言いつけた夕子を思い浮かべました。
しかし夕子には殺意というほど強い感情があるわけではなく、すぐに否定します。
廊下に出た木谷は、かつての同僚・川島実と出くわしました。
川島を殺したいと思った木谷は、説明書を持って帰って読もうと思います。

…そもそも川島と木谷は、広告会社の同期で、同じクリエイティブ局のプランナーでした。
木谷は川島と昔は仲がよく、よく互いの家を行き来するほどでした。
木谷のほうは、川島を親友と思ったこともあります。

しかしある時、川島は木谷のプランを盗んで発表したのです。
それがきっかけで川島は成功し、大きなプロジェクトを次々に任されるようになりました。
いっぽう木谷は総務課へ異動を命ぜられて、不本意な仕事をするようになっていました。

それだけではありません。
木谷は美由紀という恋人と婚約していたのですが、同じ時期に美由紀は木谷を捨てて、川島に乗り換えていました。
そんなことが重なり、木谷は川島を憎んでいるのです…。


帰宅後に殺意取扱説明書を読んでいた木谷は、次第に川島への殺意を募らせます。
「殺意の初期化」「殺意の調整」というのを読み、具体的な殺害の方法をイメージした木谷は、川島を殺そうと決めました。
ワイン好きの川島に、いい銘柄のワインが手に入ったと誘い、招待します。
川島の飲むワインに毒を入れようと、木谷は考えました。

【結】- 世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19のあらすじ4

川島を呼んだ木谷は、目を盗んで川島のグラスに毒を入れます。
ところが乾杯の段になり、川島が今までの謝罪をしました。
美由紀とは別れたことを告げた川島は、「俺と一緒に独立して、会社をつくらないか」と話を持ち掛けます。

もとは親友だったくらいですので、川島への殺意が急速に薄れてきました。
木谷はわざと川島のワイングラスを倒したふりをし、毒をのませるのをやめます。
トイレで気持ちを落ち着かせ、殺すのはやめようと考えた木谷は、川島のところへ戻りました。
再び木谷は川島と乾杯します。

ワインを飲んだ木谷は倒れます。
木谷のグラスに、川島が毒を入れていました。
川島も殺意取扱説明書を持っており、木谷に実行したのです。
「人生はやった勝ちなんだよ」と川島は笑いました。
説明書の裏面には「返り討ちに合う場合もある」という警告が書かれていることに、倒れた木谷は気づきます…。



〔燔祭〕

(「燔祭(はんさい)」=「古代のユダヤ教の儀式。いけにえを神様に捧げるもの」)

多田一樹は最愛の妹・雪江を殺されました。
雪江を殺した男・小暮昌樹は17歳の未成年で、しかも証拠不十分で釈放されています。
父親が権力者ということもあり、小暮が今回の容疑で捕まることはなさそうです。
小暮は、雪江をはじめ3人の女子高校生を殺害した容疑がありました。

多田はひそかに復讐をしようと、小暮を尾行し、ひとけのない地下鉄の駅で背中を押そうとしますが、人殺しができません。
そんな多田に、青木淳子という若い女性が「力になりたい」と声をかけます。


淳子は多田の会社のメイル部に所属しており、以前から多田を知っていました。
「私はあなたの武器になれる」と言い、純子は多田を空き地に連れていきます。
淳子は特殊能力を持っていました。
念じるだけで物体に火をつける、パイロキネシス(念力放火能力)を持っているのです。

淳子はこの能力をいままでひた隠しに隠して、生きてきました。
なぜこんな力があるのか分からず、目立つことなく気配を消して暮らしていたのですが、「いつか誰かのために、能力を正しく使えると思っていた」と言います。
そうでないと、なんのために生まれてきたのかと、淳子は疑問に思うわけです。

多田が淳子の申し出を断ると、淳子は「あなたみたいな優しい人に、殺せるの?」と聞きます。
秘密を共有したことで、多田と淳子は急速に親しくなりました。


釈放された小暮は、マスコミの取材を受けることで、取材費を受け取っていました。
淳子は多田にそれを指摘すると、小暮を放置していていいのかと言います。
多田は、雪江からの修学旅行土産を部屋に飾っていました。
クリオネの形をした、多田と雪江の名前を書いたキャンドルです。
淳子はそれを見て、復讐が終わったときには、そのキャンドルに火をともさせてほしいと言いました。


小暮は無実の被害者を気取ってマスコミの取材を受け、さらにアメリカに語学留学するつもりだと分かります。
多田はナイフを持って小暮を狙いますが、刺すことができませんでした。
小暮は「ごめんなさい」と言って泣くふりをすると、多田の隙を見てナイフを奪い、ためらいなく刺そうとします。
小暮の腕が急に燃えました。淳子の仕業です。
夢中になる淳子の頬を張り、多田はやめさせました。そのあいだに、小暮はその場から逃亡します。

小暮は「あいつを殺したら、俺たちも人殺しになる」「君は自分の力を使ってみたいだけなんだ」と言い、復讐をしないと決断しました。
淳子は会社をやめ、多田の前から姿を消します。


数か月後。
4人目の被害者が出ました。
小暮は警察の取り調べを受けますが、また証拠不十分で釈放されます。

警察署を出た小暮が、取り巻くマスコミの目の前で炎に包まれました。
多田はそれを見て、淳子の仕業だと思います。
小暮は全身を炎に包まれ、亡くなりました。
付近を探した多田ですが、淳子はもういません。

帰宅すると、多田の部屋のキャンドルに火がともっています。
それを見た多田は、淳子が自分の代わりに復讐してくれたのだと思い、涙を流します。


〝ここ(たくさんの本棚)にあるのは、これまで20年間にわたり皆さまにお届けしてきた、奇妙な物語。
今宵お送りした5つの物語も、またこの中に収められています。
これ(本)が最後の1冊だったようです。
…いや、皆さん、ご心配には及びません。
奇妙な物語が尽きるのは、まだまだ先のようです。〟

みんなの感想

ライターの感想

〔厭な扉〕まあなんとなくオチは想像つくけれど、それでも楽しめた。
165回目ってことは、165年前から繰り返してるってこと?
〔はじめの一歩〕これ見たら「まず始めに」と軽々しく言いにくくなりそう(笑)。
見終わったあと、にやっとしてしまう。ハッピーエンドなのも吉。
〔栞の恋〕切ない、でもいい話。ミスリードさせての着地点があざやかで、すばらしい。
ちょっとした映画にできそうだけれど、この短さにまとめてるからこそ、よいのだろうな。
〔殺意取扱説明書〕これも、にやっとしてしまう作品。相手も殺意を持っていたというオチ。
伏線もうまく回収していて、よかった。
〔燔祭〕宮部みゆきの短編。青木淳子のシリーズは『クロスファイア』で矢田亜希子が演じている。映画のほうもよい。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「世にも奇妙な物語20周年スペシャル秋19」の商品はこちら