映画:狐怪談

「狐怪談」のネタバレあらすじと結末

ホラー映画

狐怪談の紹介:芸術学校で共にバレリーナを目指す女子高生が、その学校に伝わる”狐階段”に願いをかけたことで怪異に巻き込まれるという、2003年に公開された韓国のホラー映画です。ユン・ジョエン監督のデビュー作で、人気シリーズ女子高怪談の第3作目。親友の才能への嫉妬、トゥシューズにガラス片など往年の少女漫画的構図が新鮮な佳作です。

あらすじ動画

狐怪談の主な出演者

バレエ科ジンソン(ソン・ジヒョ)、ソヒ(パク・ハンビョル)、彫塑科ヘジュ(チョ・アン)、ユンジ(パク・チヨン)、舞踊科先生(ムン・ジュンヒ)、舞踊科長(チャン・スンヒ)、寮の舎監先生(コ・ジョンウン)

狐怪談のネタバレあらすじ

【起】– 狐怪談のあらすじ1

風の強い夜、寮の白い石段を登る女子高生。28段を登ったところで意を決したように次の段を登り願いを唱えます。「狐よ狐、永遠にいっしょにいさせてください」…。

ヨンファ芸術高校の校舎から学生寮に続く道には「願いの階段」「狐の階段」と呼ばれる28段の石段があり、真摯な気持ちで願いながら登ると29段目が現れて願い事が叶うという伝説がありました。けれど、引換えに狐の呪いが返ると言う部分は忘れ去られています。

ジンソンとソヒは、バレエ科の優秀な生徒です。2人は親友ですが、ジンソンは真面目な努力家で学生寮の寮生、ソヒは自由奔放な性格ですが、天性の才能に恵まれ、挫折した母の希望で幼い頃から徹底したバレエ教育を受けて来ました。

母親や学校でのプレッシャーから逃げるように、ソヒは時折、寮のジンソンの部屋に忍び込み、語り合い、ふざけ合って一緒に眠ります。そんな時決まって彼女は、私はジンソンがいればいい、ママもバレエも無い世界に行きたい、二十歳になったら一緒に暮らそうと言いますが、ジンソンは曖昧にうなづくだけです。

一方、彫塑科のヘジュは、オレンジのボサボサ髪で太って醜く、無邪気で滑稽な仕草は生徒たちのからかいの種です。ジンソンと同じ寮住まいですが孤独な夢想家で、地下倉庫の秘密基地でケーキを貪ったり、イラストを描いたり、憧れのソヒの持ち物をコレクションし、寮の部屋では食虫植物を育てるなど、独特の感性の持ち主です。

しかしソヒだけは、普通の友だちとして接し体操着を貸したりしますが、後日きれいに洗濯し可愛いティアラと一緒に返してくる彼女を好ましく思っていました。

バレエ科の練習ホールでは、間近に迫るバレエコンクールの優勝を目指し、今日も厳しいレッスンが続いています。出場者は校内の選考会を経てソウルのコンクールに出場、コンクールの優勝者はロシアへのバレエ留学が約束されています。舞踊科の教師をはじめ、皆ソヒに期待しています。

けれど、ソヒは、ジンソンと共に学校を抜け出しコンサートに行ってしまいます。後日、舞踊科指導の教師に厳しく叱られたのはジンソンだけでした。ソヒは、母親からの働き掛けもあり、選考会で選ばれる事がほぼ決まっており、難易度の高いジゼルを踊ることも事前に薦められていたからです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「狐怪談」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×