映画:地獄少女

「地獄少女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

地獄少女の紹介:2019年11月15日公開の日本映画。2005年に放送が始まり、第4期まで制作された人気TVアニメ「地獄少女」を実写映画化したダークファンタジー。『不能犯』の白石晃士監督がメガホンをとり、原作の設定を活かしながら映画オリジナルのエピソードが展開する脚本を書き上げた。『惡の華』の玉城ティナが“地獄少女”こと閻魔あい役で主演を務め、『天気の子』の森七菜らが共演。

あらすじ動画

地獄少女の主な出演者

閻魔あい(玉城ティナ)、骨女(橋本マナミ)、一目連(楽駆)、輪入道(麿赤兒)、市川美保(森七菜)、南條遥(仁村紗和)、御厨早苗(大場美奈)、長岡拓郎(森優作)、長岡雅子(片岡礼子)、工藤仁(波岡一喜)、魔鬼(藤田富)、新庄(成田瑛基)

地獄少女のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①午前0時に〝地獄通信〟にアクセスし呪いたい相手の名前を入力、送信すると地獄送りにできるが、依頼主も地獄に落とされる。都市伝説は本当だった。アイドルの早苗は自分の顔を傷つけた犯人・長岡を呪い、地獄送りにするが、長岡の母に呪われて地獄へ落ちた。 ②ロックバンド・魔鬼にそそのかされて変貌した親友・遥を救うため、女子高校生の美保は呪いをかけた。魔鬼は消息不明、遥を取り戻すが、美保はいつ地獄に落ちるのか恐怖におののく日々。

【起】– 地獄少女のあらすじ1

地獄少女のシーン1

画像引用元:YouTube / 地獄少女トレーラー映像

♪あぶくたった にえたった にえたかどうだか 食べてみよう むしゃむしゃむしゃ まだにえない♪(「あぶくたった」わらべ歌)

昔、学校でいじめをしている少女・山田楓が呪いにかかり、地獄へ落とされました。

楓が放課後の学校にいると、夕方だというだけでは説明できないような、一面真っ赤な光が差し込みます。

それとともに楓の同級生の女子2人の姿が消えると、廊下の奥から不気味な老人・輪入道が歩いてきました。

和服の女性・骨女が現れ、楓の背後には刀を持った一目連が立ちました。

楓が逃げて教室に入ると、地獄少女と呼ばれるセーラー服の少女・閻魔あいがいます。

楓はおびえて閻魔あいに「やめて」と言いますが、閻魔あいは「あなたはそういわれて、やめたの?」と聞きました。

…山田楓は、同級生の少女を面白がっていじめていました。

少女が「やめて」と言うと、面白がって突き飛ばします。

少女はでっぱった釘に額を打ち、出血しました。

それでも楓はいじめをやめませんでした…。

閻魔あいが楓に「いっぺん、死んでみる?」と言うと、楓は地獄に落ちました。

それを見ていたいじめられっ子の少女は、「どうしよう」と戸惑います。

少女が閻魔あいに頼んで、楓を地獄へ送ってもらったのです。

しかし現実のものになると、少女は途方にくれました。

月日は経過し、2019年です。

かつて山田楓を恨み、地獄送りにした少女は、年を取り初老の女性になっています。

病の床にある彼女を、フリーライターの息子・工藤仁が見舞っています。

母は工藤仁に、かつて自分が呪った相手を地獄送りにしたことを話していました。

母の時代には、新聞記事の求人広告蘭で地獄少女・閻魔あいに依頼をしていました。

呪いたい相手を地獄送りにしたいと思った場合、地獄少女に依頼すれば、それが叶います。

呪われた相手は地獄行きになり、表向きは行方不明です。

しかし呪った相手も死んだあとは、地獄行きになるのでした。

さらに時代は変わり、いまではネットにあるサイト〝地獄通信〟にアクセスすれば、呪いをかけられるのです。

母からこの話を聞いていた工藤は、記事にしてもいいかと尋ねます。

工藤はアイドルの記事を手がけているのですが、都市伝説の記事を書きたいと思っていました。

工藤は母に記事を書く許可をもらいます。

飲み物を買いに行ったあいだに、母は容態が急変していました。

工藤が病室へ戻ってくると、母は恐怖にゆがんだ顔で息絶えていました。

工藤が席を外したあいだに、母のところに閻魔あいが訪れていたことを、工藤は知りません…。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「地獄少女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×