映画:進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇

「進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(4件)

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの紹介:2015年8月1日公開の日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題を呼び、第35回講談社漫画賞少年部門に輝いた諫山創の人気コミックを実写映画化。9月19日に後篇が上映予定。

あらすじ動画

進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇の主な出演者

エレン(三浦春馬)、シキシマ(長谷川博己)、ミカサ(水原希子)、アルミン(本郷奏多)、ジャン(三浦貴大)、サシャ(桜庭ななみ)、サンナギ(松尾諭)、フクシ(渡部秀)、ヒアナ(水崎綾女)、リル(武田梨奈)、ハンジ(石原さとみ)、ソウダ(ピエール瀧)、クバル(國村隼)

進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①突如現れた巨人に人類が食われ、わずかに残った人類は100年以上前に三重に壁を築き、中で暮らしていた。一番外の壁に暮らすエレンは外の世界を見たいと思っていた。ある日モンゼン地区が襲われ、エレンの幼馴染みの女性・ミカサとエレンははぐれる。 ②2年後エレンは壁外修復のチームに入っていた。ミカサと再会を喜んだのもつかのま、ミカサにはシキシマという親密な関係の男性がついていた。壁外修復のチームは巨人に襲われ、エレンは巨人に食べられる。 ③エレンが腹の中で「駆逐してやる」と思った瞬間、エレンは巨人化して他の巨人を倒す。多くの謎を残したまま後篇へ。

【起】– 進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇のあらすじ1

進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇のシーン1

画像引用元:YouTube / 進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇トレーラー映像

…100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半は喰われ、文明は崩壊しました。

わずかに生き残った者たちは、高い壁を三重に築き、その内側で暮らし始めます。

三重の壁の一番内側は富裕層が暮らし、二番目の壁の中には商業地区、三番目は農業地区(モンゼン)です。

青年・エレンは幼少期に両親を亡くし、以来、生きる意味も目的もなく、職場を転々として暮らしていました。エレンの親友はアルミンとミカサです。

両親がナタネ油の精製をしている油屋の息子・アルミンは、発明や修理が好きな青年です。ミカサは染物屋の娘でした。

ある日、謎の老人(ぼろきれをまとったクバル)にぶつかったアルミンは、エレンを探してミカサのところへ行き、2人でエレンを探します。

エレンは不発弾の上に立って、空を見上げていました。この壁の中でしか暮らせない自分たちを憂えたエレンは、アルミンとミカサに「将来、何したい?」と聞くことで、決められたレールの上でしか生きられない自分たちを嘆きます。

壁の中で生まれて死んでいくことに疑問を感じ「それでいいのか。俺は嫌だ」と言ったエレンは、自分は不発弾と同じだと感じました。やけになって不発弾を蹴ると、弾の泥が剥がれてビキニ姿の女性のイラストが現れます。

3人は壁の外に「海」という存在が本当にあるのだと知りました。「海」という言葉も結局口伝えの知識だけで、3人は見たことがありません。

壁の外を見たいと思った3人は、壁の側まで移動しました。

壁の近くは常に警備員が監視しており、近づけません。それでも警備の目を盗んでエレンとミカサ、アルミンは行きました。移動途中にミカサがくしゃみをし、エレンは自分のマフラーをミカサにかけます。

警備員に見つかって殴り合いになったエレンは、ソウダに制止されました。ソウダはエレンの両親の親友で、エレンのことも昔から知っています。

エレンの訴えを聞いたソウダは「壁の存在に気づいた者にとっては、天国(壁の外)と牢獄(壁の内)になる」と言いつつも、外に出るなと言いました。

そしてエレンに、過去に一度全滅したため中止になった壁外調査が再開されることと、調査隊が結成されることを告げます。壁の外に出たければ、調査隊に入れと暗に言いました。

その時、轟音と共に振動が襲い、壁が崩れます。衝突音と唸り声が聞こえ、エレンが思わず見上げると、壁よりも大きな巨人(超大型巨人)が現れて、壁を蹴って穴を開けました。エレン、ミカサ、アルミン、ソウダは逃げます。

アルミンの家の方に崩れた壁の破片が飛んで行き、ソウダは砲撃用意の命令を下しました。開いた穴から巨人たちが入ってきて、代わりに超大型巨人は姿を消します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「進撃の巨人(ATTACK ON TITAN)実写前篇」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×