映画:怪談新耳袋ふたりぼっち編

「怪談新耳袋ふたりぼっち編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

怪談新耳袋 -ふたりぼっち編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2005年3月に放送された第4シリーズの第2弾。とある戸建てに現れる”赤い人”の恐怖を描いた「訪問者」、「アンダー・ユア・ベッド」の安里麻里監督による「ふたりぼっち」「獣の臭い」など10本を収録。

怪談新耳袋ふたりぼっち編の主な出演者

黒川芽以、永田祐子、山崎一、山本彩乃、佐藤栞里、近藤芳正、中原翔子、松田一沙、佐藤友紀、大瀧麻紀子、松嶋亮太、星野晶子、中條由喜、森田亜紀、千葉哲也、鴨下佳昌、西野まり、瑠川あつこ、山中聡、武田航平など。

怪談新耳袋ふたりぼっち編のネタバレあらすじ

【起】– 怪談新耳袋ふたりぼっち編のあらすじ1

1、第56話「お初天神の幽霊」

監督/吉田秋生、出演/黒川芽以、原精、永田祐子、山崎一

家庭教師の女子高生アイによからぬ想いを抱き、勉強に集中できず参っていた少年の元に、夜な夜な襦袢姿のエロい女の幽霊が現れ、迫るようになります。

彼は見る間にやつれていき、アイに「何かに取り憑かれてるんじゃない?気をつけないと命が危ないよ!」と言われます。

彼はその晩から押し入れで寝ますが、幽霊はかまわず現れて愛撫をし、物音を聞きつけた父親がやって来ます。ところが父親は驚きもせず「お前のとこに出てたのか!」と呻いたのです。

それは父親が幼い頃、近所の天神様に現れたという”お初天神の幽霊”で、彼自身もその幽霊が出る事が「怖ろしくもあり、楽しみでもあった」と言うのです。またそれは特に危険なモノではなく、大人になるにつれ、出なくなるから案じるなとも。

父親は「いいから続けなさい。…いいな、お前は、若くて…」と悔しそうに呟き、部屋を出て行きます。

2、第71話「訪問者」

監督/豊島圭介、出演/黒川芽以、山本彩乃、戸村麻衣子

女子高生アイの同級生サキは、風邪で休んで以来登校しなくなり、様子がおかしくなります。

サキは母親と2人暮らしですが、母親は仕事でほとんど家におらず、初めて休んだその日も、玄関のチャイムが鳴りパジャマ姿で見に行くことに。ところが外には誰もいないのに、玄関の戸が激しく叩かれ、ドアノブがガチャガチャと音を立てたのです。

サキはゾッとして戻ろうとしますが、ガラスを引っ掻く音に振り向き、ドアの上のガラス部分から覗いていた血まみれの女を目撃したのです。

そのドアはかなり高く、普通の女性が踏み台も使わずその上のガラスから覗けるはずがないのです。また女は全身血塗れで、玄関先をうろつき血の足跡を残すのです。

以来、その女は度々やってくるようになり、サキは風邪が悪化する者かまわず廊下で見張ったり、母親に早く帰って来てと頼みもしますがムダでした。

アイが様子を見に行ったその日も、サキはパジャマのままやつれた様子で彼女を応接間に通しますが、アイが床に点々と付いた血の跡に気づくなり、サキはおもむろに床に這いつくばり、その血を拭き始めたのです。

アイはゾッとして止めようとしますが、玄関に続くドアノブからは血が滴り、血まみれの誰かの手で、ゆっくりと開けられていきます。

その瞬間、サキは「ダメっ!」と怒鳴り、手はドアを閉めていなくなります。

アイはただ怯えて「帰るね…」と言うしかできませんでした。

3、第57話「欠席届」

監督/筧昌也、出演/右手愛美、佐藤栞里、由以など。

ある日の夕方、学校の教室で卒業生への写真入りの寄せ書きを作っていた女子高生栄子と美良子は、珍しく欠席した志以子が気になりケータイを鳴らそうとしますが、切り貼りしていたスナップ写真のコピーの志以子の顔だけが、全て白く抜けている事に気がつき、資料室にコピーを取り直しに行きます。

ところが、何度取り直しても志以子の顔だけが白く塗りつぶしたようになってしまうのです。

同じ頃、教室に置き忘れたケータイに、志以子から電話がありますが、アイコンの志以子の顔もまた白く潰れていたのです。

2人はそれにも全く気づかないままコピー機を調べますが、突然コピー機の原稿台の蓋が閉じて勝手に動き出し、見知らぬ街角の風景が連写され始めます。

それはどこかの路上の壁際で電話をしている志以子の写真で、刷り出されるごとに少しづつ変化していました。

2人がなすすべもなく呆然と見つめるうち、志以子は白衣姿の暴漢にゴルフクラブで滅多打ちにされ、頽れたまま動かなくなります。

男はそのまま立ち去りますが、コピー機は動き続け、間もなく志以子の身体から、半透明の彼女が抜け出して立ち去って行ったのです。

コピー機はそこで止まりますが、2人は愕然として立ちすくみ、コピー機と壁の隙間から朧に滲んだ志以子が音も無く現れます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怪談新耳袋ふたりぼっち編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×