映画:来る

「来る」のネタバレあらすじと結末

来るの紹介:2018年12月7日公開の日本映画。『告白』の中島哲也監督が、岡田准一をはじめ、豪華キャストを迎えて描くサスペンス・ホラー。声と形をまねて、人の心の闇に迫り来る怪物と、霊媒師たちの戦いが繰り広げられる。岡田が怪異現象を目の当たりにするオカルトライターを、霊媒師の血をひくキャバ嬢役の小松菜奈やその姉で霊媒師役の松たか子も強烈なキャラクターを演じている。

あらすじ動画

来るの主な出演者

野崎和浩(岡田准一)、田原香奈(黒木華)、比嘉真琴(小松菜奈)、津田大吾(青木崇高)、逢坂セツ子(柴田理恵)、高梨重明(太賀)、(志田愛珠)、(蜷川みほ)、スーパーの店長(伊集院光)、(石田えり)、比嘉琴子(松たか子)、田原秀樹(妻夫木聡)

来るのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①悪い子のところに「ぼぎわん」というお化けが来るらしい。ブログで嘘のイクメンぶりを綴る秀樹が襲われて死亡、秀樹を裏切っていた妻・香奈も襲われて亡くなる。 ②霊能力者の琴子が「あれ(ぼぎわん)」に対峙し、野崎、真琴、知紗は助かった。

【起】- 来るのあらすじ1

来るのシーン1 過去。
田原秀樹という少年は、少女に山のなかでこう言われます。
「呼ばれてしもてん。私、悪い子やから。寝てると、力いっぱい引っ張られて」
「お山に呼ばれてしもたら、逃げられへん」
秀樹はその意図を聞こうとしますが、少女が先に言いました。
「秀樹も呼ばれるで。だって、あんた、嘘つきやから」


…そんなことが過去にあったことを思い出した秀樹は、鏡をすべて割り、包丁やナイフを縛って隠していました。
水を入れた器を、部屋のいたるところに置いており、足の踏み場がありません。
「迎え入れましょう、あれを」という女性の声が、受話器から聞こえます…。
(このシーンは映画の終盤にある)


月島製菓に勤務するサラリーマンの秀樹は、親戚の葬儀に、結婚相手と決めた香奈を連れていきました。
秀樹の親族は、香奈と会えたことを喜びます。
通夜の席はにぎやかでした。その場で「ぼぎわん」が話題になります。
「ぼぎわん」とは地元で有名な妖怪の一種でした。
悪い子を捕まえては、山へ連れていくとされています。

話はやがて、秀樹の幼少期に、いなくなった少女の話題になりました。
しかし秀樹は、いなくなった少女の名前を思い出せません。
うたたねした秀樹は、幼少期に寝たきりだった祖父・銀二のもとへ、なにか怖いものがやってきたことを夢に見ます。
さらに夢のなかで、いなくなった少女も見ますが、それでも少女の名前を思い出せませんでした。


後日。
秀樹と香奈は結婚式を挙げました。ふたりは幸福な新婚生活を始めます。

香奈はシングルマザーの母に育てられており、借金がありました。
スーパーで働いていた香奈は、秀樹と恋に落ちたのです。結婚前に、香奈は借金を秀樹に肩代わりしてもらっていました。

香奈が妊娠します。
妊娠を知ったその日から、秀樹はブログを始めます。
母子の健康状態などを書き綴ったブログは、「よき父、よき夫」というイメージを、読む者に与えました。

秀樹はその後、マンションの一室を購入し、同僚をマイホームに招きます。
幸福な結婚をし、妻が妊娠し、分譲マンションも購入した秀樹は、順調に幸福を手にしているように見えました。

妊婦の香奈はホームパーティーの接待で疲れており、気分が悪くなっていました。
しかし夫の秀樹はそれに気づきません。
香奈にやさしくするのは、秀樹の高校時代の大親友で、現在は慶成大学の准教授である、津田大吾でした。


ある日、秀樹は同僚の高梨に来客があると言われ、会社のロビーに降ります。
「チサさんのことで話があるらしい」と高梨が言ったものの、来客はいませんでした。
つづいて降りてきた高梨は、来客の名前も顔も忘れています。

直前のことを高梨が忘れていると知り、秀樹は「大丈夫か」と冗談交じりで背中を軽くたたきました。
すると高梨の背中から、大出血が起こります。
高梨の出血は原因不明でした。病院へ入院しますが、対処の使用がありません。
「傷に何か入って、それが動いているみたいな」と表現し、高梨は笑います。

