「世にも怪奇な物語」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

世にも怪奇な物語の紹介:1967年製作の「バーバレラ」のロジェ・ヴァディム、「鬼火」のルイ・マル、「サテリコン」のフェデリコ・フェリーニという個性的な3大監督が手掛けた、エドガー・アラン・ポーの恐怖小説の映画化作品で、1967年製作の伊・仏合作映画。「バーバレラ」「コールガール」のジェーン・フォンダ、「太陽がいっぱい」「サムライ」のアラン・ドロン、「コレクター」「テレオマ」のテレンス・スタンプがそれぞれ主役を演じている。

予告動画

世にも怪奇な物語の主な出演者

フレデリック(ジェーン・フォンダ)、ウィルヘルム(ピーター・フォンダ)、ウイリアム・ウィルソン(アラン・ドロン)、ジョセフィーナ(ブリジット・バルドー)、トビー・ダミット(テレンス・スタンプ)、町娘(カティア・クリスチーヌ)、ご意見番(ジェームズ・R・ジャスティス)、白いボールの少女(マリーナ・ヤルー)など。

世にも怪奇な物語のネタバレあらすじ

【起】- 世にも怪奇な物語のあらすじ1

「恐怖と宿命はいつの世にもある。それゆえ私が語る物語に日付は必要ない -エドガー・アラン・ポー-」

第1話 「黒馬の哭く館」
原作「メッツェンガーシュタイン」、監督/脚本/ロジェ・ヴァディム、共同脚本/パスカル・カズン、ダニエル・ブーランジェ

メッツェンゲルシュタイン伯爵夫人フレデリックは22歳の美しい女性で、莫大な財産を相続し、わがままで奔放な女王のように振る舞う日々を暮していました。ある日、悪夢にうなされた彼女は、幼少期を過ごした岸壁に聳え立つ城に客を招いて、馬を駆り、縛り首を見物し、小姓相手の残酷なゲームに興じ、享楽に溺れます。彼女の周囲にいる人間は皆、彼女に嫌われる事を怖れて服従していました。
けれど、メッツェンゲルシュタイン家と数世紀に渡り反目し合ってきた貧しい貴族のベルリフィジング家の若き当主ウィルヘルム男爵だけは、彼女の振る舞いを公然と批判し、従妹である彼女に声を掛けた事すらありませんでした。
彼女はほど近い城で質素に暮らすウィルヘルムの厩舎に出かけては、友人たちと嘲笑していましたが、彼はそんな彼女を気にもかけず、馬と狩猟に打ち込む毎日を送っていました。
ある日、フレデリックは森でトラバサミの罠にかかり、偶然近くにいたウィルヘルムに早く助けなさい!と命令します。彼女は罠を仕掛けた者を鞭で打ち酢をかけると激怒していましたが、彼は長いまつ毛に愁いを帯びた瞳で彼女を見つめ「女狐は罠にかかると死んだふりをするが、外されると傷ついてても逃げる…痛みますか?」と言い、姿を消します。彼女はその日から恋に落ち、宴を抜け出しては、森のその場所に馬で出掛けて行くようになります。
彼女が次に彼を見たのは、廃墟となった城跡でした。彼は1人で廃墟の窓に座りまだ幼いフクロウに餌をやっていました。彼女は「女狐を探しに行かないの?」と声を掛けますが、彼は答えず、その隙に彼女の愛馬サルタンは彼の愛馬プリンスと駆け出してしまいます。
彼女は慌ててサルタンを呼びますが、ウィルヘルムはそのうち戻りますと落ち着き払っています。彼は彼女が寒いと言えばコートで温め、彼女のとりとめのない話を聞きはしますが、話しかける事はありませんでした。
彼が口笛を吹き一声呼ぶとプリンスは戻り、彼女は暗に城へと誘いますが拒絶されます。彼は、憤慨する彼女に悪い習わしだと言い、自分をなんだと思ってるの?!と怒鳴ると”幸福な男”だと答えます。その瞬間、彼女は誰かに呼ばれ、気が付くと再び彼は消えていました。

