映画:怪談新耳袋-三人来るぞ編-

「怪談新耳袋-三人来るぞ編-」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【結】– 怪談新耳袋-三人来るぞ編-のあらすじ4

9、第64話「吊り下がる」

監督/豊島圭介、出演/戸田昌宏、松岡和暉、野澤一平など。

街中のとあるビルの中にある小学生向けの学習塾。

講師の梶原は、授業中、じっと窓を見ていた和彦を注意しますが、目線の先には何も無く、帰りがけに見送る際にも「お前、大丈夫か?」と話しかけます。

すると和彦は無言でじっと塾の窓を見上げ、梶原がつられて窓を見ると、教室の窓際で首を吊っている男の姿が見えたのです。

梶原は慌てて教室に戻りますが、男が首を吊っていた場所にはなぜか首吊り縄だけがぶら下がり、教室内には妙な気配が漂っていました。

梶原は、和彦が家庭の揉め事などが原因で悪戯しているのかと考え、放課後残して事情を聞きますが、暗い顔で「先生、見えないんですか?」と言われただけでした。

和彦はその日を境に、塾を欠席するようになりますが、代わりに女生徒が窓を指差して悲鳴を上げ、友だちに送られて帰る事に。

彼は心配しながら送り出しますが、別の女生徒に「先生知ってる?昔このビルで首吊り自殺があったんだって」と言われます。

窓を見上げた梶原は、再び首吊り男を目撃し、教室に駆け戻りますが、明かりは点かず、窓辺で首を吊っていた男がギリギリと顔を上げ、彼を見つめてニヤリと笑ったのです。

その直後、塾は前触れもなく閉鎖され、知らずにやって来た生徒たちが戸惑う中、通り掛かった和彦は、窓辺で首を吊っている男と梶原を見上げ、何も言わずに帰って行きます。

10、第62話「三人来るぞ」

監督/吉田秋生、出演/黒川芽以など。

高校生のアイは、ビルの8階にある塾の帰り際、男子にぶつかれて帰りそびれ、一人でエレベーターに乗る事に。ところが降下し始めて間もなく故障して閉じ込められ、非常ボタンを押して救出を頼む事に。

しかし相手は、ザラついたノイズの後に「3人来るよ」と呟いただけで通信が切れてしまいます。

彼女は微かな非常灯の光の中に取り残されますが、間もなく背後から首を絞められて驚き、動揺する間にさらにきつく首を絞められ、気を失いそうになります。

彼女はそこで初めて”3人来る”が”3度首を絞められる”事だと直感して怯えますが、間もなく明かりが点き、箱が動き始めて無事1階へと到着します。

けれど1階は真っ暗で人もおらず、不気味に静まり返っていました。

彼女は少し迷った後、自分のカバンと上着を拾い上げて外に出ようとしますが、カバンの中から太い毛むくじゃらの男の腕が現れ、首を絞められ気を失います。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怪談新耳袋-三人来るぞ編-」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×