映画:貞子

「貞子」のネタバレあらすじと結末

貞子の紹介:2019年公開。「リング」「らせん」「リング2」などの、国民的な幽霊貞子が登場する「リング」シリーズの最新作。「貞子3D」「貞子3D2」とはストーリー上のつながりは見られず、「リング」「リング2」に出演していた佐藤仁美が当時と同じ役で出演していることから、「リング2」と同じ世界線で起きている出来事であると思われる。監督には、国内リング作品では「リング2」以来の復帰となる中田秀夫監督。

あらすじ動画

貞子の主な出演者

秋川茉優(池田エライザ)、石田祐介(塚本高史)、秋川和真(清水尋也)、少女(姫嶋ひめか)、祖父江初子(ともさかりえ)、倉橋雅美(佐藤仁美)、水溜りボンド(水溜りボンド)

貞子のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 貞子のあらすじ1

貞子のシーン1 とある団地の一つの家。その家の中のある部屋の入口には通常のドアの上に更に金属のドアが重ねられています。その部屋の中にはクローゼットがあり、そこにはチェーンと南京錠がつけられていました。そのクローゼットの中には一人の少女がいました。天井から吊るした日本人形が回るのを眺める少女。すると、外から物音が聞こえてきました。クローゼットのドアの隙間から外を見ると、少女の母親が赤いポリタンクを持って部屋に入ってくるのが見えました。母親は何も言わずにポリタンクの中の灯油を床に撒きだします。そして少女に向かって「ごめんね。あなたは貞子の生まれ変わり。生きてちゃいけないの」と言います。それを聞いた少女は慌ててクローゼットの扉を叩きますが、母親は応じません。ポケットからライターを取り出して火をつけようとします。「ごめんね」母親がそう言った瞬間、少女の眼付がガラリと変わり鋭くなりました。そして少女が手を前に出すとクローゼットの扉が吹き飛びました。その衝撃で母親は火のついたライターを床に落としてしまい、家じゅうに炎が広がりました。少女は人形を持ち、部屋を出ていきました。

総合病院の精神科の医者としての生活が始まった秋川茉優。先輩の医者からの指導も受けつつ、順調に生活を送っていました。しかし、そんな彼女の気がかりは、自身がカウンセリングを担当している中年女性の倉橋雅美。10代の頃から精神を病み、長年この病院に入院していましたが、最近退院してカウンセリングに通っているのです。茉優は今日も倉橋のカウンセリングを行うために自信のカウンセリングルームを訪れます。するとそこには既に倉橋がいました。茉優が体調を伺うと倉橋は笑顔で良好だと答えます。そして、おいしいカフェを見つけたから今度一緒に行こうと言い出します。茉優は、患者と密な関わりは持てないと言い断ろうとしますが、倉橋の圧に押されてはぐらかしてしまいました。
カウンセリング後、茉優は先輩の医師の黒川に注意を受けます。患者がカウンセラーに執着するのは何も異性に限ったことではなく、同性に対しても起こりうる事象であると説明します。茉優は黒川の注意をしっかり受け止めます。そこへ看護婦がやってきて、ひとりの少女が保護されたが、一言も話さないのだと言います。二人がその病室へ向かうと、ベッドの上に一人の少女が座っていました。右手には日本人形が握られています。茉優が「どこから来たの?」「お名前は?」と聞いても一言も発しません。不気味に思いながら、茉優は病室を出ました。

【承】- 貞子のあらすじ2

貞子のシーン2 入院している子供たちが集まる広場の近くを通った茉優は、子供たちがタブレットを観ながら大盛り上がりしていることに気づきます。気になった茉優が見せてもらうと、そこには動画サイトのある動画が再生されていました。そこには足つぼマットの上で縄跳びをする男が。子供たちはその滑稽な姿に笑っていましたが、茉優はその男を見て驚いていました。
喫茶店で茉優は弟の和真と会っていました。あの動画は何かと問いただすと和真は、今この動画サイトへの投稿に力を入れていると話します。動画制のコツを心得ている男と知り合い、チャンネル登録者数も着実に伸びてきていると話します。学校へは行っているのかと茉優が聞くと、和真は「辞めた。向いてなかった」と言いました。呆れる茉優。「学費誰が払ったと思ってんのよ」と怒りますが、そんな茉優に和真は「金はちゃんと返す」と言います。「そんな問題じゃない」という茉優に和真はこの動画に専念させてほしいと懇願します。仕方なく茉優は和真の活動を許しました。

茉優の悩みの種はもう一人、あの少女でした。この病院に入院して以降、相変わらず名前も名乗らず、食事もろくに取らないという状況が続いていました。そんなある日、病院に警察が尋ねてきました。先日ある団地で起きた放火事件の現場となった家で暮らしていた少女がこの少女なのではないかというのです。警察は茉優立ち合いのもと少女から情報を聞き出そうとしますが、なかなか口を開きません。そこで警察は、家から焼死体となって見つかった祖父江初子の写真を少女に見せました。すると少女は「お母さん、死んだの?」と聞きました。更に少女は、その家での生活の様子を話し始めました。日中はクローゼットに閉じ込められていたこと、母親が帰宅すれば出してもらえたこと。クローゼットの中には大量のお札が貼られていたこと。その異常な生活に茉優と警察は驚きます。