愚弄されたと感じた瞬間、彼に対する想いは怒りに変わり、彼女は僕(しもべ)のユーグに命じて、ウィルヘルムの厩舎に火を放ちます。厩舎は見る間に燃え上がり、ウィルヘルムはプリンスを救い出すため火に飛び込みます。
彼女はそれを城の広間から無表情に眺めていましたが、そこに掛かっていた大きな黒馬の壁掛けに気を止め、その幻覚を見ます。
その時、城の中庭に一頭の大きな黒馬が迷い込んできます。その馬は燃え盛る厩舎から逃げた馬でしたが、口輪も鞍も無く、持ち主もわからず、狂っていて手に負えません。けれど、皆が止める中進み出た彼女を見るや黒馬は大人しく彼女に首を撫でさせます。その時、ウィルヘルムの訃報を伝える伝令が来て、愕然とした彼女が離れると、馬は再び暴れ始めます。
広間では壁掛けの黒馬の部分だけが燃え落ちていました。彼女はユーグに織物師を探して元通りにしてと命令し、黒馬は彼女の城の厩舎の檻に入れられ暴れています。
彼女は再び宴へと戻りますが、気持ちは沈んだままでした。が、厩舎で暴れていた黒馬は、彼女が触れると大人しくなり、鞍を付けさせます。
以来、彼女は友人たちと外遊びに興じることも無く、ほとんどの時間を領地の中で黒馬と共に過ごすようになります。彼女は黒馬の気性の荒さに惚れ込み、忠実となったのです。
老いた織物師は徐々に壁掛けを修復していきますが、糸が歌う日もあれば絡む日もあると言い、完成日は定かではありません。
彼女は森や草原で黒馬と戯れ、嵐の日にも黒馬で海岸を走り、城に戻れば壁掛けの修復を見つめ、ウィルヘルムの幻を見出します。それは、厩に火を放ちウィルヘルムの命を奪った呪いでした。
ある激しい嵐の夜、壁掛けの黒馬がついに完成します。が、織物師が糸の命ずるままに織り上げたその黒馬の眼は、炎の赤に染まっています。草原には、稲妻で方々に火の手が上がっていました。
彼女は薄い夜着のまま裸足で黒馬に跨り、燃え盛る炎の中に走り出し、黒馬もろとも炎に包まれます。
彼女の望み通り、ウィルヘルムと共に炎の中で死んでいったのです。

【承】- 世にも怪奇な物語のあらすじ2

第2話 「影を殺した男」
原作「ウィリアム・ウィルソン」、監督/脚本/ルイ・マル、共同脚本/クレメン・ビドルウッド

額をざっくりと切り血を流した男が路地を必死に走っています。町には教会の鐘が鳴り響き、彼の脳裏には、その教会の鐘楼から飛び降りる男の姿が浮かんでいました。
彼は路地の突き当りにある大きな教会に駆け込み、ミサに向かおうとする牧師を強引に引き留め、今すぐ懺悔をしたいと言い、自分はカトリックじゃないが人を殺した、いや、神なんかどうでもいいと言い、誰をなぜ殺したのかと聞かれ、殺したのは知らない男だと言いますが、すぐ、いや、昔から知ってる男だと言い、話し始めます。

彼の名はウイリアム・ウィルソン。幼い頃から全寮制の寄宿学校にいて、成績は極めて優秀でしたが性格は残忍で狡猾、教師の前で薄笑いを浮かべながら母親からの手紙を破き、クラスのリーダーとして皆が畏れ服従し、王のように君臨していました。
ある日、自分の悪戯を教師に言いつけた子供を、皆でネズミの入った桶に吊るして嘲っていると、彼に雪玉をぶつけた者がいました。その少年は新入生で、彼と同じウイリアム・ウイルソンだと名乗り、穏やかな面立ちでしたが、彼が目の前にでかいネズミを吊るして見せても動じる事はありませんでした。ウィルソンは初めて同等のライバルと出会ったのです。
が、少年は常にウィルソンを見張り、ことごとく彼の邪魔をします。苛立った彼はある晩、舎監教師の目を盗み彼の首を絞めていた所を見つかり、それが原因で2人とも放校されてしまいます。
数年後、青年となったウィルソンは、きまぐれで医学校へと進みます。彼は相変わらず、数人の手下を使って授業をバカにしたり、道行く女性をからかったりして暮らしていました。が、青年となった彼の悪戯はさらに悪質で、ある晩教室に忍び込み、皆が笑いながら見ている中、美しい町娘を脅して裸に剥き、教壇に縛り付け解剖学を茶化してメスで脅していました。が、そこに1人の青年が現れ、娘の戒めを解き解放します。青年の顔は彼と瓜二つで、凌辱を受けた娘は戸惑った挙句、ウイルソンのメスに自ら飛び込みます。

