映画:黒い乙女Q

「黒い乙女Q」のネタバレあらすじと結末

黒い乙女Qの紹介:2019年製作の日本映画。「血まみれスケバンチェーンソーRED」などに出演し女優業を本格化させる元SUPER☆GiRLSの浅川梨奈主演のホラー。裕福な宇田家に引き取られた孤児の芽衣。先に養子に迎えられていたラナと親しくなるが、宇田夫妻の秘密を知り…。続編に『黒い乙女A』がある。

あらすじ動画

黒い乙女Qの主な出演者

芽衣(浅川梨奈)、宇田健一郎(和田聰宏)、宇田ナオコ(三津谷葉子)、長谷川(松嶋亮太)、院長(しゅはまはるみ)、初老男性(村松利史)、騒音おばさん(安藤なつ)、(笹野鈴々音)、ラナ(北香那)

黒い乙女Qのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①17歳の孤児の少女・芽衣は、宇田夫婦に引き取られた。宇田夫婦はラナという少女を引き取っており、ラナと共通項の多い芽衣は親しくなる。ところが宇田夫妻の事業が失敗し、どちらかひとりが施設に戻されることに。 ②事業の失敗は嘘で、少女たちを絶望させ、仲間割れする様子を見るのが夫妻の狙いと知り、ラナと芽衣は夫妻を殺害。罪悪感を抱いた芽衣は自首しようと言い、ラナに監禁される。ラナが黒幕。

【起】- 黒い乙女Qのあらすじ1

黒い乙女Qのシーン1 (この映画は『黒い乙女-Q-』『黒い乙女-A-』の二部作です。
そのため、この作品だけでは明かされていない内容があります)

教会の手前にある庭に置かれたブランコで、17歳の少女・芽衣がモーリス・ラヴェルの名曲『ボレロ』を、鼻歌でくちずさんでいます。
それを教会の窓から見下ろした女性院長は、宇田夫妻に「あの子、壊れてますよ」と警告しました。
芽衣は右手と左手で、えんえんじゃんけんを繰り返します。

教会は、養護施設でした。
養護施設には身寄りのない子どもたちがおり、芽衣もそのひとりです。
院長が芽衣のことを「壊れてますよ」と表現したのには、理由がありました。
芽衣はしゃべれないわけではないのですが、『ボレロ』をくちずさむ以外は、一切、口をきかなかったからです。

それを聞いた夫妻は、それでも意に介さない様子でした。
宇田夫妻は事業に成功しているのですが子どもがおらず、ひとりでもいいから不幸な子を幸せにしたいと告げます。
院長は宇田夫妻に芽衣を引き合わせながらも、机の下では芽衣の手の甲をつねっていました。
芽衣は宇田夫妻に、引き取られることになりました。車で連れられます。


宇田夫妻、夫の健一郎と妻のナオコは、芽衣を豪邸へ連れていきました。
そして芽衣に、芽衣と同じくらいの年齢の少女・ラナを紹介します。
ラナは片足が不自由なようで、杖をついて歩いていました。
ラナは芽衣同様に、夫妻が施設から引き取っているそうです。

夫妻は芽衣とラナに生活費としてそれぞれ50万円を渡すと、「通学に必要なものを買いなさい」と言いました。
芽衣とラナは、学校へ通い始める準備を促されます。
夕食を4人で摂りながら、夫妻は1つだけ条件を出しました。
離れにある「蔵(くら)」には近づくな、というものです。

その時、家の外で「人殺し、出てけ~」という声が聞こえました。
見ると、太めの女性がフライパンを叩きながら、玄関の外で騒いでいました。
夫妻は慣れてしまっているようで、さほど取り合いません。

【承】- 黒い乙女Qのあらすじ2

黒い乙女Qのシーン2 宇田夫妻の作り笑顔、広い屋敷、騒音おばさんの存在…なんとなく違和感を覚えていた芽衣でしたが、あるとき、ラナと会話をします。
芽衣とラナは洋服や読む漫画の趣味が酷似しており、すっかり意気投合しました。
なんと年齢も同じ17歳で、誕生日まで6月6日でいっしょでした。
芽衣とラナはすっかり、打ち解けます。
芽衣と芽衣が仲良くしているのを見て、宇田夫妻も喜びました。

ところで、屋敷に来た当初から、芽衣はリビングの隣の和室が気になっていました。
そこの床の間のあたりに、なにかを感じるのです。
しかし凝視しても、なにもありませんでした。

口には出しませんが、芽衣は不思議なものを見ていました。
お多福の仮面をかぶった少女、鼻血を垂らした肥満の初老男性…、男性は芽衣を見ると無邪気に手を振るのですが、芽衣は恐ろしく思います。

芽衣と打ち解けたラナは、夜にいっしょの布団で寝たがります。
女子トークをした際に、ラナは自分だけの秘密を打ち明けました。
「直径400kmの隕石が地球へ近づいてきており、あと何年かしたら衝突し、地球は滅亡してしまう。NASAも政府の上層部も知っているのだが、公表はしていない」
ラナが言うのは、こういう一風変わった内容でした。
芽衣はラナの話を聞いて、無難なリアクションを返します。


