映画:黒人魚

「黒人魚」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

黒人魚の紹介:2018年製作のロシア映画。ロシアで長年伝わるルサールカ<水の霊>伝説をモチーフにしたファンタジー・ホラー。湖畔にある別荘に友人たちと静養にやって来たローマ。深夜、一人で湖を泳いでいると謎の女に出会うが、それ以来、彼は恐ろしい幻想に襲われ、日ごとに体力が衰えていく…。

あらすじ動画

黒人魚の主な出演者

マリーナ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)、ローマ・キタエフ(エフィム・ペトゥルニン)、リサ・グリゴリエヴァ〔人魚〕(ソフィア・シドロブスカーヤ)、イリヤ(ニキータ・エレネフ)、オルガ(セシル・プレッチェ)、父(イゴール・クリプノブ)、母(ナデツダ・イゴシナ)、花嫁(ダリア・ヤルトセヴァ)

黒人魚のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①結婚予定の若者・ローマは、婚約者・マリーナ、姉・オリガ、親友・イリヤと共に湖がある別荘へ行く。湖には人魚がおり、ローマは人魚に魅入られてしまった。 ②幻覚を見て体力を消耗するローマの呪いを解こうと、周囲の者は尽力。人魚の正体は失恋して自殺したリーザという女性の悪霊、ローマとマリーナのみ助かる。

【起】– 黒人魚のあらすじ1

黒人魚のシーン1

画像引用元:YouTube / 黒人魚トレーラー映像

夜の湖には、人魚がいるから近づくなという言い伝えがあります。

人魚は人間を襲い、鋭い牙で噛みついて、湖の底へ引きずり込むと思われていました。

人魚に見つめられると、人間は魅入られてしまい、逃げられなくなります。

そんな人魚から助かる方法はただひとつ…、自分にとって最も大切な人を差し出すということだそうです。

人魚は「本物の愛」を知らないとされていました。

ですから、最愛の人を差し出すと、差し出したひとは助かるそうです…。

ロシア。

何十年も昔。

ミシャという男性は、人魚に魅入られて湖に引きずり込まれます。

それを助けたのは、ミシャの妻・アーニャでした。

アーニャはミシャを湖から引き上げ、ミシャは助かります。

ところが代わりに、アーニャが湖に引きずり込まれました。

あっという間のできごとで、ミシャは呆然とします…。

(ミシャとアーニャ夫婦のことは、あとで判明する)

現在。

ローマという青年は、若い女性・マリーナと婚約していました。

近々、ローマとマリーナは結婚する予定です。

ローマは泳ぎの達人でした。水泳選手で、マリーナにも泳ぎを教えます。

週末を使い、ローマは親しい仲間たちと、別荘へ行くつもりです。

・ローマ…若い男性。マリーナと結婚予定。オリガという姉がいる。

・マリーナ…金髪の若い女性。ローマの婚約者。泳ぐのは不得意。

・オリガ…焦げ茶の髪の女性。ローマの姉。

・イリヤ…若い男性。ローマの親友。

ローマ、マリーナ、オリガ、イリヤの4人は、週末を別荘で過ごすために、車で移動しました。

別荘は、ローマとオリガの姉弟の家のものです。

姉弟の母は、幼い頃に別荘の前にある湖で、溺死していました。

その場に居合わせた父は、母の死のショックで発狂しています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「黒人魚」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×