映画:新RECレックデッドビギニング

「新RECレックデッドビギニング」のネタバレあらすじと結末

新REC/レック デッド・ビギニングの紹介:2017年製作のアメリカ映画。美しきヒロインに次々と襲い掛かる惨事を描くホラーパニック。謎の怪奇現象が世界へと広がっていた2013年。チャットレディで生計を立てていた女子大生・ケイトリンとシンディが配信を開始した途端、ふたりは凶暴化し…。

あらすじ動画

新RECレックデッドビギニングの主な出演者

ニコール(コートニー・パーム)、サム(デイビット・バンクス)、マリー(サラ・カストロ)、アンドリュー(マイケル・コッター)、アマンダ(ブリタニー・アンダーウッド)、マーティン(デイヴィッド・ローンツリー)、ジェイソン(マット・マグニソン)、デーモン(ライアン・アラン・ヤング)、カレン(ショーン・ロッキー)

新RECレックデッドビギニングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

悪魔にまつわる4つのオムニバスストーリー。

【起】- 新RECレックデッドビギニングのあらすじ1

新RECレックデッドビギニングのシーン1 〝人類は近づいている
真実に
我々に
そうはさせない〟


〔闇のテープ♯00
闇のテープの発見♯01 2007年〕

サムとマリーの男女が、「前にはなかった」と言いながら、壁を凝視します。
部屋に入った2人は、スティーブを呼ぼうと言いながら、電話をしました。
スティーブに対し、直せと要求します。
(このシーンは終盤に再度出てきます)


〔前日 テープ♯01 パートA
悪魔の捕獲 2007年〕

カリフォルニア工科大学で応用物理学の終身教授を務めるマーティン・キャラハン教授は、助手の女性・ニコールと共に、ある研究をしようとしていました。
カメラマンのジェイソンが、代わりに説明をします。

マーティン、ニコール、ジェイソンの3人は、レム睡眠中に覚醒した人間には、悪魔が宿ると考えていました。
人間がレム睡眠中に覚醒すると、時間の感覚が異なるのだそうです。
次元転移装置を設置して、マーティンが実際にレム睡眠に入ったところを撮影するのが、彼らの目的でした。


〔闇のテープ ♯02
狩る者&狩られる者 2011年〕

デヴィッド・カティールとその妻・カレンは、旅行先のホテルの部屋に異変を感じます。
滞在3日目に、天井から足音のようなものが聞こえると思った夫婦は、廊下の部分が変だと気づきました。
ドアは勝手に閉まりますし、相変わらずバンバンと壁を叩く音がします。

カメラに夫のデヴィッドは、背中を見せました。そこに手形の痣がついています。
怪奇現象を怖がった夫婦は、誰か助けを呼ぶと言います。

【PIPP(太平洋超常現象研究家)の到着】

キャメロン、スーザン、ジェフの3人がカティール夫妻のもとを訪問し、事情を聞きました。
カメラを設置しながら話を聞いた3人は、今回は本格的な超常現象だと思い、手ごたえを感じます。

【狩る者】

その日は満月でした。
キャメロン、スーザン、ジェフはカメラを監視して、様子を探っています。
廊下でスーザンがじっと来ていると音がして、スーザンは驚きました。
椅子が勝手に動き、驚きます。

【狩られる者】

キャメロン、スーザン、ジェフが帰った後も、カメラは撮影を続けています。

【狩りのシーズン】

カメラを設置するジェフの背後に、少女が映っていました。
スタッフと夫婦はあとで気づきます。
その映像を見た瞬間、妻・カレンは動揺しました。「まさかあの子が。どうしてあの子がいるの?」と言います。

カレンをなだめたあと、夫のデヴィッドが事情を話します。
実は夫婦は3年前に、アッシェンという娘を亡くしていました。映像に出てくる少女は、その子にそっくりだったのです。

