映画:死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【転】– 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。のあらすじ3

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。のシーン3

画像引用元:YouTube / 死霊館 悪魔のせいなら、無罪。トレーラー映像

デイビッドはこの魔女の魔術に召喚された悪魔が取り憑いたものと思われました。人を殺すと悪魔が抜ける設定をしていたようです。呪いをかけた相手が悪魔を呼んだことは明白です。魔術に詳しいカストナー神父に話を聞くことにします。

その頃、拘置所にいるアーニーは悪魔の幻影に怯えていました。悪夢を見てパニックに陥り、同じ房の人に起こされます。

ウォーレン夫妻の家に、別の事件でお世話になったペロン家(映画『死霊館』参照)から花が届きました。花瓶に生けます。

かかってきた電話を取ったエドは、殺人課のドリュー・トーマス刑事から耳よりな情報を得ました。早速情報を聞くために現地へ行きます。

マサチューセッツ州ダンバースで、女子大学生のジェシカ・L・ストロングが行方不明になっているそうです。ジェシカの親友のケイティ・リンカーンは22か所ナイフで刺されて死亡しており、ジェシカが犯人と目されていました。現場には「魔女の彫像」が置かれてありました。

現地の警察官はオカルトを信じておらず、科学的な手法で捜査を行なっていました。何度もジェシカの捜索を行なったと言います。ロレインの能力を見せてみろとクレイ刑事はナイフを3つ持って来て、犯行に使われたものを当てさせようとします。エドは憮然としましたが、ロレインは即座に3番だと答えました。クレイ刑事は無言になります。

ケイティの遺体発見現場に向かう途中、クレイ刑事はカーラジオの曲を聞いて、エルビスに会ったことがあるかとロレインに言います。ロレインは「死ぬ前に」と答えて「…後にも1度」と答えました。わざと現場を通り過ぎましたクレイ刑事に、「曲がり損ねた。さっきの角を曲がったところでしょ」と言いました。クレイ刑事は驚きの表情を浮かべます。

その頃デビーは弟のデイビッドを連れて、アーニーに会いに行っています。アーニーが憔悴しているのを見て、デビーは心配しました。悪魔に憑かれた経験があるデイビッドは、アーニーがまた似た体験をしていると気づきました。悪魔に憑かれた時、頭の中であれこれ指示される感覚があったのです。それをまたアーニーは味わっているのだと気づきました。

現場を見たロレインは、そこで犯行当夜の霊視を始めます。若い少女のケイティとジェシカが、そこでミサンガのプレゼントを渡しました。直後、ジェシカがケイティを刺す映像が見えます。その場から逃げ出したジェシカを追ったロレインは、走っていきました。崖の直前でロレインは気づいて止まります。何かに足を取られて落ちそうになったロレインを、エドが助けました。ロレインはクレイ刑事に、「ジェシカの遺体がこの崖の下にある」と言いました。

エドは救急車の医師から血管拡張剤を処方されました。心筋梗塞の予後が悪く、発作を起こした時のために常に薬を持ち歩けと言われていたのですが、エドは持ち歩いていませんでした。「忘れた」とエドが言うのを、ロレインは聞いています。

その場にクレイ刑事がやってくると、遺体が見つかったことを教えます。今までにこの場所は2回も捜索しており、3回目の捜索は考えていなかったと話しました。遺体の身元が分かり次第知らせると言います。

エドとロレインは、ブルノー・モーテルに宿泊します。そこへアーニーの恋人・デビーから電話が入りました。アーニーに悪魔が自殺をささやいているらしいのです。それを聞いたエドは、拘置所にいるニューマン神父に頼むようにと言いました。しかし通話の途中で雑音が入り、電話が切れてしまいます。アーニーにはニューマン神父が近寄り、聖水の小瓶を渡しました。

アーニーは床に座り、聖水を自分の周りに円形に撒きます。

アーニーに自殺の危険が迫っていると知ったロレインは、早く進めようと考えます。遺体がもしジェシカならば、霊視して悪魔を召喚した犯人の手がかりが得られると考えます。

〔パルメリ葬儀場〕

夜中で無人のうえカギがかかっていたので、エドは杖でガラスを割ります。遺体安置室を探した2人は、ジェシカらしき遺体を見つけました。ロレインはその手を握って霊視を始めます。トンネルの中を入っていき階段をのぼり祭壇を見つけたロレインは、痩せぎすの年増の女性が儀式をしているのを見ます。彼女はアーニーを呪っていました。

その女性が呪いの儀式をするのと同じ頃、拘置所でアーニーも苦しんでいます。アーニーは聖水の入っていた小瓶を手の中で握りつぶし、ガラスの破片でリストカットをしかけていました。ロレインはまずいと気づき、儀式を中断させます。アーニーも看守に自殺未遂が見つかって、中断させられました。

ロレインが中断したことで、相手の女性もロレインの存在に気づきます。相手は安置所にある遺体を動かして襲わせました。エドはなんとかそれを回避します。その後、エドとロレインは急いで家に戻ります。

クレイ刑事から受け取った資料を持ち帰ったエドとロレインは、アーニーの自殺未遂が止められたと聞きました。しかし予断を許さない状況です。

ウォーレン夫妻の弟子ドリュー・トーマスも調査をしていました。ルネサンス初期の魔術書など取り寄せています。その書籍から「人間を生贄にして呪いをかける」魔術を特定しました。祭壇を壊せば呪いが解けると判明します。

相手の女性が儀式を行なっていた場所をロレインに思い出させると、「寒かった」「天井から水が滴っていた」「列車の音がした。でもこもるような音だった」と話します。話をしている最中に、エドが気絶しました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×