映画:心霊写真(2004年タイ)

「心霊写真(2004年タイ)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

心霊写真(2004年タイ)の紹介:女子大生と付き合うカメラマンが、友人の結婚式の帰り道、女性を撥ねた事から心霊写真に怯え、やがて罪深い過去が明らかにされると言う2004年製作のタイのオカルト・ホラー映画。監督/脚本はパークプム・ウォンプムと「愛しのゴースト」のバンジョン・ピサヤタナクーン。2008年には落合正幸監督の「シャッター」としてリメイクされた。

あらすじ動画

心霊写真(2004年タイ)の主な出演者

タン(アナンダ・エヴァリンハム)、ジェーン(ナッターウィーラヌット・トーンミー)、ネート(アチタ・シカマナ)、トン(アノップ・チャンパイプーン)など。

心霊写真(2004年タイ)のネタバレあらすじ

【起】– 心霊写真(2004年タイ)のあらすじ1

タイのバンコク。フリーカメラマンのタンは、彼女の女子大生ジェーンやトンら3人の悪友たちと友人の結婚式に出席した帰り道、運転している彼女に甘い言葉を囁いていました。夜道は街灯もほとんど無く真っ暗で、彼女は目の前に歩み出た女性を撥ね、車はスピンして大きな看板にぶつかり止まります。タンは額にケガを負いますが彼女は無傷で、撥ねた女性は路上にうつぶせに倒れ全く動きません。

ジェーンは慌てて様子を見に行こうとしますが、タンに「逃げよう!早く車を出せ!」と怒鳴られつい従ってしまいます。

その後、タンは、ジェーンの友人ヌットの卒業式の撮影に行きますが、レンズ越しに集合写真に混ざり込む不気味な顔を見てうろたえます。ジェーンは事故以来塞ぎ込み、後悔するばかりで眠れないとこぼします。

また、ディーの写真屋に現像に出したヌットの卒業写真は、大半に白い靄のようなモノが写り込み使い物になりません。文句を言うとネガに映っているから俺のせいじゃないと言われます。

一方、タンの留守中、彼の部屋に寄ったジェーンは、暗室に赤いライトが点き水が流れているのに気づき声を掛けますが、返事はなく鍵がかかっているものの中には誰かがいるようです。間もなく扉が叩かれ開いたため中に入ると、洗面台から水が溢れ室内には誰もいませんでした。彼女が蛇口に手を伸ばすと水の中から長い黒髪が浮かび、細い指先が這い出てこようとします。彼女は必死で逃げようとしますが扉が開かず困り果てた瞬間、血だらけで叫ぶ女のビジョンを見ます。

その頃彼は、白い靄をカメラの故障のせいだと悩んでいて、ジェーンは集合写真に人の顔のようなモノを見つけ、撥ねた女性が亡くなったのではと怯えます。

2人は交通事故被害者救済会の事務所に行き寄付をしますが、貼り出されている悲惨な事故現場の写真の中に同じような白い靄が映った物があるのに気づき、現場の様子を見に行きます。

現場は事故処理の最中でしたが、被害は看板だけでケガ人はいないと言われます。病院と警察も同じ答えで、ジェーンは納得できず狼狽えますが、タンは誰かに助けられて無事だったんだ、写真の影は露出の失敗だと言い張ります。

タンは密かに自宅の暗室で集合写真を拡大しますが、不気味な影は長い髪をした女性の横顔で初めよりさらに濃くなり、一瞬自分を見たような気がして驚きます。

ディーに拡大写真を見せ相談すると、お前に取り憑いている霊だから厄払いしろと冗談めかして言い、存命の叔母が幽霊のように映っている写真を見せ、ピンボケの2重写しだと笑います。

またジェーンは大学の授業で「写真は現実をそのまま再現するだけではなく、どう切り取るか、何を見せて何を隠すかという視点が重要だ」と聞き、心霊写真に興味を持ちます。

一方タンは、自宅の現像室にいる時、入ってきた女性をジェーンだと思い「ちょっと待ってて」と声を掛け鳴っていた電話を取りますが、ジェーンからだと知り愕然とします。現像室には誰もいませんでした。また事故の後、首がひどく痛むのも気にかかっていました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「心霊写真(2004年タイ)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×