降霊会をしようという話になります。
アッシェンに話しかけて録音し、反応を得ようとしました。
みんなおのおの、調査しようとします。

【承】- 新RECレックデッドビギニングのあらすじ2

新RECレックデッドビギニングのシーン2 ジェフが、続いてスーザンがバスルームで襲われ、殺されました。
キャメロンが彼らの遺体を見つけて、驚きます。

…実は、デヴィッドとカレンの夫婦は殺人鬼で、キャメロンたちは騙されていたのです。
夫婦にアッシェンという娘がいるのは、事実です。アッシェンは死んでおらず、親子3人で殺人を楽しんでいました。
それをキャメロンに告げた後、デヴィッドとアッシェンは、キャメロンをナイフで殺害します。
彼らは、次はシアトルに行こうと話をしました。

(狩る者はデヴィッド&カレン&アッシェンで、狩られる者は呼ばれたキャメロン、スーザン、ジェフだった)


〔テープ♯01 パートB
悪魔の捕獲 実験1 2007年〕

マーティン教授がベッドで眠り、それをニコールとジェイソンが撮影します。
その最中、画面の中央に帯のようなものが映りました。
それを見て、マーティンは大興奮します。

影が映るということは、質量があることを意味するからです。
それを指摘しているあいだに、白い肌の悪魔が映ります。
触手がある悪魔が襲ってくると、ドアは開かず、明かりは消えてしまいました。
悪魔はマーティンに、べったりくっつきます。


〔闇のテープ♯03
チャットレディ 2013年〕

若い女性・ケイトリンは、地元の男友だち・アレックとチャットで話をします。
医者の卵であるアレックは、ケイトリンから「ここ10日間ほど記憶が飛んでいる」という相談を受け、酒のせいだと結論づけました。
ケイトリンはレズビアンで、若い女性の恋人・シンディといっしょに暮らしています。

アレックとの通話を終えたケイトリンは、シンディと2人で配信ショーを始めます。
ケイトリンとシンディは、動画配信ショーをして、生活費を稼いでいました。

2人が配信を始めると、そのチャットルームに6人の男女がチェックインします。
ザック、リック、ジェリー、ジム、エリックという男性と、ゾーイという女性でした。女性が参加するのは珍しいことです。
これから6人のうち、1人にだけショーを見せるのです。シンディがショーを見せる相手を選びます。
失言をしたエリックは、配信を消されました。ジェリーが当選します。

ジェリーだけ配信を許されて、あとの人の回線は切られます。
ケイトリンがジェリーにナイフを持ってくるように言い、手を傷つけて見せてくれと指示します。
ジェリーはケイトリンの要求どおり、手を切ってみました。

【転】- 新RECレックデッドビギニングのあらすじ3

新RECレックデッドビギニングのシーン3 「次に首を切って」というケイトリンの指令に対し、ジェリーは泣いて拒みます。
しかしあらがえないジェリーは、ケイトリンの指示通りに首を切りました。死にます。
ジェリーの家に移動したケイトリンとシンディは、これから2人でジェリーの肉を食べようとしています…。

(シンディが悪魔グール、ケイトリンはその下僕。
肉を食らう悪魔グールのために、チャットで獲物を見つけていた)


〔闇のテープ♯01 パートC
悪魔の捕獲 実験後 2007年〕

マーティン、ニコール、ジェイソンの3人は意識を取り戻ります。
触角の化け物に襲われた3人は、気絶していました。
携帯は使えず、部屋からも出られず、ジェイソンは焦ります。

焦ったジェイソンはドアを蹴破ろうとしますが、マーティンは自分たちが異世界にいることを指摘します。
別の次元の異世界、違う時間軸にいると言ったマーティンは、うまく設定をすれば元の世界に戻れると告げます。

しかしジェイソンは焦り、出ていこうとしました。
次元の隙間にはさまって、ジェイソンは腹のところでつっかえてしまい、死にます。
マーティンはそれでも、怪物の要求が伝わってくるので、撮影を続けようと言います。


