映画:口裂け女2

「口裂け女2」のネタバレあらすじと結末

口裂け女2の紹介:2008年に公開された日本のホラー映画で、都市伝説の「口裂け女」をテーマにしています。前作「口裂け女」の続編と銘打たれてはいますが、直接的なストーリーの繋がりはありません。本作はなぜ口裂け女は生まれたのかに焦点を当てたストーリーになっており、ホラー要素よりも人間ドラマに重点が置かれています。サスペンス的な要素も強く、ホラー映画の側面を見せるのは後半になってからです。そのため口裂け女自身、登場頻度は少なめです。

あらすじ動画

口裂け女2の主な出演者

沢田真弓(飛鳥凛)、沢田幸子(川村ゆきえ)、沢田雪枝(岩佐真悠子)、森山誠二 (真山明大)、鈴木正彦 (谷口賢志)、沢田光三(斎藤洋介)

口裂け女2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 口裂け女2のあらすじ1

口裂け女2のシーン1 時は1978年、沢田家には3人の娘がいました。沢田家の父、光三は養鶏場を経営しています。その経営は順調でなおかつ、長女の幸子は結婚間近でした。
次女の雪枝は長年の夢である美容師になり、三女の真弓は陸上部で大活躍し、部活の先輩にほのかな恋心を抱いていました。
このように沢田家は巡分満帆な日々を送っていたのです。

長女の幸子の結婚式が始まりました。結婚式は数多くの親戚が集まっています。実家を離れていた次女の雪枝もお祝いに駆けつけました。
結婚式の主役である幸子は、とある男が来ていることに気付きます。その男とは幸子の元恋人、鈴木正彦でした。幸子は一瞬不安になるも鈴木がすぐに立ち去ったため、安堵します。

結婚式が終わり、幸子は夫と暮らすため、実家を離れることになりました。これを機に、幸子の部屋を真弓が使うようになります。

真弓が幸子の部屋を使うようになって数日が経った頃、何者かが部屋に侵入しました。その侵入者はなんと鈴木だったのです。
鈴木はまだ幸子に未練があり、彼女が自分を裏切ったと感じ、復讐しようと考えていたのです。
鈴木は部屋にいるのが真弓であることに気づかず、幸子だと思って硫酸をぶっかけます。真弓は悲鳴を上げました。
叫び声を聞きつけ、母親がやってきます。母親は犯人の鈴木とかち合いました。焦った鈴木は、沢田家の母親を刺し殺します。遅まきながら父親も駆けつけ、所持していた猟銃で鈴木を射殺しました。

【承】- 口裂け女2のあらすじ2

口裂け女2のシーン2 硫酸をかけられた真弓は病院に行きますが、現代医学では完治は難しいと言われました。彼女は包帯を巻き、顔を隠す生活を送るようになります。
この事件は町中で噂になり、根も葉もない情報ばかりが流れました。その根拠のない噂により、真弓は誹謗中傷にさらされます。

真弓は学校でいじめられるようになりました。学校だけではなく、町の人からも陰口を叩かれ始めます。
真弓は「お岩ちゃん」という不名誉なあだ名で呼ばれるようになり、いつしか彼女は町を逃げ出したいと思うようになります。

そんなとき父親が自殺しました。実は幸子の元婚約者の鈴木は一番の取引相手の息子だったのです。正当防衛とは言え、取引相手の息子を殺してしまったことで、沢田家の養鶏場は顧客を失いました。そのせいで養鶏場の経営も立ちいかなくなり、借金も膨らむ始末です。
借金と妻の死に追い詰められた父親は自殺することに決め、娘たちに生命保険を残しました。そのお金で借金を返済しようと思ったのです。

母と父が立て続けに死に、真弓は実家に1人取り残されました。顔と心に深い傷を負った妹を心配し、実家を離れていた幸子と雪枝が戻ってきます。姉妹は再び3人で生活を送るようになりました。

姉妹で暮らすようになってからも、真弓に対するいじめは止まりません。それどころかいじめはどんどん酷くなる一方です。精神的に追い詰められた真弓は、赤いコートを着た白マスクの女が現れる幻覚を見るようになりました。

【転】- 口裂け女2のあらすじ3

口裂け女2のシーン3 真弓が赤いコートの女の幻覚に悩まされるようになった矢先、親友の順子とかおるが殺害されるという事件が起きました。
真弓は順子とかおるの葬式に出席します。そこで真弓は部活の先輩にして初恋の相手、森山誠二と再会しました。再会した二人は後日会う約束を交わします。

実は真弓と森山は手紙のやり取りを行っていました。森山が卒業し、東京へ上京した後、彼を思い続ける真弓は手紙を送り始めたのです。当初は森山も返事を書いていましたが、次第に手紙を送らなくなります。その理由は森山に恋人ができたからでした。

後日、真弓と森山は会いました。真弓は憧れの先輩に誘われルンルン気分でしたが、森山は「俺たち付き合ってるわけじゃないよな?」と、彼女を絶望に突き落とすセリフを口にします。
愛する相手がいる森山にとって、真弓と恋人に思われるのは癪なことだったのです。一気にどん底に突き落とされた真弓はふと気が付くと、血がべっとりとついたはさみを洗っていました。
実は赤いコートを着た女とは、真弓自身のことだったのです。親友の順子とかおるを殺害したのも真弓でした。彼女の心はとっくに壊れていたのです。

森山は殺され、世間的には行方不明の扱いを受けました。警察が捜査を始めます。彼ら警察は森山が最後に会った人物、真弓が事件に関係あるのではないかと睨んでいました。

【結】- 口裂け女2のあらすじ4

口裂け女2のシーン2 次女の雪枝もまた真弓を怪しいと感じていました。というのも雪枝は真弓と森山が会う前の日、彼女から「明日先輩に会うから髪を切って欲しい」と頼まれていたのです。
それだけでは疑う理由にはなりません。しかしながら真弓は行方不明事件が起きた後、森山とは会っていないと頑なに言い張っていました。そのため雪枝は、妹の真弓が事件に関与しているに違いないと思ったのです。

真弓が出かけた隙を突き、雪枝は部屋を調べ始めました。その結果、血でべったりと塗れたコートを見つけます。
雪枝は姉の幸子に、血で濡れたコートのことを相談しました。幸子は警察には言わないことと口止めします。
実は幸子は妊娠しており、夫と再び暮らそうと思っていました。そのためこれ以上世間の目にさらされたくなかったのです。

幸子は自分の将来を守るため、真弓を毒殺しました。雪枝は幸子のやったことに驚きを隠せませんでしたが、彼女もまた自分の未来を思い、死体の遺棄を手伝うことにします。

翌日、雪枝は表面上は何事もなかったかのように振る舞い、美容院で仕事をしていました。
そんな彼女の前に、死んだはずの真弓が姿を現します。真弓は赤いコートを身にまとい、手にはハサミを持っていました。
雪枝は逃げようとしますが、あっさりと捕まり、美容院の店長ごと、真弓に殺されます。

次に真弓が姿を現したのは、幸子の前でした。幸子は家を飛び出して街中を逃げ回りますが、結局は真弓に追いつかれ、殺されてしまいました。

こうして口裂け女は生まれたのです。

みんなの感想

ライターの感想

口裂け女誕生の物語となってはいますが、何か唐突に怪物と化したような気がしました。口が裂けたくらいじゃ怪物にはならないし、なぜ人外と化してしまったのか、その当たりの説明がもう少し欲しかったなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「口裂け女2」の商品はこちら