映画:死霊の罠2ヒデキ

「死霊の罠2ヒデキ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

死霊の罠2/ヒデキの紹介:「日本初の本格スプラッター映画!」として1988年に公開された「死霊の罠」の、続編にあたる作品です。本作が公開された同時期に、テレビドラマ「ずっとあなた好きだった」の「冬彦さん」役でブレイクした佐野史郎が、本作でもインパクトのある狂気の演技を見せています。

あらすじ動画

死霊の罠2ヒデキの主な出演者

亜紀(中島唄子)、絵美(近藤理枝)、倉橋(佐野史郎)、女霊媒師(池波志乃)、映画館支配人(平泉成)

死霊の罠2ヒデキのネタバレあらすじ

【起】– 死霊の罠2ヒデキのあらすじ1

死霊の罠2ヒデキのシーン1

画像引用元:YouTube / 死霊の罠2ヒデキトレーラー映像

映画館で映写技師として働く女性・亜紀は、やや太めの体型ということもあり、引っ込み思案で社交的とは言えない性格でした。

それが、映写室で1人きりで過ごす時間が多い仕事がピッタリだたっとも言えるのですが、そんなある日、学生時代の友人・絵美から食事に誘われます。

若い頃はアイドルもしていた絵美は、今はテレビのレポーターとして活躍中で、華やかな世界に住み、亜紀とは正反対と言える性格でした 絵美は亜紀に黙って、男の友人・倉橋も食事に呼んでいました。

突然現れた倉橋を警戒する亜紀でしたが、倉橋はあけすけな態度で初対面の亜紀にも馴れ馴れしく話しかけるような男でした。

絵美は「亜紀は男アレルギーなんだから、そろそろ慣れないとね」と倉橋を誘った理由を話しましたが、明らかに自分と倉橋の「ただならぬ仲」を、亜紀に見せつけているようでした 絵美は、最近この近辺で起きている若い女性の連続殺人事件をレポートする仕事のため、2人のもとを去って行きます。

倉橋は「送っていきますか」と亜紀に言いますが、亜紀は頑なに断ります。

そして、数日後改装中のビルの付近で、再び殺人が起きます。

殺された若い女性は、股間から内蔵をはみ出させていました。

そしてその傍らには、ドレスアップしてハサミを持ち、血まみれになった亜紀がいました連続殺人の犯人は、亜紀だったのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「死霊の罠2ヒデキ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×