「13日の金曜日(2009年)12」のネタバレあらすじと結末の感想

13日の金曜日(2009年)の紹介:2009年公開のアメリカ映画。『13日の金曜日』シリーズの設定を、マイケル・ベイ監督が一から作り直したリブート作品。美しい湖畔で続発する猟奇事件と、怪物・ジェイソンにまつわる新たな謎を描く。番外編を含めばシリーズ12番目の作品。

予告動画

13日の金曜日(2009年)12の主な出演者

ジェイソン・ボーヒーズ(デレク・ミアーズ)、クレイ(ジャレッド・パダレッキ)、ジェナ(ダニエル・パナベイカー)、チェルシー(ウィラ・フォード)、トレント(トラヴィス・ヴァン・ウィンクル)、ウィットニー(アマンダ・リゲッティ)、パメラ・ボーヒーズ(ナナ・ヴィジター)

13日の金曜日(2009年)12のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①クリスタル・レイクで息子・ジェイソンが溺死したのは、監視員の怠慢だと思った母・パメラが監視員を惨殺。唯一の生き残り女性にパメラは返り討ちにされる。ところがジェイソンは死んでおらず、廃屋で暮らしながら成人した。 ②ウィットニーら若者5人がクリスタル・レイクへ行ったまま帰らず。兄・クレイはウィットニーを探しに行く。同時期7人の若者が湖を訪れ、次々に殺された。クレイはジェイソンに監禁されていた妹・ウィットニーを発見。 ③殺される順番「1ウェード」「2アマンダ」「3マイク」「4リッチー」「5木材製作所の男性」「6ノーラン」「7チェルシー」「8チューウィ」「9ロレンス」「10ブリー」「11保安官」「12トレント」「13ジェンナ」、生存者はクレイ、ウィットニー兄妹。

【起】- 13日の金曜日(2009年)12のあらすじ1

〔1980年6月13日 クリスタル・レイク〕
クリスタル・レイクは、アメリカ・ニュージャージー州のブレアーズタウン郊外にあるキャンプ地です。
この土地で幼い息子ジェイソン・ボーヒーズを監視員の注意ミスで亡くした母パメラ・ボーヒーズが、監視員を殺害していました。
ただひとり生き残った女性を殺そうとしたジェイソンの母・パメラは、その女性に返り討ちにされて、首を刎ねられます。
ところが…。
ジェイソンは実は生きており、母親のパメラが首を刎ねられるところを、見ていました。
ジェイソンは母・パメラが持っていたロケット・ペンダントを遺品にし、以後クリスタル・レイクの廃屋に住みついて成人し、そこにやってくる者を皆殺しにします…。

〔クリスタル・レイク 2009年現在〕
5人の若い男女が、クリスタル・レイクにやってきました。

・ウィットニー…焦げ茶のロングヘアの若い女性。マイクと恋人同士。
・マイク…天然パーマの若い男性。ウィットニーの恋人。
・リッチー…バンダナをした若い男性。アマンダに誘惑される。
・アマンダ…黒髪の若い女性。
・ウェード…眼鏡をかけた若い男性。リッチーと共に、ハッパ探しが目的。

リッチーとウェードは、大麻草を探しに来ていました。
夜に5人は焚火を囲みます。
ウェードが、この土地にまつわる噂を話しました。
錯乱した母親が、息子を殺したと言って監視員たちを殺したことや、生き残りの女性に返り討ちにされたこと、その息子が生きており、この地域に潜んでいると話します。
それを聞いたリッチーは「その手の話は子ども騙しで、どこにでもある」と言いました。
確かに、若者5人は誰も信じていませんでした。

散歩をしながら、ウィットニーは恋人のマイクと会話をしました。
ウィットニーはこの場所が気持ち悪いので、早く帰りたいと言います。
病気の母を持つウィットニーは、母の介護をして暮らしていました。週明けの月曜まで滞在する予定ではありましたが、ウィットニーは母のことが気になるのです。
マイクは「看護師もついているし、そもそもキャンプは君の母が勧めたことだ(娘が自分の介護ばかりしているので、気分転換を勧めた)」と答えました。

同じ頃、ウェードとリッチーが男同士話しているのを、焚火の向こう側でアマンダが誘います。
リッチーにだけ上半身裸になって見せ、誘惑しました。リッチーはその気になり、察したウェードは席を外します。
ひとりで森に分け入ったウェードは、自生する大麻草を見つけて大喜びしました。
そこへ大男が現れ、ウェードの首を刺して殺害します(1番目)。

マイクとウィットニーは廃墟を見つけ、探検していました。
笛や時計(監視員の持ち物)などと共にロケット・ペンダントを見つけたマイクは、写真の人物(ジェイソンの母)がウィットニーにそっくりだと言い、取っておけよと渡します。
奥にベッドがあり、その頭部分に「ジェイソン」という文字を見つけた2人は、先ほどの怪談話を思い出し、気味が悪く思いました。

テントの中でリッチーとアマンダはイチャイチャしようとしますが、アマンダは人の気配を感じます。
ウェードが覗き見ているのではないかと言い、リッチーがテントを出てウェードを探しに行きました。
リッチーは森の中でウェードの遺体を見つけます。
その頃、テントに残ったアマンダがジェイソンに捕まり、焚火の上に掲げられて焼死します(2番目)。
リッチーは駆け付けようとしますが、罠にかかって転倒しました。