懺悔室にいるウィルソンは、町娘を案ずる牧師に問題は女の生き死にではなく彼だ!と声を荒げます。そして現在、軍隊に入隊していると話します。牧師はこの町の連隊は悪評が高い、女性からの訴えが何度もあったと嘆きます。彼は、それは変わらず君臨していた自分のせいだと話します。今日、まさに今まではと。

【転】- 世にも怪奇な物語のあらすじ3

昨夜は盛大なパーティーで、その席でも彼の悪名は知れ渡り、誰もが彼に怯え、その動向を盗み見ています。彼は楽しんでいた女性をからかいながら賭博場に行き、正々堂々と彼を批判する黒髪の美しい女性ジョセフィーナと出会います。
彼女は彼を噂するのは女ではなく男だけだ、芝居がかった事が好きで観客がいないと立ち行かないと言い捨て、それは屈辱か?と聞くウィルソンに脅迫するの?と返します。
彼はジョセフィーナにカードの勝負を持ち出し、勝ち続ける彼女をおだてて酒を勧め、小切手を切りWの刻印のある懐中時計を差し出します。が、それはウィルソンの手口で、やがて彼女は負けが込み、彼に酒を注がされ、翌朝には全財産を巻き上げられていました。
彼は最後に小切手を焼き、手持ちの全額を賭け、彼女が勝てば賞金の倍を払うか帳消しにする、負ければ彼女を思い通りにすると言う勝負を持ちかけます。彼女はほら見た事かと言う笑みを浮かべ勝負を受けますが、負けてしまいます。
ウィルソンは、賭博場に残っていた全員を引き留め、その目前で彼女の背中を露わにし、鞭で打ち続け、彼女のプライドをズタズタにします。彼女は叫びもせず毅然としていましたが、涙を流していました。その上、彼女を押さえていたテーブル係に次はお前が打てと命じ、言葉を失う彼にお前の望みは他の事かと言い捨てます。
が、その時、彼と同じ軍服を着た仮面の男が現れ彼を止め、「お嬢さん、あなたに借りはありません。イカサマです」と言い、ウィルソンの上着のポケットからカードを出し、懐中時計を使ったイカサマの手口を解説します。上官が男に名を聞くと「ウィルソンがよく知ってる」と言い去って行きます。ジョセフィーナは無言で彼の頬を何度も叩き、上官はその場で彼に退官を命じ、イカサマは軍人の恥だ、町から出て行けと言います。
ウィルソンは男が出した懐中時計と自分の懐中時計が同じ物だと知り、剣を持って男の後を追います。彼は大声で「ウィルソン!」と呼び、剣を抜きますが指を切ってしまいます。
いきなり切り掛かった彼に仮面の男も剣を抜き応戦しますが、「もう後をついてくるな!」と怒り狂うウィルソンに対して男は冷静で、彼は額を切られ、剣を飛ばされます。
男は彼に剣先を向け勝負を納めた後、背中を向け去って行きますが、ウィルソンは懐から短剣を出し、叫びながら襲いかかり、その腹を何度も刺します。
男は腹に剣を受けたまま血を流して倒れ、ウィルソンは震える手でその仮面を取ります。それはやはり彼と瓜二つのウィリアム・ウィルソンで、今ついたばかりの額の傷もありました。
男は「なぜ私を殺した…おまえは存在しなくなる…世界は終わりだ…希望も終わりだ…私が死ねばおまえも死ぬ」と言い、息絶えます。