高梨はけっきょく1年後に、亡くなりました。
秀樹には女児が生まれ、「知紗(ちさ)」と名付けます。

【承】- 来るのあらすじ2

来るのシーン2 〔2年後〕

秀樹はブログを更新し「いい父親」ぶりをアピールしています。
ところが実際の秀樹は、口だけでした。
実際のところは育児を手伝うことなく、すべて香奈に任せきりです。
そのくせ育児の知識を得ては、理想的なことを言います。

いい父親をアピールする秀樹ですが、部屋は荒れていました。ごみ袋が部屋に散乱しています。
妻の香奈は部屋にひきこもっていました。
秀樹の家に、超常現象が起きていたからです。


悩んだ秀樹は、親友の民俗学准教授・津田に依頼をしました。
同僚の高梨が1年ほど前に、怪死したことも告げます。

ある日、秀樹の部屋になにかが「来ました」。
それは、秀樹の部屋にあった大量のお守りを切り裂いています。
危険な妖怪の仕業だと考えた津田は、秀樹を連れていきます。

津田が秀樹に紹介したのは、何でも屋のライターの男性・野崎和浩と、キャバ嬢でありながら除霊の腕が確かな若い女性・比嘉真琴でした。
真琴は初対面の秀樹に対し、「奥さんと子どもにもっと優しくしろ」と注意します。
秀樹は気分を害して、そのまま帰宅しました。

後日、秀樹が帰宅すると、家に津田、野崎、真琴が来ていました。
来客のおかげか部屋は綺麗に片付いて、香奈も知紗も笑顔を浮かべています。

香奈の笑顔を見たことでほっとした秀樹ですが、部屋に何かがやってきて、ポルターガイスト現象が起こります。
中途半端な霊力を持つ真琴が来たことで、刺激を与える結果となっていました。
真の力を持つ真琴の姉・琴子が、電話をかけてきて注意します。


琴子の助言を得て、秀樹は逢坂セツ子という女性を紹介してもらいました。
秀樹、セツ子は中華料理屋で会います。
セツ子は電話で話すなと警告しますが、秀樹は受けたスマホの「あれ」の挑発に乗り、つい声を発してしまいます。
その瞬間、セツ子の腕が切断されました。

秀樹は琴子からの電話で、妻子と会うなと言われます。
香奈は電話で秀樹の指示を受け、部屋から立ち去りました。
秀樹は琴子から指示されるまま、マンションの部屋へ戻ると、皿やどんぶりに水を注ぎ、部屋のいたるところに置きます。
刃物は縛って引き出しにしまい、鏡をすべて割りました。
(オープニングの映像)

琴子は「あれを迎え入れます」とスマートフォンで話します。
琴子は秀樹に、スマートフォンで指示をしていましたが、固定電話にも琴子の声でメッセージが入ります。
固定電話の琴子が、本物でした。
秀樹はそれに気づきますが、時すでに遅く、にせものの琴子のとおりにした秀樹は、腹を裂かれて亡くなります。
絶命する直前、秀樹は、幼少期にいなくなった少女の名前が、チサだったことを思い出しました…。

【転】- 来るのあらすじ3

来るのシーン3 〔1年後〕

夫の秀樹を亡くした香奈は、元の職場であるスーパーで働きます。
幼い娘の知紗を託児所に預けて働く香奈は、イライラしてしまいます。

微熱を出すと託児所では預かってもらえません。
やむなくスーパーへ連れてくると、店長に小言を言われます。


〔1年2カ月前〕

…実は香奈は結婚の早期の段階から、夫の秀樹を見限っていました。
表面だけは取り繕い、いい夫、いい父の姿を演じる秀樹に香奈は絶望しています。
そんなときに近づいてきたのは、秀樹の親友・津田でした。
香奈は津田と関係を持ち、裏切っていました。


夫が死んだことで、香奈はもう「あれ」の問題は解決していると思っています。
野崎が家へ来ると、切れたお守りの切断面が、1回目と2回目とで異なることを指摘します。
野崎はその謎を解明しようとしますが、香奈はすげなく追い返しました。

切断面が異なるのは、1回目は香奈が切っていたからです。
それはほかならぬ香奈が知っていました。


〔3日後〕

香奈は津田を受け入れ、津田が持ってきたお札を仏壇に置いています。
真琴がお札に目を留めますが、香奈は意に介しませんでした。
外で香奈は津田と会います。

真琴は香奈宅の仏壇に置かれているお札が、どうしても気になっていました。
それが魔導符だと気づいた真琴は、急いで破って破り、焼きます。
しかしそのあいだに、知紗の姿が見えなくなりました。
真琴は、死んだはずの秀樹の幻を見ます。


