映画:霊界の扉ストリートビュー

「霊界の扉ストリートビュー」のネタバレあらすじと結末

霊界の扉 ストリートビューの紹介:2011年に公開された日本のホラー映画です。ストリートビューにまつわる都市伝説をテーマに据えた作品となります。本作に登場するストリートビューの写真は、実際のストリートビューでも閲覧できるそうです。まさにネット時代を反映したホラー映画だと言えるでしょう。ちなみに監督の古賀奏一郎氏はホラー映画を数多く手掛けている人で、主演の小野まりえ氏はホラー映画が大の苦手だそうです。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

霊界の扉ストリートビューの主な出演者

亜子(小野まりえ)、真菜(青木梨乃)、佐知(亜矢乃)、葵(伊藤星)、真部(日和佑貴)

霊界の扉ストリートビューのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- 霊界の扉ストリートビューのあらすじ1

霊界の扉ストリートビューのシーン1 亜子は母親から妹の真菜を起こしてきてと言われます。彼女は妹の部屋に向かいますが、真菜の姿はどこにもありません。パソコンの画面には廃墟が映っています。「お姉ちゃん」と呼ぶ声が聞こえますが、周囲には誰もいませんでした。

亜子は出かけます。彼女は大学のパソコン室にて、親友の佐知と話をしました。
佐知はパソコンで部屋を探しています。彼女は弟が3人いるため、弟が1人くらい出て行ってくれたらなと言いますが、亜子の妹が行方を眩ませたことを思い出し、すぐに「ごめん」と謝りました。
亜子は「ううん」と言い、パソコンに映っているものは何かと聞きます。佐知はストリートビューだと答え、亜子は自分の家も調べられることに驚きました。

亜子は家に帰ります。母親は真菜がいなくなったショックでボーっとしていました。
亜子は妹の部屋に向かい、パソコンの履歴を調べます。真菜は最後にストリートビューを見ていました。その画面を確認すると、建物の入り口に男性の姿が映り込んでいます。
直後、母親が部屋に入ってきました。母親は真菜は家出ではなく、さらわれたに違いないと主張します。呆れた亜子はパソコンを持って部屋を出て行きました。

亜子は佐知とお店で会い、妹がストリートビューを見ていたことを話します。佐知は真菜も部屋を探していたのかなと言いました。
そのとき亜子は建物の入り口に映っていた男性が、少し移動していることに気付きます。佐知は動画じゃないんだからと言いますが、亜子が見ている前で、男性が移動するという不可思議な現象が起きました。

亜子と佐知は不動産屋を訪ね、半年前に若い女性から何か連絡はなかったかと聞きます。不動産屋はなかったと答え、亜子と佐知はストリートビューに映っていた建物を観に行きたいと申し出ました。

建物に向かう道中、亜子はとある少女に出会います。少女は何も言わずに去っていき、亜子と佐知は建物に足を踏み入れました。

亜子たちは壁に描かれた奇妙な絵を見つけます。その絵に触った時、建物の電気が消えました。彼女はすぐに建物の外に出ます。

亜子は佐知と別れ、先ほど出会った少女に話しかけました。少女の髪を整え、ヘアゴムをあげます。

【承】- 霊界の扉ストリートビューのあらすじ2

霊界の扉ストリートビューのシーン2 少女と別れた亜子は家に帰ります。おじいちゃんが怪奇現象ファイルを見ていました。亜子はヤラセに決まってるとテレビを消します。

亜子は友達の佐知から、オカルトマニアだという真部を紹介されます。真部はストリートビューに妙なものが映るとネットでは噂になっていると話しました。

家に帰った亜子は、少女にあげたはずのヘアゴムがあることに気付きます。母親曰く、少女が返しに来たとのことでした。家の場所は教えてないのにと、亜子は驚きを隠せません。

亜子は公園に行き、今度は別のヘアゴムをあげました。どうして家が分かったのかという問いに、少女は教えてあげるとどこかへと向かいます。その道中、少女は亜子とは違うお姉ちゃんから教えてもらったと言いました。
目的地にたどり着いた少女は、亜子にダンボール箱を渡します。その中には不気味に笑う人形が入っており、亜子は驚きのあまり、箱を落としました。
すると少女が亜子を指差して笑います。亜子は指を差さないでと怒鳴り、「そんなんだから友達ができない」と足早に去りました。

自室で眠りに着いた亜子は、物音で目が覚めます。消えたはずの真菜が本を読んでいました。しかしすぐに消えてしまいます。

亜子は1人、パソコン室で作業をしています。入り口に不気味な男が立っていました。
亜子は何者かの気配を感じて振り向きますが、誰もいません。パソコン室の外に出て人影を探すと、オカルトマニアの真部に出会います。

