映画:隣の家の少女

「隣の家の少女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

隣の家の少女の紹介:2007年制作のアメリカ映画。実際の少女監禁事件をモチーフに書かれたジャック・ケッチャムの同名小説を映画化したサスペンス・ホラー。監督は本作が長編2作目となる新鋭グレゴリー・M・ウィルソン。出演は「僕たちのアナ・バナナ」のブライス・オーファース、「キル・ミー・テンダー2 笑って殺して!?」のブランチ・ベイカー、「フィクサー」のオースティン・ウィリアムズなど。

あらすじ動画

隣の家の少女の主な出演者

メグ(ブライス・オーファース)、デイヴィッド(ダニエル・マンチ)、ルース・チャンドラー(ブランチ・ベイカー)、ウィリー・チャンドラー・ジュニア(グレアム・パトリック・マーティン)、デイヴィッド〔成人〕(ウィリアム・アザートン)、ダニー・チャンドラー(ベンジャミン・ロス・カプラン)、スーザン(マデリン・テイラー)、ウーハー(オースティン・ウィリアムズ)、モラン氏(グラント・ショウ)、モラン夫人(キャサリン・メアリー・スチュワート)

隣の家の少女のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①デイヴィッド少年の隣家に、交通事故で両親を失ったメグ&スーザン姉妹が引き取られた。デイヴィッドはメグと心を通わせるが、息子を3人持つ隣のルース夫人はメグを虐待し始める。 ②ルース夫人の虐待はエスカレートし、デイヴィッドはメグを逃がそうと考える。計画は失敗、メグは虐待されて死亡した。

【起】– 隣の家の少女のあらすじ1

隣の家の少女のシーン1

画像引用元:YouTube / 隣の家の少女トレーラー映像

〝実話に基づいた物語〟

ウォール・ストリートで働くトレーダーのデヴィッド・モランは、50歳を過ぎた中年男性です。

2度の結婚を繰り返しましたが、子どもはいません。

郊外に家を持ち、都心にはマンションを持つ、裕福な男性でした。

ある日、老人がひき逃げに遭う現場に居合わせたデヴィッドは、急いで駆け寄ると姿勢を保ち、老人に人工呼吸を施しました。

救急車で運ばれていく老人を見送りながら、デヴィッドは、2人目の妻に「痛みを知っているか」と質問したときのことを思い出します。

2人目の妻は、19歳の時に猫のケンカに入り、太もも、お腹、胸に傷を負いました。

30針を縫い、何日も高熱が続いた状態を、妻は痛みと言っていました。

それを聞いたデヴィッドは、何も分かってはいないと思っていました。

本当の「痛み」とは、それとはまるで違うのだと、デヴィッドは1958年の夏のことを思い出します。

1958年から、デヴィッドの人生は少しずつ狂い始めたのでした…。

〔1958年 夏〕

アメリカの郊外、リビングストン。

自然が豊かなその町で、12歳のデヴィッドは川へ行き、ザリガニを捕っていました。

そこへ見知らぬ少女がやってくると、ザリガニを見せてくれと言います。

少女はメグ・ラフリンと名乗りました。

会話の端々で、メグはニューヨークで暮らしていたことが分かります。

ザリガニを触るメグの腕には傷があり、デヴィッドがそのことについて触れると、メグは交通事故に遭ったと話しました。

両親はその事故で他界し、メグと妹・スーザンはケガをしていました。

孤児になったメグとスーザンは、デヴィッドの隣家のルース・チャンドラーが引き取っていると、デヴィッドは知ります…。

最初デヴィッドはうれしく思いました。

それというのも、かわいらしいメグが隣人になるわけですから、これから楽しく付き合っていけると考えたのです。

デヴィッドはメグに一目ぼれしていました。うきうきしています。

ところが、楽しい時間は持てないと、すぐにデヴィッドは知ることになります。

デヴィッドのお隣は、ルース・チャンドラーという中年女性と、ルースの息子、ウィリー、ドニー、ウーファーがいました。

もともと、この町は小さいので、子どもたちはみんな顔なじみです。

悪さをしたい年ごろの子どもたちですが、町が小さいので、住民はみんな顔が知れていました。

タバコ、ビール、試してみたいものを許してくれるのは、町ではルースだけです。

それもあり、ルースは子どもたちに人望がありました。

隣家へ行ったデヴィッドは、そこでドニーと話をします。

前の日にメグから聞いたとおり、メグたち姉妹は本当に、チャンドラー家に引き取られていました。

メグとスーザンは、ドニーたちとは「はとこ」の間柄です。

メグたちはクライスラーという車に轢かれていました。

メグは歩けますが、スーザンは足を怪我しており、足に装着する松葉づえをつけています。

遊園地でメグと再会したデヴィッドは、メグを誘って観覧車に乗りました。

夢のような時間を過ごしますが、メグは「早く帰らないと、ルースに叱られる」と言います。

思春期にさしかかるデヴィッドたちは、女の子に興味を持ち始めていました。

チャンドラー家の3人の子ども、ウィリー、ドニー、ウーファーと、近所の少年・エディと、デヴィッドの5人は、秘密基地で話をします。

女の人の体に興味を持つデヴィッドたち少年5人は、メグの着替えを見ようとしましたが、チャンスは外しました。

翌日。

ルースは庭にいる天幕毛虫という大きな毛虫の巣を、炎で燃やせと命令します。

ルースはたいまつを巣に近づけますが、メグは、虫をこわがって嫌がりました。

いうことをきかないと、ルースはメグに怒ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「隣の家の少女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