映画:食人雪男

「食人雪男」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

【結】– 食人雪男のあらすじ4

食人雪男のシーン4

画像引用元:YouTube / 食人雪男トレーラー映像

(以後、化け物のことを「イエティ」表記に統一します)

ケガをしたイエティは、自分の体に雪男草を塗り込みます。するとケガはあっという間に回復します。

ヘレン博士とロバートは歩いていますが、病気があるヘレン博士は頭痛に悩まされます。目的の場所に着いたヘレンは、ビーコンを打ちました。あとはサラたちのを待とうといいます。

するとロバートが銃をヘレンに向けます。ロバートは、雪男草のことはどうでもいいと言います。妻子の存在や娘の病気の話はすべて嘘でした。ロバートの目的は、イエティの血なのです。裏切ったロバートはヘレンの太ももを撃つと、ヘレンからマーティン博士の日誌を奪って置き去りにしてイエティを探し始めます。

サラ側もビーコンの設置が完了しました。しかしコードが切れていることにピートが気づきます。ピートはコードを繋ぐ作業をしていて、接近してくるイエティを見つけました。銃を連射しますが、イエティは撃たれてもひるむことなくピートに近づきました。ピートは逃げます。襲われるピートを見たサラは、とっさにイエティに光を浴びせながら近づきました。イエティは光を嫌って逃げ、サラはピートを助けます。

イエティの弱点が光だと気づいたサラは、電力を確保しようと考えます。電波が届いていないエリアが特異点だと気づいたサラは、そこにイエティも雪男草もあると確信します。

ケガをしたピートは、サラを逃がそうと決めます。自分が遭難信号を出すと言い、発電機を確保してくれと言いました。ピートはサラをかばい、イエティに首を噛まれて亡くなります。サラは逃げました。

ヘレンは太もものケガの止血をしたあとでポケットを探り、マーティン博士の日誌のページを見つけます。落丁しかかっていた日誌の一部のページが、ポケットに残っていたのです。そこに雪男草のありかが書かれていました。「西に向かい平地へ出ろ」という言葉を頼りに移動します。同じ頃、サラも西へ向かっていました。

ヘレンが雪男草のある場所にたどり着きました。そこにロバートがヘレンを見つけ、捕まえると暴力を振るいます。ロバートは草を燃やそうとしますが、そこへサラが到着します。さらにイエティもやってきました。

イエティはロバートの銃弾を受けてひざまずきます。仕留めたと思ったロバートは近づきますが、イエティは不死身に近い状態でした。ロバートは襲われて顔の肉をむしられて、死にます。イエティはさらに、ロバートの背中の肉もむしります。

サラに雪男草を持っていくよう告げた博士は、イエティに襲われます。サラは発煙筒を持っていたので助かります。そのままサラは気絶しました…。

…目覚めたサラは、保護されていることに気づきます。どうやら特異点にたどり着き、現代に戻れたようです。

現地の女性・カーソン巡査がサラに、こんな悪天候のときに山へ行くなんてと注意しました。こんな嵐の夜は「イエティの夜」と現地では呼ぶらしく、入山禁止なのだそうです。

ここは何という町なのかとサラが聞くと「名前はない」という答えがかえってきました。「恐竜でも出そうだから、それらしい名前が欲しいわね」と巡査は答えます(次回作の伏線?)。

無事に戻れたことを安堵したサラは、ふところに隠し持っていた雪男草の花を出しました。現代に戻っていますが、サラの耳にはイエティの吠える声が聞こえた気がしました。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「食人雪男」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×