映画:未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~

「未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~の紹介:2021年9月10日公開の日本映画。AKB48から選抜されたメンバー8名が、巷に溢れる不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などをドラマや対談、心霊スポット体験など様々な形式で披露する怪談エンターテインメント。どんな怪談エピソードが、メンバーを震え上がらせるのか。出演はAKB48の込山榛香、倉野尾成美、小栗有以、武藤十夢、坂口渚沙、鈴木優香、行天優莉奈、大盛真歩。

未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~の主な出演者

(大盛真歩)、吉見早苗(小栗有以)、(行天優莉奈)、涼子(倉野尾成美)、富樫麻美(込山榛香)、(坂口渚沙)、(鈴木優香)、笹木悠子(武藤十夢)、(能條愛未)、(國森桜)、(小向なる)、(赤澤巴菜乃)、(田中日南乃)、(川口葵)、(尾崎明日香)、(濱崎優姫)、(近藤雄介)、(飯野智司)、(ミセス・ヒロコ)、(大島てる)

未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~のネタバレあらすじ

【起】– 未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~のあらすじ1

未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~のシーン1

画像引用元:YouTube / 未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~トレーラー映像

AKB48から選出された8名のメンバーが、巷にあふれている不可解な出来事やミステリアスな世界、心霊現象などを成仏させるという、かつて類を見ない怪談エンターテイメント作品です。渓月山の長光寺に込山榛香、倉野尾成美、小栗有以、武藤十夢、行天優莉奈、坂口渚沙、鈴木優香が集まって、怪談座談会を行ないます。それぞれのパートを終えたひとは、手に持つランタンのあかりを消します…。

【見逃し】

引っ越しをした富樫麻美は、その部屋で不動産屋の男性に契約資料を渡されます。部屋にはカーテンがかかっており、そのことを麻美が指摘すると、不動産屋は前の住人が置いていったものだと言いました。部屋のすべてに同じ模様のカーテンがかかっています。麻美はそのカーテンを気に入ったので、入居して自分の荷物を運び込んでからも、カーテンはそのまま使い続けます。

その日の夜、麻美は不気味な体験をしました。夜に寝ていると足音がするのです。起きて探ってみますが、誰もいません。誰かに見られているような気配を感じるだけで、実際に人がいるわけではありません。麻美は気味が悪いと思います。

別の日、麻美は畳に爪がこすれるような音を聞いて、夜中に起きます。あかりをつけてもおかしなところはなく、麻美は首をひねりました。背中を押された気がしますが、部屋には誰もいません。麻美は知りませんが、麻美のシャツの背中にはくっきりと両手の手形がついています。

住み始めると、麻美は体調が悪くなりました。顔色が悪いと友人たちにも言われますが、原因は分かりません。

ある日、部屋に友だちのミツコが遊びにきました。ミツコは寺の娘で、心霊現象や不思議なことに詳しい子でした。ミツコは部屋が薄気味悪いといい、自分の家へ遊びに来いと言います。去り際に「もとからあったものは捨てろ」というミツコのことばに、カーテンを見た麻美は、カーテンの裏側に呪いの文字が書かれていたことに初めて気づきました。見える部分しかチェックしておらず、裏側にあった文字は見逃していたのです。

【大島てる氏との事故物件現場による対談】

大島てるは事故物件情報サイトを運営しており、対象となる物件について詳しい人物です。大島と対談するのは、坂口渚沙です。

大島と坂口がいる部屋は、事故物件の現場です。そこは住人が孤独死をした部屋でした。亡くなって1か月経過した頃に、死臭で発見されたそうです。お年を召した男性だそうです。

その部屋とは違うのですが、事故物件の部屋の写真を大島が坂口に見せます。1階にある居酒屋で失火が起こり男性が亡くなった場所で写真を写すと、2階部分に女性の姿のようなものが写り込んでいました。

事故物件は「その部屋で死者が出た」ということを重視しています。しかし大島は「その部屋に殺人犯が住んでいた」という物件も怖いと言いました。殺人犯が生まれ育った場所がなんの告知もなく次の住人に引き渡されているのは、不気味ではないかと話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「未成仏百物語~AKB48 異界への灯火寺~」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×