映画:怪談新耳袋 -白いひも編-

「怪談新耳袋 -白いひも編-」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

怪談新耳袋 -白いひも編-の紹介:怪談蒐集家木原浩勝/中山市朗による実話怪談集「現代百物語『新耳袋』」(「新・耳・袋-あなたの隣の怖い話」)を原作としたホラードラマシリーズ。2003年8月に放送された第2シリーズの第1弾。ともさかりえ主演の「かくれんぼ」「たけしくん」「白いひも」の他、「死神」「スクープ」「板人形」「壁を叩く音」の7本を収録。

怪談新耳袋 -白いひも編-の主な出演者

ともさかりえ、安達直人、竹山奈歩、三船美佳、弓削智久、大家由祐子、高島広芳、内田英毅、さじえりな、佐藤勇樹、岡本光太郎、すほうれいこ、諏訪太朗、藤村ちか、本多彩子、岡村洋一、山中聡、森康子など。

怪談新耳袋 -白いひも編-のネタバレあらすじ

【起】– 怪談新耳袋 -白いひも編-のあらすじ1

1、第11話「かくれんぼ」

監督/土井裕泰、出演/ともさかりえ、安達直人、九太郎

ある日の夕暮れ。小学校の教室で、担任教師のさと子が子供に電話をし、いつものように遅くなると謝りながらも、ようやく担任になれた喜びや意気込みを語り「私ね、絶対いい先生になりたいんだ」と微笑んでいました。

ところが、その教室の前の廊下を生徒が駆け抜け「もういいかい!」と言う声が響き、彼女はハッとして電話を切り、探しに行きます。

彼女は白シャツに黒いスカートの教師らしい服装なのになぜか裸足で、ついに廊下の突き当りで顔を伏せ「もういいかい!」と言っていた少年を見つけ、「もういいよ」と声を掛け、優しく下校するようたしなめます。

けれど振り向いた少年は、彼女を見るなり何も言わず逃げ出したのです。

さと子は早足で少年を追いますが、歪んだ微笑みは間もなく苛立ちへと変わり「どうして逃げるの?先生の事、キライじゃないよね?」と責め始めます。

追い詰められた少年は、トイレに逃げ込み個室のドアを開けますが、そこには首を吊ったさと子の遺体がありました。

少年は悲鳴を上げて逃げようとしますが、トイレの入口では首に縄の痕があるさと子が「見つかっちゃった」と笑っていました。

彼は慌てて別の個室に逃げ込みますが、さと子はそのドアを激しく叩いて「開けて!先生の言う事が聞けないの?!なんでみんな私を無視するの?!私を教室から追い出して笑ってた!そんなに面白かった?先生たちも笑ってた!だからこうなっちゃったんだよ!」と叫び続けます。

そこに物音を聞いた警備員が駆け付けると同時にさと子はハッとして消え、個室から顔を出した少年は、何も言わず校舎から逃げ出します。

残った警備員は、トイレの個室を確認していきますが、さと子の遺体があった個室には、彼女の黒いローヒールの靴だけが残されていました。

少年は、裏門まで一気に逃げて振り返り、暗い教室の窓からじっと見下ろしていた、さと子の姿を目にします。

「その学校に、何年か前、生徒に虐められて自殺した先生がいた事を、僕は後で知った」…その学校は平成9年に閉校になったそうです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怪談新耳袋 -白いひも編-」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