映画:新感染半島 ファイナル・ステージ

「新感染半島 ファイナル・ステージ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

新感染半島 ファイナル・ステージの紹介:2021年1月1日公開の韓国映画。高速鉄道の車内を舞台に謎のウイルス感染の恐怖を描いたサバイバル・アクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』の続編。前作から4年後、荒廃し変わり果てた半島に極秘任務で潜入した主人公が、凶暴化した感染者たちと死闘を繰り広げる。ヨン・サンホ監督が引き続きメガホンをとり、『オオカミの誘惑』などで知られる韓国の国民的スター俳優カン・ドンウォンが主演を務める。

新感染半島 ファイナル・ステージの主な出演者

ジョンソク(カン・ドンウォン)、ミンジョン(イ・ジョンヒョン)、チョルミン(キム・ドゥユン)、キム(クォン・ヘヒョ)、ジュニ(イ・レ)、ユジン(イ・イェオン)、ファン軍曹(キム・ミンジェ)、ソ大尉(ク・ギョファン)

新感染半島 ファイナル・ステージのネタバレあらすじ

【起】– 新感染半島 ファイナル・ステージのあらすじ1

新感染半島 ファイナル・ステージのシーン1

画像引用元:YouTube / 新感染半島 ファイナル・ステージトレーラー映像

2016年5月24日、大韓民国。

韓国では謎のウィルスがバイオ団地で発生しました。その後の正確な感染ルートは不明ですが、短期間で爆発的な感染拡大を遂げます。ウィルスに感染した者は狂暴化し、驚異的な運動神経を発揮します。感染者は明滅する光や音に反応して、素早く動いて襲い掛かってきます。感染者に噛まれると、ウィルスが感染します。

発生直後にSNSやネットのデマを信じた者が勝手に動き、それが感染拡大を助長させました。発生からわずか1日で、韓国は国家としての機能を果たさなくなります。

軍人の男性ハン・ジョンソクは韓国から脱出しようと考えて、姉一家といっしょに車に乗り込んでいました。姉夫婦、甥のドンファンと4人で車に乗って、港へ向かおうとしています。

途中の車道に、車が故障した一家が立ち往生していました。父親がジョンソクたちの車の窓を叩いて、「小さい娘と妻がいます。どうか乗せてください」と頼みます。

「感染者ではない」とその父親は言っていましたが、ジョンソクは、その父親の胸元が血で染まっているのを見て警戒しました。母親は「せめて子どもだけでも」と頼みますが、ジョンソクは無視して通りすぎます。

ジョンソクたちは無事に港へ着き、船に乗り込みました。船には韓国を脱出する者が、大勢乗り込んでいます。その船は1日かけて航行し、日本へ到着する予定でした。しかし行き先が香港に変更になっていました。

乗客には感染者が紛れ込んでいました。感染者が船内で発症して他の乗客を襲い、船室は阿鼻叫喚の様相を呈します。ジョンソクと義兄・チョルミンが船室に駆け付けた時には、甥のドンファンが感染し、姉は息子を抱いて悲しんでいました。ジョンソクは感染していない姉を助けようとしますが、姉は息子を抱いて離れません。感染者が囲み始めたのでジョンソクは姉を見捨てて逃げ、姉は息子を抱いたまま、感染者に襲われます。

ジョンソクの乗った船は、香港に到着しました。しかし大量の感染者が乗船していたことで、周辺国は韓国からの難民の受け入れを拒否します。韓国を含む朝鮮半島は孤立し、封鎖されました。そのまま年月が経過します…。

〔4年後(2020年)〕〔香港〕

4年前に香港へ入国したものの、ジョンソクは後悔を抱えながらその後の人生を送っていました。船内で姉を見殺しにしてしまったという悔いは、ジョンスクの中でずっとくすぶっています。

国外脱出を果たしたものの、ジョンソクたち韓国人は香港でひどい差別を受けていました。飲食店へ入ってもウィルスをばらまくなと嫌われます。

ジョンソクと義兄・チョルミンはある日、裏社会のボスに呼び出されました。そして命令を下されます。

朝鮮半島は4年前から現在もなお、封鎖されています。ところで感染者だらけで封鎖された韓国には、手つかずの金やドル札が残っています。ボスは先日半島へ人を送り込み、それらを取ってこいと命じました。部下は2000万ドル分のドル札を入れたトラックを運転して港へ向かったものの、木洞(モクトン)のオモク橋あたりで消息を絶ったそうです。

もしそれを取りに行けば、半分の1000万ドルを報酬として与える…と、ボスはジョンソクたちに言いました。場に呼ばれているのはジョンソク、チョルミンと、中年女性、若い男でした。4人で山分けしても1人250万ドルで、相当に割のよい仕事です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「新感染半島 ファイナル・ステージ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×