映画:拷問男

「拷問男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

拷問男の紹介:2012年製作のオーストラリア映画。想像を絶する拷問描写を通して、社会の闇を描いたスプラッターホラー。幼い娘を殺され、復讐を誓ったシングルファーザーのデレクは犯人を見つけ出し、自宅に監禁する。凄惨な拷問で犯人に苦痛を与えていくうちに、デレクの残忍な本性が現れ…。

あらすじ動画

拷問男の主な出演者

ジョージア(ビル・ベイカー)、デレク(マイケル・トムソン)、ステイシー(アリーラ・ジャクエス)、シアン(ホーリー・フィリップス)、コリン(ショーン・ガノン)、タニア(レベッカ・プリント)、トミー(クイスチャン・ラッドフォード)、ハリス刑事(ダレル・プラムリッジ)

拷問男のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①6歳の娘・ジョージアを殺されたデレクは、犯人が弟・トミーだと警察よりも先に知る。デレクは復讐のため、トミーを監禁。 ②デレクは淡々と、地下室でトミーに拷問を加える。やがて警察に知れたデレクは、トミーを殺害せずに出頭した。

【起】– 拷問男のあらすじ1

拷問男のシーン1

画像引用元:YouTube / 拷問男トレーラー映像

オーストラリア。

妻のステイシーが、病室でお産をします。

夫のデレクはハラハラしながら、お産に立ち合っていました。

心配したデレクはステイシーの頭を撫でようとしますが、痛みでそれどころではないステイシーは、「息んでるんだから、触らないで!」と拒否します。

やがて、女児が元気な泣き声をあげながら生まれました。ステイシーも無事です。

デレクはほっとしました。デレクの両親や弟も駆け付けます…。

…6年後。

女児はジョージアと名付けられ、すくすくと育ちました。

ところがデレクとステイシーの結婚生活はうまくいかず、ふたりは離婚しています。

現在は、ジョージアは母・ステイシーのもとで育てられており、ときどきデレクが引き取って、父娘の貴重な時間を過ごしていました。

ジョージアの6歳の誕生日を、デレクは楽しく過ごさせようと思い、ピエロ道化の扮装をしたタニアを呼びます。

現在のデレクはコリンという男性と、サーフィンボード関連の会社を経営しています。

従業員にはデレクの弟・トミーもいました。しかしトミーの勤務態度はよくなく、遅刻ばかりしています。

弟のトミーには、写真家の恋人女性・シアンがいます。

離婚したデレクは、独身のままでした。

たまには女性とデートしたほうがいいと考えたトミーは、デレクの娘・ジョージアをシアンと共に預かり、兄をデートへ行かせます。

週明け、ジョージアを元妻・ステイシーのところへ戻したデレクは、あとでステイシーに注意されます。

ジョージアを預かったシアンから吹き込まれ、ジョージアは父親が女性とベッドインしたことを、発言の意味も知らず口にしていたのです。

ステイシーから聞かされたデレクは、トミーに怒りますが、あとの祭りでした。

またこの日、もうひとつ弟のトミーにとって、つらいことがあります。

トミーは兄・デレクの会社から、クビを言い渡されたのです。

トミーに遅刻が多いことが解雇の理由ですが、トミーは落胆します…。

翌日。

ステイシーの家から、ジョージアがいなくなります。

知らせを受けたデレクは、すぐさま駆け付けました。

すでに通報を受けた警察が、ステイシーの家の中を捜索しています。

ステイシーの家の台所の窓は、壊れていました。

ステイシーはそれを放置したままでいたので、関係者の非難の目を浴びます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「拷問男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×