映画:死霊館

「死霊館」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

死霊館の紹介:2013年公開のアメリカ映画。『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督が、71年にアメリカのロードアイランド州で実際に起きた奇怪な事件を基に描くサスペンス・ホラー。ある一軒家に引っ越してきた7人家族を、恐ろしい事象が襲う。

あらすじ動画

死霊館の主な出演者

ロレイン・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)、エド(パトリック・ウィルソン)、キャロリン・ペロン(リリ・テイラー)、ロジャー(ロン・リビングストン)、クリスティーン(ジョーイ・キング)、シンディ(マッケンジー・フォイ)、エイプリル(カイラ・ディーヴァー)

死霊館のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①エドは悪魔祓い、ロレインは透視能力を持つ夫妻。彼らの元へペロン一家から依頼が舞い込む。引っ越しした屋敷で怪奇現象が起こると聞いて家を見に行ったロレインは、魔女のバスシーバが呪いをかけていると知る。 ②バスシーバの目的は、母・キャロリンにわが子を殺させること。エドとロレインは悪魔祓いをし、ペロン家は全員救われた。

【起】– 死霊館のあらすじ1

死霊館のシーン1

画像引用元:YouTube / 死霊館トレーラー映像

〝これは実話である〟

〔アナベル事件 1968年〕

デビーという黒髪の女性が、金髪の女性と黒髪の男性に付き添われて、エド・ウォーレン夫妻のところへやってきました。大きな人形の話をします。

「話しても信じてもらえないだろうけど」と前置きし、デビーはその人形が動いていることを訴えます。

デビーは女性看護師でした。母からの贈り物で、その人形をもらったのです。

ある時、霊媒師にきいてみると「アナベル・ヒギンズという7歳の少女の霊が憑依している」と言われたそうです。

それを聞いたデビーたちは可哀想にと同情し、人形と一緒に暮らし始めました。

しかしそれは事実ではありませんでした。

人形に取り憑いていたのは幽霊ではなく、悪魔だったのです。

エドはそのことをデビーたちに話し、「人形は媒体で、狙いは人間に取り憑くことだ」と言い聞かせます。

人形を受け取ると、エドは自分のコレクションの部屋に保管しました。年に1度、神父に浄化してもらう部屋の一品として、アナベル人形が加わります…。

(アナベル人形は、今作品では「冒頭のさわり」としてしか登場しない。本編とは無関係。

映画『アナベル 死霊館の人形』『アナベル 死霊館の誕生』などで、詳しく扱われているので、興味があるかたはそちらをご覧ください)

〝1960年代からロレインとエド・ウォーレン夫妻は、心霊現象の研究家として知られるようになった。

ロレインには透視能力があり、エドは教会が唯一公認した、悪魔研究家。

今まで数多くの事件を解決してきた夫妻が、誰にも語らなかった、最も邪悪な事件があった。

これは実話である〟

〔1971年 アメリカ・ロードアイランド州ハリスヴィル〕

野中の一軒家に、ペロン一家が引っ越してきました。

彼らは古いけれども、念願の一軒家を手に入れたことで、喜んで引っ越しします。

・ロジャー…父。配送員の仕事をしている。

・キャロリン…母。5人の娘を持つ。

・アンドレア…長女。ロングヘア、10代半ば。

・ナンシー…次女。眼鏡をかけた少女。

・クリスティーン…三女。ショートカット。霊が見える。

・シンディ…四女。茶髪肩まで。夢遊病を持っている。

・エイプリル…五女。金髪肩まで。オルゴールを見つけてから霊を見る。

・セイディー…ペロン一家の飼い犬。

屋敷は2階建ての部屋数が多いもので、古いものの、5人の子どもたちは喜びました。

引っ越し当日から、不気味な前兆はありました。飼い犬のセイディーが、家に入りたがりません。

しかしみんなは、さほど問題にしませんでした。

屋敷の近くの池で、五女のエイプリルは古びたオルゴールを見つけます。

気に入ったエイプリルは、それを家に持ち帰りました。

引っ越した姉妹たちは、早速屋敷の中で、目隠し鬼を始めます。

その最中に壁が壊れたことで、父のロジャーは隠し扉を見つけました。巨大な地下室があると発覚します。

地下室には前の住人が置いたらしい家具が、たくさんありました。

暗いのでロジャーは「明日の朝、調べる」と言って引き揚げました。妻のキャロリンには、「この屋敷は思ったよりも広そうだ」と告げます。

翌朝。

寒さで目覚めた母・キャロリンは、右ひざ下に大きなアザができているのを見つけました。

屋敷中の時計が、午前3時7分で止まっています。

父・ロジャーは地下室の様子を見ていました。

屋敷の暖房が壊れており、屋敷の外の一角で、飼い犬のセイディーが死んでいました。

同じ頃。

エド・ウォーレンは取材に応じ、アナベル事件の証拠の人形を見せました。

その部屋には入るなと言っているのですが、時折、エドとロレインの娘・ジュディが入り込みます。

やっと最近オカルトブームが到来したことで、少しずつですが、エドとロレインの能力も認められるようになりました。それまでは眉つばものだと、頭ごなしに否定する人が多かったのです。

取材は成功し、好意的な記事が書かれそうだと、エドは確信します。

さて、再びペロン家の話に。

屋敷は夜になると冷え込み、暖房が全くききません。腐臭もします。

やんでいたシンディの夢遊病が再発しました。シンディは、部屋のタンスに頭をぶつけています。

次の日の朝、母のキャロリンには、右肩の後ろに大きなアザが増えていました。

外を見回ると、前の日に飼い犬・セイディーが死んでいた場所に、ハトの死骸があります。全く同じ場所です。

エイプリルがひとりで話をしているので、母のキャロリンが聞いてみました。

エイプリルは、ローリーという少年と遊んでいるのだと話します。

オルゴールの鏡部分を覗くと見えると言われ、キャロリンもオルゴールを見つめました。メロディが止まりかけた時、本当に後ろに人影が見え、キャロリンはどきっとします。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「死霊館」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×