芽衣とラナが幸福な暮らしをしていたある日、変化が起こりました。
宇田夫妻の事業が失敗し、2人の少女の面倒をみるゆとりがなくなったと言います。
1人だけならば、手元に置いておけるといわれ、もう1人は施設へ戻されると宣言されました。
ただし…夫・健一郎が現在抱えている取引の結果が1週間後に出るのですが、それがうまくいけば、2人とも暮らしていけるそうです。

【転】- 黒い乙女Qのあらすじ3

黒い乙女Qのシーン3 そのあとから、家では奇妙なできごとが起きます。

翌日。
妻・ナオコの大事にしていた置物が、割れていました。
ナオコは嘆きます。
さらに夫・健一郎の車にも、傷がつけられています。傷はあきらかに、人為的なものでした。

それを見たラナは、芽衣が朝早くに出かけて行ったことを指摘します。
不利にされた芽衣は、ラナの態度におどろくばかりでした。

さらに翌日。
ラナの松葉づえが折られていましいた。
「ふつうは折れないだろう、こういうもんは」と健一郎はつぶやき、芽衣は居心地が悪くなります。

通学途中に車道へ突き飛ばされた芽衣は、怖い目に遭いました。
ラナのせいなのかと疑心暗鬼に陥ります。


その夜…。
ハサミを持って警戒している芽衣を、ラナが「起こしてごめんね、ちょっと来て」と呼びます。

ラナが芽衣を連れて行くと、リビングには宇田夫妻が話し合っていました。
芽衣とラナは、夫妻の話を聞いて、からくりを知ります。


…夫妻はわざと似た境遇の少女2人を施設から引き取り、仲良くさせていました。
少女たちが仲良くなったところを見計らって、「事業に失敗し、片方しか残せない」という発言をするのです。
そうやって少女2人を絶望へ突き落とし、さらに「置物を割る」「車に傷をつける」「持ち物(松葉づえ)が破損する」などといったことを次々に起こしました。
つまり、不自然に起きたできごとは、すべて夫妻のしたことでした。
夫妻はそうやって、少女2人を「互いに憎ませ、信じられない状態に陥れ」て、それを見て喜ぶひとたちだったのです…。


真相を知ったラナは、芽衣に夫妻の殺害計画を持ち掛けます。
しかしまだ芽衣は、躊躇っていました。
ラナの背後に、お多福の面をつけた少女が立っているのを、芽衣は見守ります…。

【結】- 黒い乙女Qのあらすじ4

黒い乙女Qのシーン2 翌日。
健一郎が「今晩、取引の結果が決まる」と言いました。
ナオコは夕食に、ビーフシチューを作ると言います。

ラナは芽衣に、蛇の毒を用意したと見せました。その毒で、夫妻を殺そうともちかけます。
ラナが健一郎を、芽衣がナオコを殺そうという話し合いになりました。
わざと帰宅を遅らせて駅まで健一郎をラナが呼び出し、留守番をする芽衣がナオコを殺すという手はずです。
ところが蓋を開けると、ラナから電話を受けた健一郎は、ナオコも芽衣も連れて、車で迎えに来ました。

仕方がないと言い、ラナは屋敷についたところで、健一郎を襲って殺します。
注射器を刺された健一郎は、血を吐いて倒れました。
芽衣も夢中で注射器をナオコに刺し、ナオコも血を吐いて倒れます。


芽衣が敷地内に穴を掘り、ラナは遺体を埋める役をしました。
ラナは足が悪いので芽衣が体力仕事をして疲れたので、ラナは「土をかぶせるくらいならできる」と、あとのことを引き受けます。

翌朝、ラナはすべて手配をしたと言いました。
宇田夫婦の会社には、しばらく海外旅行へ行ったと連絡を入れたそうです。
家の金庫をさぐると、資産は10億円ほどあったそうです。
2人でこのまま暮らせるとラナは喜びますが、罪悪感にかられた芽衣は、警察に自首しようと言います。

それを聞いたラナは落胆し、「芽衣ちゃんなら、いけると思ったのになあ」とぼやきました。

つぎの瞬間、芽衣は目を疑います。
死んだはずの宇田夫妻が奥から出てきて、芽衣を捕まえたのです。
芽衣はそのまま、蔵へ監禁されました。

蔵には、まぶたを縫われたような少女がおり、よつんばいで近寄ってきました。
芽衣は絶叫します。


…実は黒幕はラナでした。ラナが真の指揮者でした。
隣人の騒音おばさんも、ラナの手先です。
蔵で芽衣が助けを呼ぶ声が聞こえると、ラナは騒音おばさんに騒がせ、蔵からの音を消していました。
宇田夫妻(どうやら本名は長谷川らしい?)をあごで使いながら、ラナは「お多福様」に対し、次こそはふさわしい者を連れてきますと告げました。

(映画『黒い乙女-A-』へ続く)

みんなの感想

ライターの感想

そう長くない作品。二部構成で、Aのほうで明らかにされるらしい。
確かにお多福様はじめ、いろんな要素が中途半端なまま、投げ出された感じがする。
芽衣とラナはぱっと見た感じも似ているし、オープニングから不穏な空気を出すことに成功している。
しかし細かなところの違和感が拭えなかった。
松葉杖を反対側についているのは、わざとなのか。
芽衣だけにしか見えない幽霊のような存在…のはずだが、だとしたら宇田夫妻が見えるのはおかしい。
後半で伏線がすべて回収できるのか、少し不安。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください