「死霊館エンフィールド事件」のネタバレあらすじと結末の感想

死霊館 エンフィールド事件の紹介:2016年公開のアメリカ映画。アメリカでは非常に有名な超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻(英語版)を主人公にした『死霊館』の続編で、今度は1977年にイギリス・ロンドンのエンフィールドで起こり、史上最長期間続いたポルターガイスト現象として知られる「エンフィールド事件」を題材としている。

予告動画

死霊館エンフィールド事件の主な出演者

ロレイン・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)、エド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)、ペギー・ホジソン(フランセス・オコナー)、ジャネット・ホジソン(マディソン・ウルフ)、アニータ・グレゴリー(フランカ・ポテンテ)、マーガレット・ホジソン(ローレン・エスポジート)、ジョニー・ホジソン(パトリック・マコーリー)、ビリー・ホジソン(ベンジャミン・ヘイ)、ペギー・ノッティンガム(マリア・ドイル・ケネディ)、ビック・ノッティンガム(サイモン・デラニー)、モリス・グロス(サイモン・マクバーニー)、ゴードン神父(スティーヴ・コールター)、へそ曲がり男(ハビエル・ボテット)、ヴァラク(ボニー・アーロンズ)

死霊館エンフィールド事件のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イギリス・エンフィールドのグリーン通りに住むホジソン家で怪奇現象が続く。特に娘・ジャネットの身にはおかしなことが続き、アメリカの有名なウォーレン夫妻が調査に来た。エドは悪魔の専門家、ロレインは霊能力を持っている。 ②当初は自作自演かと思われたが「悪魔が霊視を妨害するため、ビルの霊を手下にしていた」ことが判明。悪魔を祓い、ジャネットは助けられた。

【起】- 死霊館エンフィールド事件のあらすじ1

ウォーレン夫妻は数々の怪奇現象を解決したことで有名な夫婦です。
悪魔研究者の夫・エドと、霊視の能力を持つ妻・ロレインのウォーレン夫妻は、1968年に人形に憑依したアナベル・ヒギンズという7歳の少女の霊を、悪魔だと見抜いて祓いました。これは「アナベル事件」として知られています(『アナベル 死霊館の人形』参照)。
また1971年にはペロン家が購入したマイホームに現れた、バスシーバと死者たちを祓いました(『死霊館』参照)。
…そのエドとロレイン夫妻に新たな事件が舞いこみます…。

…1976年、アメリカ・ニューヨーク州アミティビル。
真夜中にラッツ一家が助けを求めて飛び出します。悪霊が棲みついた家として有名になり、2か月後にはエドとロレインが、調査のためにラッツ家を訪れました。
カメラが設置され、ロレインが霊視を始めます。
テーブルで輪になって座り、手を握って始めた交霊会で、ロレインはラッツ家が引っ越してくる前に、この家でロニー・デフェオという男が彼の家族を惨殺した事件があることを知りました。
そして殺人事件を起こしたロニー自身も、悪魔に憑依されて犯行を行なった可能性がありました。ロニーは現在、裁判を受けている身です。
霊視でロニーの犯行の一部始終を見たロレインですが、1階横にいた縞模様のTシャツを着た白目の少年が、何かを自分に伝えたがっていると気づきます。
地下室に移動したロレインは、4人の死人が見ている布を剥がし、大きな鏡を見てみました。するとロレインの背後にシスターの姿をした霊が現れて、ロレインを襲います。
ロレインが絶叫したので、助手がカーテンを開けて交霊会を中止しますが、ロレインは「これは地獄へ行くようなもの」と言い、近々自分たちを襲う者が現れると夫・エドに告げました。
〝アミティビル事件を調査した夫妻は、マスコミの餌食になった。
一報、アミティビルに匹敵する事件が遠く離れた英国で明らかになった。
そこで夫妻は地獄を見ることになる。…これは実話である。〟

