映画:伝染歌

「伝染歌」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

伝染歌の紹介:2007年公開の日本映画。『着信アリ』でヒットした秋元康が再び原作をつとめる。欧州の「自殺ソング」の伝説をもとにしたホラー映画。松田龍平、伊勢谷友介ら豪華俳優陣に加え、人気ユニットAKB48が女子高校生役で出演している。

あらすじ動画

伝染歌の主な出演者

長瀬陸(松田龍平)、夏野あんず(大島優子)、松田朱里(秋元才如)、キリコ(小嶋陽菜)、高橋香奈(前田敦子)、望月薫(堀部圭亮)、モロ(原田遊人)、初川刑事(中村靖日)、寄居直弼校長(矢島健一)、鏑木蘭子(木村佳乃)、太一太一(伊勢谷友介)、ジェイク方丈(阿部寛)

伝染歌のネタバレあらすじ

【起】– 伝染歌のあらすじ1

星雲女学院の生徒・あんずは、親友の香奈が歌を口ずさんだ後自殺するのを目撃し、自殺の謎を追います。マスコミはいじめが原因と騒ぎたてました。

その頃、三流風俗雑誌『月刊MASACA』の編集部・陸は、歌うと死ぬという『伝染歌』の噂を聞きます。女子高校生をカラオケに誘ってその歌を歌わせる主・コージの家を、陸は取材で訪問しますがコージは自殺していました。

部屋には自殺した女子高校生の一覧表があり、噂には信憑性があります。

仲間と一緒にあんずも香奈とカラオケに行ったコージに会いに行き、陸と出会いました。陸と同じ編集部員・太一は噂の真相を確かめようと、あんずの仲間と共にカラオケで噂の曲『僕の花』を歌います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「伝染歌」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×