映画:黒い家(1999年)

「黒い家(1999年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ホラー映画

黒い家(1999年)の紹介:1999年公開の日本映画。貴志祐介の同名小説を原作とする。保険金殺人を題材とした内容で、本作品の発表翌年に発生した和歌山毒物カレー事件と内容が酷似していることで話題となった。

黒い家(1999年)の主な出演者

若槻慎二(内野聖陽)、菰田幸子(大竹しのぶ)、菰田重徳(西村雅彦)、黒沢恵(田中美里)、葛西好夫(石橋蓮司)、松井刑事(町田康)、三善茂(小林薫)、金石克己(桂憲一)、角藤(伊藤克信)、大迫外務次長(菅原大吉)、木谷内務次長(佐藤恒治)

黒い家(1999年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①石川県金沢市の昭和生命北陸支社の若槻主任は、菰田家の息子・和也の首吊り死体を発見。義父・重徳はその日から保険金の催促に連日やってくる。重徳がサイコパスと思った若槻は妻・幸子に警告の手紙を出した。和也の保険金が払われ、落着したかにみえた。 ②再び菰田家から保険金請求の書類が出される。重徳が両腕を欠損して入院していた。サイコパスは妻・幸子の方だと気づいた時には遅く、若槻は幸子に狙われる。若槻は幸子を撃退したが、トラウマは残った。

【起】– 黒い家(1999年)のあらすじ1

石川県金沢市。

昭和生命北陸支社の総務主任・若槻慎二は、若い男性ながらも精力的に仕事に取り組んでいました。

最近では病院ぐるみで保険金詐取などもあるので、若槻の勤務する昭和生命でも査定をきちんと行ないます。

角藤嘉毅という入院患者は、最初は胃潰瘍で病院に入院し、入院中に肝機能障害が現れたとし、さらに今度は糖尿病だといって入院給付金をせしめようとします。

1回の病気におりる給付金の上限が120日なので、ちょうど120日過ぎるごとに病名が変わる…という悪質なケースでした。

病院へ見舞いに行った若槻は、やんわりと契約解除の同意書を出しますが、角藤は怒って追い返します。

悪質なケースには「つぶし屋」なる者を派遣するのが昭和生命の対策でした。

元はばりばりのスジ者(ヤクザ)で、結婚を機に足を洗った中年男性・三善茂を、角藤の元に派遣しました。するとあっという間に三善は同意書を持って帰ります。三善いわく「やりやすい相手だった」とのことです。

生命保険会社には、あの手この手で保険金をせしめようとする輩が現れるので、保険会社の方でもいろいろと対策を練るのですが、若槻はそんな職場でストレスが溜まりました。趣味の水泳をして気を紛らせますが、若槻の泳ぎ方は独特で、水しぶきがやたら立ちます。

若槻のもう1つの心の支えは、恋人・黒沢恵の存在でした。

ある日、若槻は奇妙な電話を受けます。

「自殺した場合、保険金は出るんですか」

女性の言葉に、若槻は女性自身が自殺するのではないかと思ってしまいました。

「ご加入から1年の間は自殺でのお支払いは免責となっておりまして」と説明する若槻を遮り、女性は「メンセキ」と繰り返すので「お支払いできないということです」と答えます。

黙り込んだ女性に対して、若槻は「自殺はよくないですよ」と止めます。すると女性は若槻の名を問いました。若槻は「与(くみ)しやすい(扱いやすい)」とつけ込まれたのですが、この時の若槻は気づきませんでした。

後日、契約者の菰田重徳(こもだ しげのり)という面識のない男から若槻は名指しされ、家に行きます。重徳の家は古い日本家屋の一軒家でした。夏の終わりで、庭には枯れたひまわりが立ち並んでいます。

ドアチャイムを鳴らしても応答がありません。ところがすぐに重徳(劇中の重徳はよく緑色系統の服、緑のアイテムを持っている、軍手の縁も緑色)が戻ってきて、家にあがれと言いました。玄関先に息子・和也の靴があると言った重徳は、人見知りする子なので「ちょっとそこの襖を開けてくれるか」と若槻に指示します。

若槻が襖を開けると、隣室では小学校低学年の息子・和也が首を吊ってブランコのように揺れていました。子どもの首吊り死体を見た若槻は取り乱します。

警察の事情聴取を受けた後、若槻はどうも割りきれないものを感じました。第一発見者に仕立てられたように思ったからです。

調べてみると、菰田家の契約は富山支社が受けたものでした。契約を取ったのはもう辞めている主婦の女性・大西光代です。菰田家の妻・幸子(37歳)と光代は小学校の同級生でした。当時はあまり親しくなかったのですが、パチンコ屋で再会した折に、11月戦(保険の契約で力を入れる月)で必死だった光代が幸子にパンフを渡し、3日後に夫・重徳から電話で連絡が入って契約したそうです。

夫婦で死亡保険金3000万円と、子どもの死亡保険金500万円がかけられ、菰田家の支払いは月々61872円です。決して低い金額ではありません。

死んだ和也は幸子の連れ子で、重徳と幸子は2年前に再婚していました。その際に重徳が苗字を変えて幸子の苗字・菰田になっています。

それを聞いた上司・葛西好夫が「名寄せ(名前検索で過去のデータを照会すること)」しました。すると、旧姓・小坂重徳は「指狩り族」と呼ばれる人物でした。

「指狩り族」とは、自分の指をわざと落とすことによって、障害給付金を得る人のことです(指をなくすと日常生活に支障をきたすので、額の高い障害給付金がおります)。重徳は「左手第一親指の切断」と書かれていました(五本指の中で親指は喪失時の不便が多いので最も高く、次に人差し指が高くなります)。

重徳の妻・幸子が昭和生命北陸支社に顔を出しました。幸子は黄色い服を着ており(劇中の幸子はよく黄色い服、黄色いアイテムを持っている)、若槻が切り出したお悔やみの言葉を遮ると「和也の給付金、いつおりるの? なんでこんなに時間かかるの?」と聞きます。

ここで幸子の異常性にも気づけばよかったのですが、若槻が見つけたのは幸子の手首にあるリストカットの傷でした。先日自殺で保険金がおりるかという問い合わせは幸子だったのかと思うと同時に、幸子が気にしていたのは「和也が自殺に見せかけて重徳に殺されるのではないか」という恐れだったのでは…というふうに考えたのです。「和也が重徳の実子ではなく、連れ子だった」ことも関係しました。

翌日から連日、重徳が北陸支社に顔を出します。重徳は欠損した指を隠すために左手に常に軍手をしているので、保険会社では「軍手の人」と呼ばれました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「黒い家(1999年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×