…1977年、イギリス・エンフィールドのホジソン家。
ホジソン家の暮らしは貧しいものです。離婚して、母ペギーがひとりで4人の子どもを育てていました。養育費はもう3か月も滞っていて保護費が欲しいくらいです。
長女・マーガレットは十代半ばですが、二女・ジャネットは11歳、その舌にさらに2人の弟・ビリーとジョニーがいました。ビリーは吃音(どもり)に悩まされています。
ロンドンの学校に通う二女・ジャネットは、本来は真面目な少女です。しかし14歳の友人・カミラの吸う煙草をたまたま持っていた時に女性教官に見とがめられ、喫煙をしていたのがジャネットと受け止められました。ジャネットの母・ペギーは注意を受けます。
その頃、ホジソン家はエンフィールドのグリーン通りにある家に、引っ越しをしました。そしてこの家こそが、後に大騒動を引き起こす問題の家だったのです。
引っ越してすぐ、ホジソン家のジャネットに異変が現れました。2階の姉・マーガレットといつも一緒の部屋で寝ているのに、音がして目覚めると1階のリビングの床で寝ているのです。姉のマーガレットのいる部屋ではドンドンと扉が乱暴に叩かれ、開いても無人でした。
当初は、両親の離婚によるショックでジャネットが夢遊病になっているのではないかと、母・ペギーは受け止めていました。
ジャネットの夢遊病はひどくなるばかりでした。そしてある夜、うなされているジャネットに姉・マーガレットが声をかけると、ジャネットが全く別人の声で「ここは俺の家だ。お前らが出ていけ。殺すぞ。ビリーも殺す」と話したのです。その声は低い大人の男の声でした。
その頃にはマーガレットとジャネットだけでなく、弟のビリーもおかしな体験をします。ビリーが夜中に起きると、消防車のおもちゃが勝手にサイレンを鳴らして動いたり、ビリーが廊下に作ったテントの中の、走馬灯の『へそ曲がり男』の影絵が本当に出没したりしました。ビリーは母・ペギーを起こし、ペギー自身はへそ曲がり男を見ていませんが、リビングの椅子が誰もいないのに揺れ続けるのを目撃します。
それでも母・ペギーはさほど深刻に考えませんでした。
ジャネットは夢遊病を嫌い、自分で手首をベッドに縛り付けます。それでも夜中、ジャネットは手首のロープをちぎらんばかりの場所まで移動し、姉・マーガレットはジャネットのベッドが盛大に揺れて動くのを見ました。

【承】- 死霊館エンフィールド事件のあらすじ2

その頃、ジャネットの肩口に何者かの噛み傷を見つけます。
母・ペギーは目の前でタンスが勝手に動くのを見て、そこで初めてジャネットが夢遊病ではなく、何か霊がいると気づきました。真夜中に急いで子ども全員を連れ、お向かいのノッティンガム家に避難します。
ノッティンガム家のご夫婦、夫・ビックと妻・ペギー(注:ホジソン家の母と偶然だが同じ名である)は親切で、ホジソン家の全員を迎え入れました。ノッティンガム家には夫妻と賢い愛犬・バロンだけで家は広いので、ホジソン家の5人に部屋を提供します。
ビリーは警察に通報し、すぐに制服警官の男女ピーターソンとヒープスがやってきました。人はいないのに、階上の壁の中からドスンドスンという音が聞こえるのを、彼らも確認します。
しかも確認するために動かしていた椅子が勝手に動き、元の場所へ移動しました。
警察官たちは、警察の範疇にはないと判断し、心霊現象の専門家に相談しろとアドバイスします。女性警官・ヒープスの知人に神父がおり、その人に連絡を取ってみると言いました。

その頃、アメリカのロレインは不吉な予知夢を見ます。夫・エドが描いた絵から黒い影が出てきて、夫・エドが胸を貫かれて死ぬという夢です。
ロレインとエドはその当時、アミティビルの一件で注目されて、マスコミに追いかけ回されていました。科学を信じるキャプラン博士とテレビで対談し、非科学的な見地から詰問されたり、不快な思いをすることもありました。
ロレインはエドに、しばらく休養を取ろうと提案します。