牧師は、悪夢を話して気が鎮まっただろうと言い、酒と君の高慢から来る幻覚だ、ぐっすり眠り温かい愛を求め神に許しを請えと諭します。ウィルソンはクソくらえ!と叫び懺悔室を飛び出し、今まさに時を告げ鳴り響く鐘楼に駆け昇り、飛び降ります。
石畳に叩きつけられた彼の遺体を、駆けつけた神父が仰向けにすると、その腹には彼の短剣が突き刺さり、あの男の最期と同様それをしっかり握りしめていました。

【結】- 世にも怪奇な物語のあらすじ4

第3話 「悪魔の首飾り」
原作「悪魔に首をかけるな」、監督/脚本/フェデリコ・フェリーニ、共同脚本/ベルナルディーノ・ザッポーニ

かつて一世を風靡した俳優トビー・ダミットが、初めてローマの空港に降り立った時、人々はいつもと変わらず時間を潰し、女を口説き、礼拝していましたが、その中の数人は彼に気付きしげしげと見つめ、幸運な出会いに感動していました。
けれど、当の本人は逃げ出したい気持ちでいっぱいで、数人のカメラマンに見つかりフラッシュをたかれても、眩しそうに逃げ回りトランクを投げつけ、最低野郎!と怒鳴られます。
彼はエスカレーターに座り込み運ばれながら常に夜型だから眩しい光が苦手なんだと謝罪しますが、上の階に着くと何かを受け取るパントマイムのような仕草をして「独りにしてくれる約束だろ?」と呟きます。
歪んだ作り笑いを浮かべ階段を降りる彼を迎えたのは、映画製作会社の代表スパニャ神父で、監督のマネッティ兄弟など関係者を紹介します。
車の中では神父と関係者が彼が出演予定の”キリストが草原に現れる、ある意味冒涜的な西部劇”の壮大な構想を引っ切り無しにまくし立て、芸術家のあなたなら興味を持たれるはずと笑いかけます。が、彼は、深々と車の後部座席に埋まったまま、車の窓に映るスモッグで薄汚れた街並みと、荒廃しきった人々や純白の衣装を着た美しいモデルたちに濁った目を泳がせるだけで、やがて「最新型のフェラーリをくれる約束です。どこにあります?」と聞きます。神父は今夜差し上げますと言い、ガイドの女性は前夜祭の後でねと付け足します。
街はうんざりするほどの喧騒で溢れていて、渋滞に退屈した彼らはジプシーの女性たちを呼び止め、占ってもらうことに。彼女らはスタッフたちには富と幸福が待ってると微笑みますが、ダミットを見たジプシーは眉を顰めて見たくないわと呟き、ニヤつく彼の手を閉じ去って行きます。
車の旅は長く退屈で、彼は空港のエスカレーターで出会った少女を思い出します。少女は白いワンピースを着て、長く薄いブロンドの髪を揺らして嗤い、彼と遊んでもらおうと、大きな白いボールを彼に投げてよこし、そのため彼は「独りにしてくれ」と呟いたのです。
彼はずっと堪えていた酒を一口口に含み、短く呻くと満足げに舌なめずりをします。
スタジオでのインタビュー番組の収録の際にも彼は酒を飲み続け無理矢理笑みを浮かべます。
彼はロボットのようなMC嬢を横目に見ながら、LSDや麻薬は正常になるためにやってる、軽蔑するのは自分のファンだと言い、エッジの効いたケンカ腰の答えを吐き続けます。
そして、神は信じないが悪魔は見た事がある、私はイギリス人でカトリックではないが、悪魔は少女のように可愛くて陽気だと言い、また、あの空港の少女の姿を思い浮かべます。

