映画:世にも奇妙な物語2007春の特別編5

「世にも奇妙な物語2007春の特別編5」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

世にも奇妙な物語 2007春の特別編の紹介:2007年3月26日放送の日本オムニバスドラマ。『世にも奇妙な物語』の、春の特別編。「才能玉」「バーチャルメモリー」「雰差値教育」「午前2時のチャイム」「回想電車」の5編からなる。

あらすじ動画

世にも奇妙な物語2007春の特別編5の主な出演者

ストーリーテラー(タモリ)、太田真和(櫻井翔)、望月麻奈美(平山あや)、画廊オーナー(泉昌子)、職員(加治木均)、ピザ店長(金橋良樹)、刑事(国枝量平、石原誠)、おばさん(しのへけい子)、監督(Ian)、夫(吉田晋一)、バンド(告井孝通、小林一、龍山仁平)、審査員(朝倉丈雄、加賀健治)、男(福嶌徹)、アナウンサー(山田透)、ギター(菅原潤子)、リフティング(STYLERS)、佐々木(佐藤悟)、立花雪絵(加藤あい)、VM店員(菊池均也)、アジア系の男(ヨシダ朝)、水商売風の女(山下裕子)、OLミカ(松永京子)、OLサナエ(前田知恵)、OLクミ(鴨志田えみり)、ストリートファイター(Rene Verburg)、アナウンサー(岩尾康延)、OL(鈴木貴子)、包帯男(日高迅)、川口課長(小木茂光)、名城恵子(永作博美)、夏目教頭(温水洋一)、川上(松山愛里)、町田(村田翔平)、吉野(西原信裕)、岡本(大川翔太)、小山田(前田公輝)、生徒(船戸理世、恒吉梨絵、中屋力)、芥川校長(土田アシモ)、3年D組教師(森雅晴)、雰差値委員(青沼神対馬、橘川丈仁郎、神奈美衣)、浦木春海(椎名桔平)、須藤弥生(山口紗弥加)、野口衛(坂田聡)、マスク女(勝栄)、妻(児玉ちえ)、小泉敬一(羽場裕一)、興水(小日向文世)、牧子(宮崎美子)、久美(山下容莉枝)、安奈(前田真希)、駅員(田口主将、冨塚智)、山本(桜井聖)、少女安奈(小菅結衣)、不良(高濱正朋、原田孝司)、社員(岡村深雪)、アナウンス(福島孝広)、吉田(金田明夫)

世にも奇妙な物語2007春の特別編5のネタバレあらすじ

【起】– 世にも奇妙な物語2007春の特別編5のあらすじ1

世にも奇妙な物語2007春の特別編5のシーン1

画像引用元:YouTube / 世にも奇妙な物語2007春の特別編5トレーラー映像

〝いらっしゃいませ。ようこそ、「奇妙な料理店」へ。

当店には、決まったメニューはございません。

お客さまの欲望、悲しみ、恐怖などをレシピに取り入れ、世界にも類を見ない特別な味をご用意しています。

これらの食材で作られた料理は、胃で消化され身体を巡り、やがて血となり肉となって、

食べた方々を、奇妙な世界へといざないます。

本日は5人のお客さまにご予約いただいております。

それぞれの方にふさわしい、奇妙な特別料理をご用意いたしました。

…どうやら1人目のお客さまが、いらしたようです。

うん? どんな料理だか、気になりますか?

じゃあ、ちょっとだけ…〟

〔才能玉〕

若い男性・太田真和(まさかず)は、ロックバンドを結成しています。

自分に音楽の才能があると思っており、デビューを夢みています。

同棲している長年の彼女・望月麻奈美の協力もあり、真和はピザの配達のアルバイトをしながら、暮らしていました。

しかしその麻奈美にも、「そろそろ現実見たほうがいいんじゃない?」と言われています。

オーディションに落ちて、同じロックバンドを結成していた仲間からも解散を言い渡された真和は、それでもまだプロデビューに未練がありました。

そんな真和は、『才能玉』という飴の存在を知ります。

『才能玉』とは、舐めるだけでその人に眠っている才能を呼び覚ますことができる、飴なのです。

3つセットで販売されており、つまり3つの才能を呼び起こせるのでした。

真和は、試しに買ってみます。

(注:飴は、チュッパチャップスみたいな形をしています)

早速1つめを舐めた真和は、音楽の才能が目覚めてほしいと思いながら舐めました。

その直後、真和は道に迷ったおばさんに、区民センターへの行き方を聞かれました。

地図を描くよう求められた真和は、立体的なビルの絵を、おばさんの持っていた紙に描きます。

おばさんにほめられた真和は、もしやと思いながら放置されている看板を見上げ、そこに描いてみました。

前衛的なアートを描いた真和は、自分に「絵を描く才能」が備わったと知ります。

それはそれで利用価値はあると思った真和は、絵を描いて画廊へ持ち込みました。

画廊のオーナーは絶賛しますが、「今の時代では早すぎる。この絵の価値が認められるまで、100年かかる」と言い、絵を買い取ってくれませんでした。

落胆した真和は、2つめの飴を舐めてみます。

舐めた真和のそばに、サッカーボールが転がってきました。

真和はとっさにそれを、上手にリフティングします。

サッカー球団の監督が真和を見初めて、スカウトしました。

真和は「サッカーの才能」があるのだと思います。

ところが…実際に試合に臨むと、ちがっていました。

真和に備わっていたのは「リフティングの才能」でした。試合ではものにならず、真和は放り出されます。

3つめの飴を舐めた真和は、今度こそ音楽の才能が開花したのではないかと、エレキギターを演奏しましたが、変化はありませんでした。

空腹を覚えた真和は、同棲している彼女・麻奈美のおやつを食べ、しかも飼い犬に罪をなすりつけます。

さらにピザ屋のバイト先で、犯罪を他者になすりつける方法を思いつきました。

真和が目覚めたのは「犯罪の才能」です。

この「犯罪の才能」を使えばなんでもできると思った真和は、現金輸送車襲撃計画や、麻奈美を殺す完全計画などを思いつきました。

次々に、悪だくみの知恵が湧きます…。

10年後。

真和は「犯罪の才能」を、別の方面で十二分に発揮していました。刑事になったのです。

刑事になった真和は、捜査したうえで「犯罪の才能」を、「推理の才能」にしていました。

名刑事として名をはせた真和は、警部にまで出世しています。

私生活では、真和は麻奈美と結婚していました。

その麻奈美に「音楽の才能」が目覚めていて、真和は驚きます。

麻奈美のそばには、才能玉の包み紙が落ちていました。

(麻奈美も「才能玉」を試した。結果、音楽の才能が備わった)

〔ヴァーチャルメモリー〕

若い女性・立花雪絵は、会社に勤務するOLです。

雪絵の職場には、ネチネチと雪絵を叱る川口課長や、意地悪な同僚OL、クミ、サナエ、ミカたちがいます。

意地悪な上司、意地悪な同僚に嫌がらせをされて、雪絵のストレスはたまっていました。

嫌な記憶だけが、雪絵の脳内に蓄積されていきます。

世間では、『VM(ヴァーチャルメモリー)』というものがあり、流行していました。

これは、装置を頭にセットし、ソフトを再生すると、「実際に体験した人の記憶を、自分が同じように体験できる」というものです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「世にも奇妙な物語2007春の特別編5」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×