映画:怪談新耳袋近づく編

「怪談新耳袋近づく編」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

怪談新耳袋 -近づく編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第3弾。「発狂する唇」の佐々木浩久、「渋谷怪談」の堀江慶などの監督陣が参加、筧利夫の「現場調書」、田中要次の「狐風呂」、津田寛治の「頼んだで」、螢雪次朗の「手形」など7本を収録。

怪談新耳袋近づく編の主な出演者

三輪ひとみ、吉行由美、筧利夫、酒井敏也、岡元夕紀子、三船美佳、大家由祐子、津田寛治、星野晶子、田中要次、滝本ゆに、鈴木繭菓、螢雪次朗など。

怪談新耳袋近づく編のネタバレあらすじ

【起】– 怪談新耳袋近づく編のあらすじ1

1、第3話「家紋」

監督/佐々木浩久、出演/三輪ひとみ、吉行由美、佐藤誓

田舎の立派な旧家に嫁いだ悦子は、外資系の会社に勤める夫の隆が出張がちで、義母から家のしきたりを教わり、跡継ぎを期待される日々を過ごしています。また彼女は、隆から貰った数珠の腕輪を大切に身に着けていました。

けれど嫁いでからというもの、生理のたびに霧の悪夢を見るようになり、ある晩ついに侍の亡霊が現れて刀を向けられ「お主は孕んでおろう!それは王家の跡継ぎだ!差し出せ!」と凄まれます。

しかし彼女は妊娠しておらず、気丈にも「妊娠した覚えはない!切れるもんなら切ってごらんなさい!」と食って掛かり、数珠の腕輪を投げつけ、追い払ったのです。

物音を聞いて駆け付けた義母は、事情を聞いてその侍の家紋を聞き、落ちていた腕輪に気づいて彼女に握らせ、「この数珠をけして手離しちゃダメよ!」と言われます。

その侍はざんばら髪で片目が刀傷でつぶれており、白地に紋付の装束でしたが、なぜか背中の家紋だけが無かったのです。

3か月後、彼女は妊娠し、無事に出産を終え、祝い事も済ませます。

そんなある日、義母から「この家では初産の子は流れる(流産する)事が多かった」と打ち明けられます。実は義母は第1子を流産し、夫の隆は第2子だったというのです。

けれど隆の出産の際に、その数珠が義母の胎内から出て来たそうで、それを隆に守りとして持たせ、隆はそれを悦子に持たせ、彼女と赤ん坊(隆の息子)を、侍の亡霊から守る結果になったのです。

その侍が先祖かどうかは定かではありませんが、家紋はその家の家紋でした。

2、第14話「現場調書」

監督/堀江慶、出演/筧利夫、酒井敏也、岡元夕紀子、法福法彦

深夜の病院で、頭に包帯を巻いたサラリーマン内藤が、2人の警官から事情聴取を受けています。

彼は、出張帰りの深夜1時過ぎ、国道202号線の高架下のトンネルで、真正面から全力で駆け寄って来た若い女に驚き、壁に激突して車は大破、額を強打したため、病院まで歩いて来たのだとか。

けれど事故直後、その女が助手席に逆海老に縛られた姿で現れ、自分を虚ろに見つめ、消えたというのです。

彼は真面目そうなサラリーマンで落ち着いてもいましたが、年配の警官は呆れたように頷くと、いきなり首を押さえて苦しみ始めます。

彼はひとしきり苦しんだ後、別人のような低い声で「あんたの言う事を嘘だとは思わないが、調書には『小動物を人と見間違えて急ブレーキを踏んだ』と書いておくが、いいかね?」と聞きます。

内藤は一瞬迷いますが、その警官の背後から女が現れて、警官の顔を鷲掴みにするのを見て怯え、震える声で「そう…書いといてください」と答えます。

警官たちには、その女の姿は見えていないようでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怪談新耳袋近づく編」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