自宅で和真は石田という動画制作のアドバイスをする石田に、どうすれば動画再生数が伸びるのかを訊ねていました。石田は、同じようなネタが続けば飽きられるのは当然だと言います。そして、よく伸びるのは心霊ネタであると教えました。それを聴いた和真はすぐにネットで検索し、最近起こった放火事件の現場となった団地で動画撮影をすることにしました。

カウンセリング室にいた茉優の元へ電話がかかってきました。石田と名乗る男性からで、数日前から和真が行方不明になったというのです。茉優は石田と合流し、事情を聴きました。数日前に心霊動画をアップロードしてから、和真の様子がおかしくなり、行方が分からなくなったと聞きました。その夜、茉優は和真がアップロードした動画を視聴しました。カメラを持って火災現場に侵入する和真。そのうちの一部屋のクローゼットの近くに、南京錠が落ちていて中にはお札がたくさん貼られていました。その様子をみて、茉優はその家があの少女が閉じ込められ暮らしていた家だと確信しました。

【転】- 貞子のあらすじ3

貞子のシーン3 茉優は警察に行方不明届を出し、知り合いに電話をかけ和真の行方を捜していました。一週間ほど経った頃、遅くに病院から帰宅しようと茉優はエレベーターのボタンを押して待っていると、何か物音が聞こえてきます。音の方向を探ると、それはどうも茉優のカウンセリング室でした。茉優が向かうと、扉の前に倉橋が立っていて、鍵を開けようとしていました。茉優が声をかけると、倉橋はなぜ食事の誘いに応じなかったのかと激しい口調で非難してきます。茉優が落ち着かせようとしますが、倉橋はヒートアップします。そして、手に持っていたハサミを茉優に向けてきます。茉優が必死に逃げていると、倉橋は突然悲鳴を上げました。茉優が後ろを向くと、あの少女が鋭い目をして立っていました。倉橋は少女を見て「貞子か」とつぶやきます。茉優が事情を聴くと、倉橋は中学生のころ、友達が貞子という幽霊に殺されるところを目撃してしまい、精神を崩したのだと言います。そして貞子を思い出したとその場から逃げようとしますが、突然ロビーのテレビが着き、そこから髪の長い女がはい出してきました。その女を見て倉橋は「貞子だ!」と叫びました。そして気を失いました。貞子は続いて茉優の方へ近づき、腕を掴みました。その瞬間茉優も気を失いました。

茉優はロビーで目を覚ましました。奇妙な体験に怯えながらも、倉橋の言っていた、そして自分も目撃した「貞子」が和真の失踪に関係しているのだと直感します。そして茉優は石田に話を持ちかけます。倉橋から聞いた貞子の話をすると、石田は何か知っているようでした。詳しく聞くと、昔呪いのビデオというものが世に出回り、それを観たものは一週間後に貞子に殺されるといい、実際不可思議な死亡事件が多発していたと。そして、その呪いのビデオに映る井戸は、伊豆の大島にあると。茉優は石田とともに大島へ向かうことを決意しました。

【結】- 貞子のあらすじ4

貞子のシーン2 大島についた茉優と石田。島を駆け回り、夜になりようやくその井戸を見つけました。そこを覗いていると、茉優は誤って転落してしまいました。そこは井戸ではなく、下には洞窟が広がっていました。辺りを見渡し茉優。すると、何やら怯えるような声が聞こえます。声の方を見ると、そこには和真が座り込んでいました。和真に駆け寄る茉優。すると和真は「貞子だ...貞子だ...」と繰り返します。するとその瞬間、洞窟の中にあった小さな池から、貞子が現れました。そして、和真を引きずりこみます。追いかけてきた石田と共に茉優は必死に和真を引き上げようとしますが、和真は2人に「逃げろ!」と繰り返します。茉優は、たった一人の弟を失う訳にはいかないと必死に手を引きます。しかし、貞子にはかなわず、和真は茉優の手を離れて貞子に引きずられて池の奥へ沈んでいきました。

総合病院の病室。ある大部屋には誰も患者がおらず、ひとつのベッドだけがカーテンで囲まれていました。その中では、和真が貞子に襲われる様子を目の当たりにしてしまい、精神を病んでしたった茉優がベッドの脇に腰を下ろして震えていました。すると、カーテンの外に髪の長い女性のシルエットが浮かびます。次の瞬間、カーテンが開き、病院中に茉優の悲鳴が響き渡りました。

みんなの感想

ライターの感想

シリーズ初見の方でも問題なく理解ができる構成になっていて、誰でも楽しめるホラー映画になっていました。
  • ライターの感想さんの感想

    面白かった

  • Victor Clunieさんの感想

    ss主题

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「貞子」の商品はこちら