〔闇のテープ♯04
アマンダの復讐(ふくしゅう) 2015年〕

24歳の女性・アマンダはカメラに向かって、自分が誘拐されたと言います。
「あんな経験は話す気になれない」と言いつつ、アマンダは話そうとします…。

【4か月前】

大学院の卒業パーティーが開かれていました。
ライアンやアシュリーたちは、悪ふざけで睡眠薬入りの酒を飲まされたアマンダを見つけ、解放します。

翌日。
前日の意識がないアマンダは、情緒不安定になりました。
アマンダがおびえて悲鳴を上げると、ガラスが割れ、家の中が地震のように揺れます。


【1か月後】

アマンダとライアンは、チャットで通話していました。
アマンダはパーティーの時以来、不思議な能力が備わったと言います。

アマンダはライアンたちに、自分の能力を見せます。
アマンダの持つ力は、念動力でした。カードを宙に浮かせます。
アマンダは、寝ている自分の姿を見張ってくれと言います。

しかしアマンダが寝入ったあと、ライアンたちも眠ってしまいました。
けっきょく、どうなったか分からず、アマンダの悲鳴で朝、ライアンたちも起きる始末です。

【結】- 新RECレックデッドビギニングのあらすじ4

新RECレックデッドビギニングのシーン2 アマンダは「パーティーで襲われた記憶を忘れるため、別の能力が開花したのだ」と思い込んでいます。
護身術の稽古をするアマンダは、自分の意思で宙に浮くことができるようになっています。

ライアンを呼んだアマンダは、誘拐されたとカメラの前で言いました。
(最初のところのカメラで説明するシーンが、ここ)
3種族いる謎の生命体にアブダクトされていると話したアマンダを、ライアンは撮影します。

アマンダはその後、別の家に行ったり引っ越したり、地下室を借りたりして逃げ回ってみましたが、その生命体から逃れることはできなかったそうです。
撮影しても砂嵐の映像だけで、銃をしかけても銃口が曲げられていたと言います。

そのうちアマンダは、電気と関係のないもので撮影しようと考えました。
アマンダは1950年代の8ミリカメラと、1920年代のビクターのレコードを使い、録画と録音をしようとします。

部屋の中に4台のカメラと蓄音機を仕掛けたアマンダは、撮影を開始しました。
部屋で寝ていたアマンダは、ベッドで浮いています。
白い悪魔がやってきますが、その後、アマンダのところには訪問がなくなったそうです。
アマンダの報告を聞いたライアンのほうのカメラが、揺れていました。

(悪魔はアマンダからライアンにターゲットを移したか)


〔闇のテープ♯01 パートD
悪魔の捕獲 すべては始まりで終わる 2007年〕

マーティンとニコールは、境界線が発生するのを待っていました。
ジェイソンが亡くなったいま、チャンスは1回だけだと思います。

白い触手の怪物が襲ってきたときに、マーティンは自分をおとりにし、ニコールを逃がしました。
ニコールだけが別の次元へ移動し、助けを求めます。

ニコールが出たのは、時間が止まった世界でした。
サムとマリーを見かけますが(映画の冒頭シーン)、話しかけても応答してくれません。
ニコールはそのまま、別の場所へ移動していきます。

ニコールが去った後、サムとマリーは壁を見て、今までなかった空洞があると騒ぎました。
スティーブに直させようと言います。

(マーティンはニコールをかばい、別の次元に滞在したまま。
ニコールは人類のいる次元へ戻ってきたが、時間の経過速度が違うために、適応できない。
サムとマリーは穴を見つけただけ)

『4つのパートからできている、オムニバス作品。
・マーティン教授の、悪魔の捕獲実験(2007年)
・レズビアンのケイトリンとシンディ(2013年)
・怪奇現象に出くわしたカティール夫婦(2011年)
・特殊能力を持つようになったアマンダ(2015年)』

みんなの感想

ライターの感想

4つのオムニバス・ストーリー。メインとなるのはマーティン教授の「悪魔の捕獲」。
しかしこれが分けて収録されているため、少し判りにくい。
あとのものは、小話のようなもの。可もなく不可もなく。
出てくる悪魔は雰囲気があった。
RECシリーズとは全く関係のない作品。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「新RECレックデッドビギニング」の商品はこちら