映画:黒い乙女A完結

「黒い乙女A完結」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

黒い乙女Aの紹介:2019年製作の日本映画。「血まみれスケバンチェーンソーRED」などに出演し女優業を本格化させる元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈主演のホラー。裕福な宇田家に引き取られた孤児の芽衣。先に養子に迎えられていたラナと親しくなるが、宇田夫妻の秘密を知り…。『黒い乙女Q』の続編。

あらすじ動画

黒い乙女A完結の主な出演者

芽衣(浅川梨奈)、宇田健一郎(和田聰宏)、宇田ナオコ(三津谷葉子)、長谷川(松嶋亮太)、院長(しゅはまはるみ)、堀井元(村松利史)、騒音おばさん(安藤なつ)、(笹野鈴々音)、ラナ(北香那)

黒い乙女A完結のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①17歳の孤児の少女・芽衣は、宇田夫婦に引き取られてラナと親しくなる。ラナの作戦で宇田夫妻を殺したと見せかけたが、シンの黒幕はラナだった。ラナに従わない芽衣は蔵に閉じ込められる。 ②芽衣は不死身の身体を持つ少女だった。お多福様に操られていたラナと宇田夫妻を殺し、芽衣は屋敷を去った。隕石はラナが死ぬとともに消滅。

【起】– 黒い乙女A完結のあらすじ1

黒い乙女A完結のシーン1

画像引用元:YouTube / 黒い乙女A完結トレーラー映像

(この映画は『黒い乙女-Q-』『黒い乙女-A-』の二部作です。

そのため、この作品だけでは明かされていない内容があります。

特に今作品は、『黒い乙女―Q―』を補完する形でストーリーが進んでいきます。

作品を知った前提で、要所要所を補う内容となっていますこと、ご了承ください)

17歳の孤児の少女・芽衣は、宇田夫妻に引き取られました。

宇田夫妻は前日に、ラナという少女を引き取っています。

ラナと話をすると、共通項が多いことが分かり、芽衣はラナと親しくなりました。

芽衣とラナはつかの間、宇田夫妻の元で幸福な暮らしをします。

ところが宇田夫妻の事業が失敗し、どちらかひとりが施設に戻されることになりました。

直後から、宇田夫妻の愛車が傷つけられたり、花瓶が割られたりします。

ラナの松葉づえが壊されたことで、芽衣に嫌疑がかかりました。

…事業の失敗は嘘でした。

少女たちを絶望させ、仲間割れする様子を見るのが夫妻の狙いと知り、ラナと芽衣は夫妻を殺害します。

罪悪感を抱いた芽衣は自首しようと言いますが、ラナに監禁されました。

ラナが黒幕だったのです…(映画『黒い乙女―Q―』参照)。

左手の人差し指の爪と皮膚のあいだに、爪楊枝を差し込まれている少女がいました。

爪楊枝を差し込んでいるのは、中年男性です。

「これでほんとに、痛(いた)ないの? ほな、もう1本いこな」

父親代わりの男性は、少女の人差し指に爪楊枝を刺した後、今度は中指に爪楊枝を刺します。

帰宅した少女の母がそれを見て、男性に対して怒りました。

しかし男性は、少女が痛いというかどうかの確認をしていると言いながら、フライパンで少女を強く殴ります。

倒れた少女は、そこにあった裁ちばさみで男性に反撃しました。

灰皿を手に取った少女は、母親を殴ると、さらに男性に振り下ろします。

両親を殺した少女・芽衣は、リモコンで音楽を鳴らすと、モーリス・ラヴェルの名曲『ボレロ』を口ずさみながら、折れた首をもとに戻します…。

(幼少期の芽衣のシーンにより、芽衣は不死身だということが暗示されている)

教会の手前にある庭に置かれたブランコで、17歳の少女・芽衣が『ボレロ』を、鼻歌でくちずさんでいます。

宇田夫妻はその頃、院長と話をしていましたが、宇田夫妻といっしょにやってきたラナは、芽衣の様子をうかがっていました。

裏ではラナが、宇田夫妻に演技指導を細かく行なっています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「黒い乙女A完結」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×