イギリスのエンフィールドでは、ホジソン家の異常をテレビ局の報道担当ケント・アレンが注目しました。そして怪奇事件として扱い、茶色の髪の女性アニータ・グレゴリー博士を呼んで特別報道番組を制作し、検証します。グレゴリー博士は懐疑的です。
ホジソン家にも取材クルーがやってきました。ケントは部屋の霊に呼びかけますが、反応はありません。
ところがその時ジャネットが唸ると、部屋の電気が点滅し始めました。ジャネットが放し始めますが、「ジャネットと呼ぶな。ガキは眠った」まではジャネットの声で、「俺が話している」から大人の男の声に変わります。
調査関係者の男性モリス・グロスは驚きました。テレビの取材クルーが質問すると、その声の主は「ビル・ウィルキンス、72歳だ」と答えます。
ビルは死んだ霊だと言い、死因を聞くと「目の前が暗くなって出血して、隅の椅子で意識を失って死んだ」と言いました。
ホジソン家のことは『怪奇現象の家』という見出しで、新聞をもにぎわせるようになりました。
しかしグレゴリー博士は、まだ疑問視していました。ビル・ウィルキンスのことも、ジャネットが近所の人から聞いていた可能性を指摘します。
つらいのは当事者のホジソン家でした。お向かいのノッティンガム家に部屋を間借りしてからも、連日なぞの現象に悩まされていたのです。
ジャネットは痙攣し、電球やガラスは我、暖炉の柵は飛びます。

ホジソン家の調査依頼が教会経由で、ウォーレン夫妻のところへ持ち込まれました。その頃のアメリカでは、イギリスのホジソン家の現象を「英国版アミティビル」と呼ぶようになっていました。
ロレインはエドの不吉な死の予知夢が気になり、関わり合いたくないのですが、エドは「本当に困っているのならば、助けの手が必要だ」と主張し、ロレインも承諾します。
ウォーレン夫妻はイギリスへ移動し、ホジソン家を訪ねました。3日間で調査をし、もし本当であるならば教会に委ねることにします。

その頃にはジャネットは12歳の誕生日を迎えていました。しかし連日の騒動で疲れています。
ウォーレン夫妻の質問に対して、ジャネットは「後ろから声がして、操られる感じ」と答えました。
1977年12月21日。
腹話術ではないことの実証として、水をジャネットの口に含ませて録音を開始します。モリス・グロスが立会人になりました。
「見られていると話ができない」と言い、エドとロレイン、モリスはジャネットから視線を外して話を聞きます。
エドの質問に対し、1回だけビルがつっかえた場所がありました。エドが十字架を突きつけた時に、「助けて。アレが…放して!」と言います。

