映画:隙魔

「隙魔」のネタバレあらすじと結末

隙魔の紹介:2005年に公開された日本のホラー映画です。主演は野村恵理氏で、名女優の山口美也子氏、現在は声優として活動している小倉唯氏が出演しています。制作協力しているのは円谷エンターテイメントです。「ウルトラマン」で有名な円谷プロの円谷粲氏が独立して作り上げた会社「円谷映像」を前身としています。そのため円谷とはついていますが、実際のところ、円谷プロは設立には一切携わってはいません。そして本作の特徴はストーリー重視の作品ということです。

あらすじ動画

隙魔の主な出演者

ルミ(野村恵里)、ルミの母(山口美也子)、サエコ(米里友利)、ユキ(小倉唯)

隙魔のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 隙魔のあらすじ1

隙魔のシーン1 後ろから女の子が走ってきて、背中をポンポンと叩かれても、決して立ち止まってはいけない、振り向いてはいけないと言われていました。なぜなら振り向いてしまえば3日後に必ず死ぬという噂があったからです。

女子高生のルミは友達から高層団地の噂を聞かされました。2つの規則の他に、決して鏡を見てはいけないというものもあります。振り向いたら別の物になっているため、鏡を見たら別の人間が映っていると、友達は話しました。
これらは高層団地の隙間に落ちた女の子の霊の仕業だと噂されています。
話を終えた直後、ルミと友達は息遣いを感じました。怯えるルミの肩を叩いたのは男性で、どういうわけか彼女のカバンからコンビニの商品が出てきたのです。

ルミは店員の男性に連行されました。彼女は万引きはしていないと容疑を否認します。
店員の男性は両親に電話しろと言いますが、ルミの母親は夜遅くまで仕事をしており、父親は出張中でした。
ルミはサエコ先生に連絡します。サエコ先生は絶対に万引きをしていないと言い、ルミは解放されました。
その帰り道、ルミとサエコ先生は女の子の息遣いを耳にします。噂を思い出したルミは振り向かないでと叫びますが、噂のことを知らないサエコ先生は振り向いてしまいました。
後ろには女の子が立っています。女の子は25棟はどこですかと尋ね、サエコ先生は彼女を道案内することにしました。
ルミはサエコ先生と別れます。その際、変な女の子だったなと呟き、すれ違った男の人が少しだけ反応しました。
そうして歩いていると、再び息遣いが聞こえ、ルミは振り向いてしまいます。
どういうわけか先ほど別れたはずのサエコ先生と女の子、すれ違った男の人が彼女を見ていました。

自宅に帰ったルミは、母親から「万引きをする子ではないって信じてるから」と言われます。ルミが事務所に連れて行かれるところを見ていた近所の人が、母親に話したのでした。
その後、ルミは友達と電話します。その最中、クローゼットの扉が勝手に開き、ルミはひきつった表情を浮かべ、扉を閉めました。

【承】- 隙魔のあらすじ2

隙魔のシーン2 水の音が聞こえ、ルミは風呂場に行きます。水は流れていませんでした。
すると何かが割れるような音が響き渡ります。クローゼットの扉がまた開いていました。
ルミは家の外に出て、音の方向を目指し、屋上にたどり着きます。音は建物と建物の隙間から聞こえていたのです。
そのとき「お姉ちゃん」という言葉が聞こえました。彼女は振り向きたくないと怯えますが、後ろにいたのはサエコ先生と迷子になっていた女の子だったのです。
サエコ先生は「ルミちゃんにもこの音が聞こえるのね」と話しかけ、他の人には聞こえないみたいと口にします。
すると今度は男の人が現れました。ルミはサエコ先生たちも肩を叩かれて振り向いたんでしょと話しかけ、高層団地で語られている噂を口にします。
サエコ先生は信じず、女の子のユキちゃんを連れて帰ろうとします。
その直後、男の人が音に導かれるように隙間に近づきました。ルミが気付いたときには、男の人の姿は見えなくなっていたのです。

警察がやってきました。サエコ先生は男の人が落ちたところを見たと言います。
警察官が隙間に入って調べますが、男の人の姿はなく、サッカーボールが落ちているだけでした。
ルミは隙間には沼地でもあるのかと尋ねます。警察官はそんなものはなかったと答えました。
ルミは警察官の服が濡れていることに気付いていたのです。警察官はおかしいなと首を傾げました。

家で目覚めたルミは、観葉植物の位置が変わっていることを疑問に思い、母親に聞きます。
母親は「警察を呼んだり、部屋で寝たくないと言ったり、万引きしたりして、あなたおかしいわよ」と言うだけでした。
彼女はクローゼットを見に行き、扉を開けますが、何もありません。その代わり隙間に入って取れなかったはずの飴玉が床に転がっていました。

ルミは友達におかしなことが起きたと話しますが、冷たい態度で疲れているだけだと突っぱねられてしまいます。

【転】- 隙魔のあらすじ3

隙魔のシーン3 コンビニの前を通ったルミは、店員から母親が万引きの件について謝ったことを聞かされました。
男子生徒から電話が掛かってきて、「万引きしたんだって?」と尋ねられます。万引きの件はすでに広まっていたのでした。
家に帰ったルミは、部屋にピアノがないことに愕然とします。母親は下の階から苦情が来て処分したと言いました。
酷いというルミに対し、母親はピアノの音がずっと嫌いだったと本音を吐露します。

