映画:少女生贄

「少女生贄」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

少女生贄の紹介:2013年製作のアメリカ映画。都会から田舎町に引っ越してきた牧師一家が襲われる恐怖を描いている。元ガンズ・アンド・ローゼスのスラッシュが音楽とプロデュースを務めたホラー。「トランスフォーマー」や「ハリーポッター」シリーズの制作陣がVFXを手がけた作品。

あらすじ動画

少女生贄の主な出演者

ウェンディー(アン・ヘッシュ)、ダン(ジェームズ・タッパー)、ノア(イーサン・ペック)、レベッカ(レベッカ・ブランデス)、メアリー(ジェニファー・ストーン)、キングズマン牧師(クランシー・ブラウン)

少女生贄のネタバレあらすじ

【起】– 少女生贄のあらすじ1

少女生贄のシーン1

画像引用元:YouTube / 少女生贄トレーラー映像

ブランフォード家は、都会から田舎町のスタルに引っ越してきます。

ダン・ブランフォード牧師は、途中道に迷ってしまい、牧場で道を聞くことにします。

ダンは息子のクリストファーを連れて、玄関をノックします。すると牧場主のメイソンが話しかけてきます。

メイソンは給油所まで戻って、地図をもらうようにと指示します。しかし、ダンが新任の牧師だと聞いて態度を改めます。彼はキングズマン牧師から見守るように言われていたのです。

ダンの娘・レベッカは、牧場で働いているノアと目が合います。

ノアは羊をしめていました。

メイソンは、ブランフォード家の人々を家までトラックで案内します。

ダンの妻・ウェンディーは、素晴らしい家で喜びます。

既に家では、教会員の人たちが荷物を運んでくれていました。

95歳になるゴードンさんは、特製のケーキを作ってくれていました。

子供たちは部屋決めに勤しみます。レベッカの妹・メアリーは、ネズミがいて母の名前を呼びます。

キングズマン牧師は、明日早速説教をしてみないか、とダンに提案します。

レベッカは、窓の下から男が見ていることに気づきます。

夜になり、教会員の人たちは彼らの家を見ていました。

レベッカは、ある女性と夢の中で会います。彼女は手首から血を流し、手をつないできます。そして顔が真っ黒に染まり、口から黒い息を吐きかけてきました。

翌日、教会でダンは説教をします。

ノアは賛美歌も歌わずに席を立って、外に出ていきます。

レベッカはその様子に気づいていて、後から彼に話しかけます。

ノアは町を案内するよと言います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「少女生贄」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×