【転】- 死霊館エンフィールド事件のあらすじ3

しかしロレインは「霊的な要素が一切感じられない」と思っていました。エドも、ジャネットの精神障害の可能性を疑います。
エドとロレインが泊まった日、母・ペギーと一緒に寝ていたジャネットが、一瞬で寝室に移動していました。カーテンが顔と首に絡まったジャネットは「霊に捕まった」と言います。
肩口の噛まれた痕は2本歯が欠けた状態で、ビル・ウィルキンスも同じでした。しかし霊を見たのはペギーのみです。
霊的な要素は感じず、悪魔ならばもっとタチが悪いとロレインは思います。
女性のグレゴリー博士はホジソン家の経済状態が悪いことも考えて「役所から補助金を出させるための狂言(いわゆる自作自演)」ではないかと指摘します。
翌日、エドとロレインはレコードを持ってきますが、ホジソン家の電化製品はよく壊れるとのことで、レコードプレイヤーは使えませんでした。代わりにエドはギターで『好きにならずにいられない』の生歌を披露します。
テレビクルーが入り、家のあちこちに監視カメラをつけました。科学での検証です。
調査員のモリス・グロスは、ホジソン家に同情気味でした。彼は数年前に事故で娘を亡くしており、以降、時々不思議なことがモリスの周辺で起こるので「霊の存在を信じたい」とエドに洩らします。
地下室にある故障した洗濯機をエドが修理している時、おかしなことが起きました。
地下室は水がたまっていました。洗濯機は直しましたが水は溜まったままで、原因は別にあるようです。
エドが排水管をチェックしていると、母・ペギーがエドの背後に人影が見えると叫びました。その直後、母・ペギーが襲われて手首に歯が2本欠落した歯型が残ります。
しかし…ふとした拍子に何かが水の中に落ち、それをエドが拾うと、落ちたものは部分入れ歯でした。母・ペギーの前歯2本は部分入れ歯だったらしく、拾って渡すとペギーはきまり悪そうに受け取ります。
(つまり母・ペギーの手首の歯型は、ペギーが自作自演でつけたもの。但しジャネットのは別問題)
同じ頃ジャネットは部屋で姉弟たちとクリスマスツリーの飾り付けをしていて、キッチンに霊がいると姉・マーガレットに言います。
エドに「ジャネットは霊にいじめられているから、もし同じようなことが起きたらみんな助けてあげて」と言われていたので、弟・ジョニーが霊を撃退しに行こうとしました。ジャネットが移動してキッチンに立ち、包丁を持っていました。
その後、ジャネットが台所に閉じ込められます。悲鳴を聞きつけたエドやロレインたちが行くと、ジョニーは台所の棚に隠れ、ジャネットは配管のところでありえない形状で入り込んでいました。この時にもジャネットに憑いた霊ビル・ウィルキンスは、つっかえた意味不明の言葉を吐きます。
モリスは「どうやって入った」と不思議がりました。
しかし部屋のあちこちに仕掛けた監視カメラによって、謎が解かれます。
グレゴリー博士がエドとジャネットを呼び、録画していた映像を見せました。
そこには自分で施錠し、皿や食器を周囲に投げつけた後、おたまを曲げているジャネットの姿が映されていました。
母・ペギーと娘・ジャネットが共謀した狂言だとみなされます。
納得しないペギーに対し、エドも「この映像を見たら、残念だが教会は手を引くことは間違いない」と言います。
向かいの家のノッティンガム家の夫・ビックは「望みを見せて突き放すのか」とウォーレン夫妻に怒りますが、とにかく霊能力者のロレインには今回、霊的な要素を一切感じなかったのです。
調査は終わり、ウォーレン夫妻は帰国することにしました。その夫妻の姿を、悲しそうな顔で見ながらも、ジャネットは手を振ります。
姉・マーゲレットが「本当にやったの?」とジャネットに聞き、ジャネットは「殺すと霊に脅された」と答えます。

出発を待つ帰りの列車の中で、しかしまだエドとロレインは話し合っていました。
ロレインがいちばん疑問に思っているのは、「撮られているのを知っていながら、なぜわざわざカメラの前で自作自演をばらすような行為をおこなったのか」なのです。それはエドも同感でした。
ひらめたいたエドは、2つのテープレコーダーを出します。霊のビル・ウィルキンスがつっかえた箇所が2回ありました。1つめは「助けて…アレが…放して」で、2つめは「俺を…くれない」です。