〔2時間後〕

香奈と会っている津田には、異変が起きていました。
「あれ」を呼び込んでいる関係で、津田の背中にも傷ができています。


帰宅した香奈を出迎えた真琴は、香奈から「気枯れ(けがれ)」を受けて重傷を負います。
知紗を連れて逃げた香奈も、公衆トイレで襲われて死にました。
「あれ」は知紗を連れて、いずこともなく去っていきます。

病院へ収容された真琴のところへ、姉の琴子がやってきました。
真琴に付き添う野崎に、琴子は「遅くとも明日中に片を付けます」と宣言します。

琴子は日本の要人に太いパイプ(人脈)を持っていました。
警視庁や埼玉県警に手を回し、秀樹と香奈が住んでいたマンション周辺を、ガス漏れ区域として人払いをし、「あれ」と戦い、乱れた気の流れを清浄に戻すと言います。

【結】- 来るのあらすじ4

来るのシーン2 「あれ」の居場所の見当がついているのかと野崎が訊くと、琴子は「知紗が異界との境界線としての役割を果たしている」と言いました。
その証明として琴子は、3日前から故人・秀樹のブログが後身されていることを告げます。

野崎は津田のところへ会いに行きますが、津田は暗い場所で、ひたすら水を飲んでいました。
水をほしがるのは、高梨と同じです。(注:ロビーに何者かが来ていると言い、見えない何かに背中を噛まれた傷を持ち怪死した、秀樹の同僚)


琴子は要人に手を回し、沖縄の巫女(ゆた)たちを手配していました。
全国から神職も多数呼び込んでいます。

巫女が乗り込んだタクシーが、交通事故に遭います。
それを感じ取った神職は、固まって移動すると危険だと感じ、分かれて移動を開始しました。
琴子は秀樹のマンションへ「あれ」を呼び込み、お祓いをする予定です。
お祓いの前にお清めとして、綺麗に掃除をします。野崎は掃除を手伝いました。


〔翌日(12月24日)〕

大学准教授の津田が亡くなったニュースが、テレビで流れます。
野崎は琴子とともに、部屋の掃除をしていました。
マンションでは住民の避難が開始しており、周辺は検問が敷かれ、ものものしい雰囲気が漂っています。

秀樹の部屋に野崎が行くと、そこには亡くなったはずの秀樹がおり、パソコンでブログを更新していました。
片腕を失いつつも命を取り留めた逢坂セツ子が、秀樹に死んでいることを指摘し、証拠として包丁をてのひらに突き刺しても痛みを感じないことを言います。
秀樹は納得し、死を受け入れて成仏(?)します。

マンションの秀樹の部屋で、琴子が儀式を行ない、マンション下の敷地には、神職が多数おり、それぞれ儀式を開始します。
逢坂も神職の末尾に加わり、祝詞をあげます。

琴子は祓いの儀式を開始しました。野崎は邪魔にならないよう、消臭スプレーで身を清めると、部屋の隅に鎮座します。
祝詞をあげる琴子は、「あれ」と戦います。

やがて「あれ」が来ました。「あれ」は知紗の姿を借りています。
野崎は、子どもである知紗に危害が及ぶのを嫌い、儀式の鏡を割ってかばおうとしました。
琴子も血を吐き、負けそうになります。
琴子は野崎と知紗をベランダから突き落とすと(守るため)、部屋に残って一手に引き受けて「あれ」と対峙しました。
秀樹の部屋から、大量の血が噴き出します…。
(琴子がどうなったかは不明)


野崎、知紗、真琴はなんとか助かりました。
今が午後11時だと知る野崎は、生きたまま日をまたげそうだと思います。
南和光の駅のホームのベンチに座った野崎は、知紗がなんの夢を見ているのか、気になりました。
真琴は読み取り「オムライスの国の夢」と言います。
野崎は「なんだそれ」と言い、笑いました。

「完」の文字。

みんなの感想

ライターの感想

なにが来ているのかはさっぱり判らない、示されないものの、確かに面白い。
ただ、「なになのか」がはっきりされないまま終わるので、もやもやが苦手な人にとっては「つまらない」作品になるだろう。
評価が分かれる映画でもあると思う。
途中、神職や巫女も現れてのお祓い大合戦の様相が、よかった。
松たか子演じる、琴子役がユニークだった。もし続編が作られるなら、見てみたい。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「来る」の商品はこちら