亜子は真部に妹が消えたことを話しました。すると真部が「この世界には表と裏があって、それぞれを行き来する窓みたいなものがある」と語ります。ぽかんとする亜子を見て、真部は「もちろん妄想だ」と言って去りました。

【転】- 霊界の扉ストリートビューのあらすじ3

霊界の扉ストリートビューのシーン3 家に帰った亜子は、母とおじいちゃんがパーティーを開いているのを見て、一体何をしているのかと驚きます。亜子は真菜がいないのにと悲しくなり、部屋に戻りました。

大学にいた佐知は手鏡越しに不気味な男の影を見て、後を追いかけます。そうしてたどり着いた先の部屋で、パソコンが起動していました。その画面には、パソコンを覗き込む佐知が映っています。
佐知が辺りを見渡すと、部屋の電気が消えました。半透明の男の影が徐々に近づいてきて、佐知の眼前に現れます。

亜子は公園に行き、「この前は言い過ぎた」と少女に謝ります。石で奇妙な絵を描いていた少女は「チーズバーガーが食べたい」と言い、亜子は買ってあげました。
亜子は名前を訪ね、少女は葵と答えます。葵は「チーズバーガーありがとう」と去っていきました。

大学に登校した亜子は、真部から佐知と3日も連絡が取れなくなっていると聞かされます。亜子は妹の真菜がいなくなったときと状況が似ていると、喫茶店にて、真部にストリートビューの写真を見せました。
すると真部は空家なんかどこにもないと言います。驚いた亜子が写真を見ると、そこには喫茶店が映っていました。
真部は今いる喫茶店だと気付きます。2人が見ている前で、写真の男の影が動き、そのまま消え失せました。
階段を上ってくる音が聞こえたため、男ではないかと身構えますが、やってきたのはただの客でした。
真部は自分たちの考えすぎで、誰かのイタズラの可能性もあると口にします。その直後、喫茶店のウエイトレスが叫び出し、白目を向いて倒れました。

亜子は真部に送ってもらいます。真部は「明日じっくり考えよう」と言って、帰っていきました。

【結】- 霊界の扉ストリートビューのあらすじ4

霊界の扉ストリートビューのシーン2 自室に戻った亜子は、動物の死体のようなものを踏みました。驚く亜子の耳に、今度は不気味な笑い声が届きます。部屋の窓に、葵が見せてくれた人形がぶら下がっていました。
亜子は急いで階下に降り、おじいちゃんに誰か来たか尋ねます。おじいちゃんは可愛らしい女の子が来たと答えました。

亜子は外に飛び出して走り、葵に追いつきます。葵に向かって、亜子はヘアゴムをあげたのが迷惑だったのか、嫌なら捨てればいいじゃないと怒鳴りました。
すると葵は「お姉ちゃんの妹だったよ」と不思議な言葉を口にします。葵は「お話しできる。声が聞こえる」と明かし、じゃあねと去っていきました。

亜子は大学に行き、真部に話があると持ち掛けます。真部はウエイトレスが自殺したことを伝え、ストリートビューに映っていたのは裏側の住人で、裏の世界を覗いた俺たちも危ないと訴えかけました。
亜子は「所詮オカルトオタクなのね」と言って去ります。

家に帰った亜子は、葵が行方不明になったというニュースを見ました。そのまま亜子は公園に向かい、誰もいないのに揺れ動くブランコに向かって、「あなたも裏の世界に行ったの?」と話しかけます。
葵は「そうよ」と答え、真菜と佐知は戻りたくないと言っているから返すことはできないと口にします。そんなわけないと怒鳴る亜子に、葵は「お姉ちゃんも本当は連れて行ってもらいたかったりして」と笑いました。

自室で寝ていた亜子は、パソコンが起動した音で目覚めます。ストリートビューに映っている建物に真菜の姿がありました。
亜子はすぐに家を飛び出して、その建物に向かいます。建物に入った亜子は、真菜に帰ろうと呼びかけました。
子供の笑い声が響き渡ります。2階に向かった亜子は半透明の男の影に襲われ、窓から飛び降りました。

ふと気が付くと、亜子は家のベッドで寝ていました。家には誰もいません。
亜子は家の外に出て歩き回りますが、いつまで経っても人影が見えません。彼女の歩き回る姿は、ストリートビューの画面に映っていました。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

ストリートビューを見た人が襲われるのなら、どうしてウエイトレスまで犠牲者になったのか不思議です。葵という少女も一体何者なのか不明ですし、真部が無事っぽいのも解せません。いろいろとツッコミどころがある話だなと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「霊界の扉ストリートビュー」の商品はこちら