【結】- 死霊館エンフィールド事件のあらすじ4

その2つの言葉を同時に再生してみると、「助けて、アレが俺を放してくれない」でした。
それを聞いた瞬間、ロレインにビル・ウィルキンスの意識が流れこみます。
ロレインの意識は、発車を待つ列車の中にありながら、ビルと共にありました。
ビル・ウィルキンスの霊は家族に会いたくてホジソン家のところに出てきたのですが、そこでタチのわるい悪魔に憑かれ、手先として働かされていたのです。
ジャネットには悪魔が憑いており、露見するのを妨害していました。ロレインが霊的な要素を感じなかったのも、正体が悪魔だったからでした。
しかしビル・ウィルキンスは一方で、ロレインたちに悪魔が憑いていることを知らせようとして、それで2回に分けてメッセージを送信し、ヒントを与えてくれていたのです。
それに気づいたロレインは急いで引き返しながら、まだ残っているスタッフを書き集めるように言いました。エドはジャネットを教会に預ける判断を下します。
その頃ホジソン家では姉・マーガレットが吹き飛ばされ、ジャネットは金色の目に変わっていました。いよいよ悪魔がジャネットの身体を乗っ取ろうとしているのです。
気づいた母・ペギーは姉弟たちを避難させるつもりで外に出ますが、そこで閉めだされました。家の中にはジャネットだけが取り残されます。
駆け付けたエドとロレインは、車の中にホジソン家の人たちを入れて避難させました。そして家に入ろうとしますが、ソファが飛んできて扉が閉まります。裏口も同様で、入るのが無理でした。エドは修理した地下室の入り口から入ろうと試みます。
ロレインは予知夢のとおりになる嫌な予感がしていました。
お向かいのノッティンガム家の夫・ビックが斧を持って駆け付け、エドとロレインを手伝います。エドが先に入り、地下室から1階の床の木板を破壊して1階へ出ました。その際、排水管が破裂して蒸気がエドの目にかかり、エドは一時的に視力を奪われます。顔も軽度の火傷を負いました。
ビックは地下室の入り口を斧で壊しますが、ビックは肥満体なので、さらに入り口を破壊しないと入れず、時間を食います。
ロレインはその間、悪魔の名前を思い出そうとしていました。車に戻ってトランクを開き、予知夢を見た時にナイフで書きなぐった悪魔の名前を読み取ります。
そこには「VALAK」と書かれていました。「ヴァラク」とロレインが呟いた瞬間、ホジソン家の庭の木に落雷があって枝が倒れ、幹の先端が尖ります。予知夢でエドが胸を貫かれたのを見たロレインは、さらに嫌な予感がしました。急いでビックのところへ戻り、先に入ります(ビックはまだ自分が入れるほどの幅を確保できていない)。
エドが駆け付けると、ジャネットは2階の窓から樹木の尖ったところへ飛び降りようとしていました。すんでのところでエドが右手で抱きとめますが、頼る左手はカーテンで心元なく、カーテンレールが外れそうになります。
ロレインが部屋の入り口に立ち「私はお前の名前を知っている。蛇の首領・ヴァラクだ。悪魔よ地獄へ戻れ!」と言いました。
悪魔はシスターの格好をしていました。これもロレインの予知夢に見ていたとおりです。
名前を呼んだ瞬間、ジャネットに憑いていた悪魔が黒ずみ始め、はじけて消えました。
(「名前を知る」=「その相手を支配する」という言い伝えから、ロレインが名を呼ぶことで悪魔・ヴァラクを支配した)
ロレインが駆けより、エドとジャネットを助け出します。
ジャネットは教会に預けられることになりました。エドはジャネットが救ってくれたと言い、自分の十字架を渡して「持っていてくれ」と言います。そして「大人になったら、これを必要としている人に渡してくれ」と言い添えました。
ジャネットは「私は運がいい。奇跡を起こす人が私には2人もいる」と答えます。それはウォーレン夫妻のことでした。

〝のちにエンフィールド事件は、最も信憑性が高い心霊現象と認められた。
ペギー・ホジソンは晩年までこの家に住み続け、2003年に居間の椅子で静かに息を引き取った。40年前にウィルキンスが亡くなった椅子で…。〟

アメリカに帰国したエドは、『絶対に開けるな』シリーズにコレクションを加えました。
居間に戻るとロレインがエルビス・プレスリーの『好きにならずにいられない』のレコードを流し、エドとロレインは一緒に踊ります…。
(エンドロール)実際にエドが行なった、インタビューの音声。さらに本物のホジソン家の写真や、ウォーレン夫妻、モリス・グロスの写真など。

みんなの感想

ライターの感想

歴史上、最も有名なエンフィールド事件について扱った内容。それだけに、非常に見ごたえがある。
全編を通して「非常によく作りこんでいる」。惜しげもなく悪魔を見せ、ビル・ウィルキンスの幽霊を見せる。
ジャネットは空中浮揚するし、タンスは飛ぶし…実際にあったことをきちんと再現(事実なんだから怖いよね)。
正統なホラー映画。ラストで実際の音声が流れるのも、なんとも不気味…。
とにかくこの作品は、ホラー好きの方ならば満足のゆく出来だろうと思う。興味があればぜひご覧いただきたい。
シリーズものなのだが、前作品など知らなくてもじゅうぶん理解できる。

映画の感想を投稿する

映画「死霊館エンフィールド事件」の商品はこちら