映画:劇場版 零 ~ZERO~

「劇場版 零 ~ZERO~」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

劇場版 零 ~ZERO~の紹介:2014年公開の日本映画。大ヒットしたホラーゲーム『零 ~ゼロ~』を基に映画化した学園ホラー。美少女同士の、禁断のキスシーンなどが話題を呼んだ。

あらすじ動画

劇場版 零 ~ZERO~の主な出演者

アヤ(中条あやみ)、ミチ(森川葵)、リサ(小島藤子)、イツキ(美山加恋)、カスミ(山谷花純)、ワカ(萩原みのり)、麻生真由美(中村ゆり)、麻生崇(浅香航大)、メリーさん〔草薙和美〕(中越典子)、学園長(美保純)

劇場版 零 ~ZERO~のネタバレあらすじ

【起】– 劇場版 零 ~ZERO~のあらすじ1

山間の町に、寄宿制の由緒あるお嬢様学校・聖日学園がありました。

高校3年生のアヤは、同級生みんなの憧れの存在でした。美しい容貌、凛とした佇まいに同性の同級生は惹かれ、恋に似た感情を抱きます。

そのアヤがある日、突然部屋から出なくなって1週間が経過しました。アヤに憧れる同級生は心配します。

ところでその学園では、ある噂がありました。女の子が女の子にかける呪いのことです。

昔その学園で両想いになった女子生徒たちが心中を図り、ひとりは死に、ひとりは生き残りました。生き残った者はもうひとりの幻影に囚われながら生きたそうです。

午前零時に好きな相手の写真にキスをすると、相手に呪いがかかります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「劇場版 零 ~ZERO~」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×