映画:怪談新耳袋-三人来るぞ編-

「怪談新耳袋-三人来るぞ編-」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

映画「怪談新耳袋-三人来るぞ編-」の感想

ライターの感想

中盤の「怪談新耳袋」の顔とも言える黒川芽以が主演を務める短編をメインにした、バラエティに富んだ作品集です。継母に心痛める女子高生役榮倉奈々の「ねぼけ眼」、お爺さん役として数々のホラー映画にも出演されていた谷津勲の「あいさつ」、学習塾で起こる怪異「吊り下がる」、山中崇の一人芝居が冴える「ヘアピン」、安アパートの謎の隣人に翻弄される「隣の女」あたりは大変印象的で、スピード感では「二周目」、変わり種では監督自らが活弁師を務める「舞ちゃんの声」でしょうか。ぷっときてゾッとする10分前後のショートショートばかりで、どなたでも気軽にお楽しみいただける作品だと思います。 ※本作は「怪談新耳袋 百物語 DVD BOX」にも収録されています。 (シリーズ第1話~第99話までを収めたDVD-BOX)
    1 2 3 4 5

    「怪談新耳袋-三人来るぞ編-」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×