映画:108時間

「108時間」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

108時間の紹介:2018年製作のアルゼンチン&スペイン&ウルグアイ合作映画。処女作「SHOT/ショット」が第63回カンヌ国際映画祭監督週間に正式出品されたグスタボ・エルナンデス監督によるホラー。108時間眠らずにいた女性の悲劇を描く舞台を控え、演出家は役者らを登場人物の心理に近づけるため、実際に眠らずに過ごさせる。「エンドレス・ウォー」のベレン・ルエダ、「タイガー」(未)のエヴァ・デ・ドミニシらが出演、108時間もの間眠らなかった先に待ち受ける恐怖を活写する…。

あらすじ動画

108時間の主な出演者

アルマ・ベーム(ベレン・ルエダ)、ビアンカ・ヒラルド(エヴァ・デ・ドミニシ)、セシリア(ナタリア・デ・モリーナ)、クラッソ(ヘルマン・パラシオス)、パラ・フォンソ(フアン・マヌエル・ギレラ)、サブリナ(マリア・アルフォンソ・ロッソ)

108時間のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①女性演出家・アルマは役者を断眠させることで能力を覚醒させようとしていた。若い女優・ビアンカとセシリアを主役候補にしたアルマは、断眠で演劇の主役・ドラ役をつかませようとする。 ②ビアンカは幻影を見るようになり、舞台は大成功。役になりきったフォンソが火を放ち、サラ、フォンソ、アルマは死亡。

【起】– 108時間のあらすじ1

108時間のシーン1

画像引用元:YouTube / 108時間トレーラー映像

(原題『NO DORMIRÁS』=『眠らない』、劇中の「断眠」という意味)

部屋から廊下へ出てきた女性は、流れていた音楽を止めに、レコードプレイヤーのところへ行きました。

薄暗い廊下には、ところどころ血の跡があります。

女性が部屋を見ると、そこには髪の毛を必死で梳く老女・サブリナがいました。

舞台にはガラスが置かれており、それは芝居の一部と化しています。

〔1975年〕

この演劇『断眠』というのを、演出家のアルマ・ベームが観客に説明しました。

ガラスの向こう側にいる女優マーリーン・ベネットは、昨日5時間もデッサンをしていたそうです。

眠らずにその作業をさせているうちに、マーリーンは、役柄であるサブリナとマーリーンの人格の区別が、つかなくなったそうです。

もうすぐ、マーリーンが断眠を開始して、108時間が経過しようとしていました。

マーリーンの脳内では、老女・サブリナの姿が見えており、マーリーンはサブリナの真似をしていました。

マーリーンにはいわばサブリナが見える幻覚症状があらわれており、マーリーンはそのサブリナと同じことをしているのです…。

〝研究の結果、96時間の断眠後には

精神病エピソードや、幻覚症状が起きることが判明。

4日間、眠らずに過ごし、極度の恐怖を感じて、

精神や肉体が崩壊した症例の記録もある。

被験者たちは、眠りと狂気と死の『辺獄(リンボ)』を

彷徨(さまよ)っていたと述べている。

1980年代に、ある集団が、この実験を超える試みをした〟

〔1984年〕

ビアンカ・ヒラルドは、舞台で主役夢見る若い女優です。

ビアンカの父が「危険だ」と言いながら、舞台のそでにいるビアンカのところへやってきました。

父が持っているのは新聞記事で、娘の居場所が露見したと父は騒ぎます。

ビアンカは父をさとして楽屋のひとつに連れていくと、白いチョークで父の周囲に円を描きました。

「ここは安全」と、父親を落ち着かせます。

舞台に出たビアンカが再び楽屋に戻ると、もう父はいませんでした。

ビアンカは父を収容している精神病院へ電話をかけると、父を迎えに来てほしいと告げます。

ビアンカの豚を見た男性演出家・クラッソが、ビアンカをスカウトします。

有名な女性演出家・アルマが、ビアンカの演技に興味を持っているというのです。

ビアンカは心を動かされます。

アルマは今度、『アンティゴネ』というタイトルの、断眠をテーマにした芝居をする予定でした。

帰宅したビアンカは、家に父が戻っているのを確認します。

父の居場所を確認し、安心したビアンカは、夕食をとったあと、スカウトされたアルマの作品を見始めました。

すると父が部屋から出てくると、ハサミを持ってビアンカに迫ります。

このままだと「連中」に見つかる、と言った父は、ビアンカの髪の毛を切ろうとしました。

抵抗したビアンカは腕を怪我してしまい、父はそれを見て、我に返ります。

とりなしたビアンカは、医者に父親を託しました。

父を精神病院へ収容したあと、ビアンカは芝居に向かおうと決めます。

見た番組では、女優のマーリーンが演じていました。

助言を得たいビアンカは、マーリーンのところを訪問します。

ところがマーリーンは「断眠の劇は危険よ」とビアンカを止めました。

マーリーンが中座したときを狙い、ビアンカはマーリーン宅にある、「断眠」と書かれたノートを持ち帰ります。

クラッソに連れられてアルマの稽古場へ行くと、ビアンカと同じくらいの年齢の若い女性がいました。

その女性はセシリアと言い、アルマは、セシリアとビアンカのどちらかを主役にしようと、競わせるつもりです。

セシリアのほうが先に到着し、すでに脚本ももらっていることで、ビアンカは少しあせります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「108時間」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×