「海底47m 古代マヤの死の迷宮」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

海底47m 古代マヤの死の迷宮の紹介:2019年製作のイギリス&アメリカ合作映画。海底で人喰いザメに出くわす恐怖を描くパニックスリラーの第2弾。前作に引き続き、ヨハネス・ロバーツ監督がメガホンをとり、海の中に眠る古代遺跡をダイビングしていた女子高生4人組に襲いかかるサメの脅威が映しだされていく。ジェイミー・フォックスの娘コリーヌ・フォックスや、シルヴェスター・スタローンの娘システィーン・スタローンらフレッシュな若手女優が顔をそろえる。

あらすじ動画

海底47m 古代マヤの死の迷宮の主な出演者

ミア(ソフィー・ネリッセ)、サーシャ(コリーヌ・フォックス)、アレクサ(ブリアンヌ・チュー)、ニコール(システィーン・スタローン)、ベン(ダヴィ・サントス)、カール(カイリン・ランボ)、キャサリン(ブレック・バッシンジャー)、グラント(ジョン・コーベット)、ジェニファー(ニア・ロング)

海底47m 古代マヤの死の迷宮のネタバレあらすじ

【起】– 海底47m 古代マヤの死の迷宮のあらすじ1

海底47m 古代マヤの死の迷宮のシーン1

画像引用元:YouTube / 海底47m 古代マヤの死の迷宮トレーラー映像

プールの底から映した風景が出てきます。

制服姿の少女が水面から落ちてきました。突き落とされたようで、少女は仰向けに水へ落ちます。

その少女・ミアはいじめっこの少女・キャサリンに、プールに突き落とされたのです。

プールから出てくるミアを、プールサイドにいたクラスメイトは笑いました。

〔メキシコ ユカタン州〕

ミアはユカタン州の女子高校生です。

ミアの母は他界しており、父親・グラントは比較的最近に、再婚しました。

義理の母・ジェニファーと、義姉のサーシャはミアに親しく接してくれますが、ミアはまだ2人に対し、心を開けていません。

サーシャはミアと同級生です。

ジェニファーが迎えに来ており、ミアはサーシャとともに車に乗り込みます。

制服がずぶぬれなのを見たジェニファーが理由を聞き、ミアは車内で説明しました。

サーシャも見ていたので、ミアがいじめられているのを知っています。

ミアはこの土地が嫌いだとぼやきますが、現状を変えるのは難しいことでした。

ミアの父親・グラントは、考古学者です。

グラントは、このユカタン州の沖合にある遺跡を調べていました。

グラントには、ベンとカールという、若い男性助手がついています。

家に帰ってきたミアに、地下通路で見つけたというホホジロザメの歯を渡します。

父・グラントは週末に、ミアとサーシャの2人とダイビングをする約束をしていました。

しかし遺跡に新たな発見があったことで、グラントは欧州からやってくる考古学者チームを案内せねばならなくなりました。ミアやサーシャと遊ぶ約束はかなわなくなります。

代わりにグラントは2人の娘に、サメを見るツアーに参加すればどうかと提案しました。

船底にガラス窓が張られていて、海中のサメを見ることができるツアーがあると教えます。

ダイビングは来週末に延期して、今週末はそのサメツアーに行けばどうかとグラントは言いました。

ミアはしぶしぶ頷きます。

週末。

ミアとサーシャは、サメツアーへ行くために波止場へ出向きました。

波止場には、サメツアーに参加する予定の若者が集まっています。

その若者のなかに、いじめっ子のキャサリンを見つけたミアは、ブルーな気持ちになります。

波止場の横の道路に、サーシャの親友・ニコールとアレクサが乗る車が通りかかります。

彼女たちがサーシャをダイビングに誘いました。サーシャはミアを引き立てて、サメツアーではなくダイビングのほうへ行きます。

4人が着いたのは、森の中にある洞窟のようなところでした。

森のなかに大きな丸いくぼみができており、そこに、海へ通じる洞窟があるのです。

ニコールは、ボーイフレンドのベンが連れてきてくれたと言いました。

4人はそこへ服のまま飛び込むと、水面に設置されているイカダへ泳いでいきます。

イカダの上には潜水器材が置かれており、4人はそれを着用して海に入ります。

4人は、海中に沈んだ古代マヤの遺跡を見るために、海底の埋葬洞窟を探索しようとします。

アレクサが先導して、4人は海底へ潜っていきます。

アレクサは来た道が分かるように、ロープを持って移動していきます。他の3人もそのロープを掴んで、ダイビングで進んでいきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「海底47m 古代マヤの死の迷宮」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×