大きな池を囲むように造られたパーティー会場では、彼はすっかり出来上がっていて、次から次へと話しかける奇妙な人々の話を笑って聞き流し、グラスを空けて行きます。
その席で彼は”黄金の狼賞”を受賞しシェークスピアの詩を暗唱する運びになっていましたが、直前で気分は最悪になり、近づいてきた女に甘言を囁かれ、寝入ってしまい、イギリスの大スター!トビー・ダミットさんです!と舞台に呼ばれて目を覚まし、歪んだ作り笑いで応えますが、足元はふらつき、額に汗を浮かべていました。
彼は、何とか賞を受け取り数人と笑いながら挨拶し、マクベスの台詞、「自分の役が済むと、舞台から消え去る哀れな俳優だ。阿呆がわめき散らす物語だ。さっぱり訳が分からぬ」と言い終わったところで、言葉に詰まり、私が偉大な俳優なんて真っ赤な嘘だ、もう1年間仕事をしてない、その仕事の監督には酔ってると文句を言われた、私をなぜ呼んだ、何をさせたいんだ、酒を飲むと悲しくなって泣くだけだと愚痴り、怒鳴って舞台から走り去ってしまいます。
外には、オレンジ色のフェラーリとキーを持った男が彼を待っていました。男は彼にキーを渡し、彼は満足げにハンドルを撫でます。間もなく会場から数人が待ってください!と飛び出してきますが、彼はエンジンをかけ夜道に全力で走り出します。
車は森を抜け、石造りの街並みを迷走しますが、街には動く人影が無く道端には人間か人形かわからない者が立っているだけでした。やがて、ようやく生きた人間に出会い、ローマはどっちだと聞きますが、彼は壊れた人形のようにふらつき、泥酔していました。
路地は所々が行き止まりで、迷って疲れ果てた彼は泉の水で一息つき、高速へと入って行きます。そこは1本道でしたが、所々に霧が立ち込め、視界を遮ります。彼はそれでもフェラーリの爆音を響かせて飛ばし、やがて通行止めの標識を突き破り、工事中の現場に突っ込み止まります。

フェラーリは片目がつぶれ、彼も無傷で車から降ります。が、その下にある木造の作業場には男の影が浮かび、どこに行く気だ!と怒鳴り、テントからは奇妙な仮面をつけた男が顔を出し、橋は通れない、回り道をしろと忠告されます。彼の車は途切れた橋の手前で止まっていたのです。
現場に立った彼は、橋の向こう岸にボールで遊ぶ少女を見て、歪んだ笑みを浮かべます。そして作業小屋の男に待ってくれ!と叫びますが、男は黙って扉を閉めてしまいます。
彼は、猛スピードで車をバックさせて止まり、力無く笑い、そして叫び、車ごと暗い橋の切れ目に向かい突進していきます。

橋の向こう側には一本のワイヤーが張られていました。その中央からは血が滴り、音も無くボールが跳ねてきます。
少女は白い顔に満足げな笑みを浮かべ、道に転がったダミットの首を持ち上げます。

みんなの感想

ライターの感想

ぜひとも映像でお楽しみいただきたい不朽の名作です。
ロジェ・ヴァディム監督が同年公開された「バーバレラ」でも全力で表現していたその当時妻だったジェーン・フォンダの若く美しい肢体とその横柄で淫蕩な女王っぷり、猛々しく大柄な黒馬との絡みがエロティックな「黒馬の哭く館」、「死刑台のエレベーター」「鬼火」の名匠ルイ・マル監督による、同年の「サムライ」翌年の「さらば友よ」などやはり全盛期だった美貌のアラン・ドロンが演じる自己愛と自己憎悪表裏一体のドッペルゲンガーもの「影を殺した男」、デカダンと頽廃、アンニュイでゴージャス、静と動、美と醜が交錯する「8 1/2」「サテリコン」のフェデリコ・フェリーニらしい悪夢のような画の中、アル中のテレンス・スタンプを翻弄する不気味な少女がトラウマ級と絶賛された「悪魔の首飾り」。
数十年ぶりの再見ですが、何をかいわんやです。黙ってこれを見ろと、ただひたすら。

映画の感想を投稿する

映画「世にも怪奇な物語」の商品はこちら