ルミは父親に電話して、母親がピアノを勝手に処分したと愚痴をこぼします。毎日電話しているのにこういうことは話さないルミに、父親は何の話だと返しました。電話口から赤ん坊の泣き声が聞こえます。

ルミは「どうして離婚したことを話さなかったの」と母親を問い詰めます。彼女の両親は1年前に離婚していたのでした。
母親は近所の目を気にして内緒にしており、毎日父親と電話していたのはただの独り言だったのです。
ルミはお母さん変だよと言い、母親は変なのはルミのほうだと返しました。
その直後、何者かにズボンのポケットを触られます。捨てたはずの飴玉が入れられました。
怯えるルミを見て、母親は「あなた変よ」と口にします。

眠っていたルミは雨が降る中、建物と建物の隙間を通る夢を見ました。目覚めた彼女はクローゼットの扉が開いていることに気付き、何者かに首を絞められる錯覚に陥ります。

次の日、学校に向かったルミは背後から抱きつかれます。後ろには誰もいませんでした。
その後、サエコ先生に肩を叩かれ、話をすることになります。サエコ先生は噂について調べており、6年前、ななみという女の子が隙間に落ちて死んだという事実を掴んでいました。
精神を病んだ母親が娘を突き飛ばしたという噂があり、彼女はその後失踪しています。
その母娘の部屋には、今では痴呆症の爺さんが暮らしていました。
サエコ先生は迷子になっていたユキちゃんこそが、ななみではないかと考えています。年齢も同じで、ユキちゃんの手は冷たいものでした。
サエコ先生は男の人が、何者かの手によって落とされたことを目撃していたのです。
何とかするといって駆け出したサエコ先生は車に轢かれて、死んでしまいました。

サエコ先生は付き合っていた人にフラれて、自殺したのではないかとの噂が生徒の間に広まっていました。
その噂話を耳にしたルミは団地に行き、階段を上ります。突然衝撃音が響き、階段ががたがと揺れ始めました。怖くなったルミは、その場を離れます。

【結】- 隙魔のあらすじ4

隙魔のシーン2 ユキちゃんが公園でポツンと座っていました。ルミは話しかけます。ユキちゃんはお母さんを待っていると答えました。
ユキちゃんは「あれからいつも後ろに誰かがいる気がする」と言います。彼女もまたお母さんが別人のようになっていると感じていました。
「もう止めなさい」とブツブツ呟きながら、おじいさんがやってきます。おじいさんは誰もいないブランコを押し始めました。
ユキちゃんはおじいさんのことを知っていました。いつものことだというユキちゃんを連れ、ルミはお母さんがやってくるまで、一緒にいることにします。
ルミはサエコ先生が死んだことを伝え、すべてはたまたまだと自分に言い聞かせるように語り始めます。
サエコ先生は恐怖に押しつぶされて死んだだけ、男の人は家に帰っただけだと、ルミは言いました。

ルミはユキちゃんを連れ、家に帰ります。しかしそこには別の人が住んでいました。彼女は部屋を間違えてしまったのです。
生まれてからずっと団地に住んでいたルミは、部屋を間違えるはずがないと怯えました。
今度こそ家に帰り、ルミは怖いことなんてないと言い聞かせつつ、手を洗います。彼女は鏡を見ていました。背後に白い服を着た少女が立っています。
叫び声を上げた彼女は、リビングで待つユキちゃんの元に向かいました。ユキちゃんは様子のおかしいルミに怯え帰ろうとしますが、羽交い絞めにされてしまいます。
ルミの脳裏に記憶が過ぎりました。万引きをしたこと、男の人を突き落としたこと、サエコ先生を車に向かって突き飛ばしたこと、幼い頃に隙間に落とされたこと。

ルミの母親は誰もいない空間に向かって、「あなたを信じてるから」と口にしました。

我に返ったルミは「私は私よ」と叫びます。その隙を突いて、ユキちゃんは逃げ出しました。
公園に行き、「怖いことなんて起きてない」と呟きます。ユキちゃんの背後で、おじいちゃんがもう止めてくれと言いました。

ルミは屋上に行き、隙間を覗き込みます。「私はななみじゃない」と言い続けるルミの前に少女が現れました。
ルミは「良かった。私は私だった」と安堵した表情を浮かべ、少女の手に引かれ、隙間に落ちてしまいます。
その様子をおじいちゃんとユキちゃんが見ていました。おじいちゃんは「子の子だけは連れて行かないでくれ。ななみ」と叫びます。

少年たちがサッカーで遊んでいました、サッカーボールが隙間に飛び込みます。取りに行った少年の肩を少女が叩き、彼は振り向いてしまいました。

みんなの感想

ライターの感想

分かるようで分からないストーリーという感じです。説明が足りてないというか、シーンだけで見せようとしているため、見ている側としてはどう解釈すれば良いのかよく分からないのです。もう少し説明してくれれば、面白い作品になっていたかもしれません。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「隙魔」の商品はこちら