廃墟で人間のドクロを見つけたマイクとウィットニーは、急いで逃げようとします。
そこへ外の隙間からジェイソンがマチェーテ(武器用のナイフ)を振り回し、マイクは足と手を負傷しました。
さらにマイクは床下から襲われて、殺害されます(3番目)。
出てきたのは、顔に包帯を巻いた大男でした(この時点ではジェイソンはまだ、ホッケーマスクをかぶっていない。マスクを手に入れるのは後)。
ウィットニーは逃げてテントに戻ります。

【承】- 13日の金曜日(2009年)12のあらすじ2

テントに戻ると、焼死体のアマンダと罠にかかったリッチーがいました。
ウィットニーはリッチーを助けようとしますが、背後から来た大男が斧を投げ、それがリッチーの眉間に刺さります(4番目)。
ウィットニーは悲鳴をあげました…。
(ウィットニーは殺されず、母に似ているという理由で監禁される)

〔6週間後〕
ウィットニーがいつまでも戻ってこないので、兄のクレイはウィットニー失踪のチラシを作り、バイクで捜索にやってきました。
途中の雑貨店でチラシを貼ってくれるよう頼みますが、店員に拒否されます。

クレイと同じ頃、7人の若者たちがクリスタル・レイクに遊びに来ていました。
みんなはトレントの別荘で週末を過ごすつもりです。

・クレイ…7人の若者とは別動隊。ウィットニーの兄で、失踪したウィットニーを捜索するため、バイクに乗って移動している。

・トレント…ロン毛の若い男性。別荘所有者。自分の別荘なので、他のメンバーにもいちいちうるさい。ジェンナの彼氏だが、途中でブリーと浮気する。
・ジェンナ…焦げ茶の髪の若い女性。トレントの恋人だが、妹を探すクレイの手伝いをする。
・ノーラン…金髪天然パーマの若い男性。チェルシーと恋人同士。湖へ遊びに行く。
・チェルシー…金髪のロングヘア女性。ノーランと湖へ遊びに行く。
・ブリー…金髪の若い女性。トレントのことが好き。
・チューウィ…アジア系の若い男性。黒人のロレンスと仲が良い。
・ロレンス…黒人の若い男性。

トレントたちは雑貨店に立ち寄った後、別荘へ移動しました。
別荘はトレントの家の名義でした。そのため、トレントはリーダーのように振る舞い、みんなにあれこれ指示します。

クレイはバイクで移動して、付近にチラシを見せてウィットニーの行方を聞いて回っていました。
クレイのバイクを見た保安官が、クレイに声をかけます。
6週間前、通報を受けた警察は40人の警官を投入し、付近を捜索していました。それでもウィットニーは見つからなかったので、保安官は「彼氏と駆け落ちしたのではないか」とクレイに言います。
クレイは、ウィットニーが熱心に母の介護をしていたことや、その母が他界したことも言い「妹が葬儀にすら顔を出さないわけがない(何か事情がある)」と言います。

保安官と別れたクレイは、老女の住む家に行きウィットニーの顔写真を見せますが、「もう死んでいると思う」という言葉を聞きました。
老女は、この付近で失踪事件が多発することを告げます。

続いてクレイは、木材製作所のところへ立ち寄りました。作業中の男に話しかけます。
作業する男性は、ウィットニーの顔写真を見て知らないと言い、最近、灯油泥棒がいるとこぼしました。

次にクレイが立ち寄ったのは、トレントの別荘でした。雑貨店で一度顔を合わせたのですが、再びクレイは応対するジェンナと再会します。
ジェンナは別荘の中に入るようクレイに言いますが、トレントが嫌いました。クレイも別荘を出ていきます。
クレイがバイクで湖の反対側に移動すると聞いたジェンナは、同行したいと言いました。
クレイはジェンナを連れて、湖の反対側に行きます。

別荘ではノーランとチェルシーのカップルが、車を勝手に使って湖へ行き、ジェットスキーをして遊びました。
ノーランが舟を操縦し、後ろでチェルシーがトップレスで遊びます。

木材製作所の男性が休憩中、物音がしました。男は灯油泥棒が来たと思い、納屋へ見に行きます。
そこへ大男・ジェイソンが現れました。男性は首を切られ、殺害されます(5番目)。
その納屋に、ホッケーマスクが落ちていました。
ホッケーマスクを拾ったジェイソンは、それを顔につけます(これ以降、ジェイソンはホッケーマスクで現れる)。

【転】- 13日の金曜日(2009年)12のあらすじ3

クレイはジェンナと話をしつつ、壊れたGPSを見つけました(ウェードが持っていたもの)。
2人は森を分け入り、小屋がないか探します。

湖で遊ぶノーランが、矢で頭部を射抜かれました。即死します(6番目)。
チェルシーはノーランの異変に気づかず、舟の下敷きになりました。
湖岸にジェイソンを目撃したチェルシーは身の危険を感じ、桟橋の下に隠れます。
ところが気づかれ、チェルシーは上から銛を突き刺され、死にました(7番目)。

日没を迎えました。
クレイはジェンナに、あともう1軒訪ねたら引き返すと話します。
最後に行った家は、不気味な廃墟でした。生活感はあるものの、置かれているものが異様なものばかりなので、ジェンナは警察を呼べと言います。
クレイは「警察は捜索をやめた」と言い、確信のある証拠がないかぎり警察が動かないことを指摘しました。

不気味な廃墟を出たところで、クレイの持つ懐中電灯の電池が切れました。
交換しようとしたクレイは物音を聞きつけ、廃墟の下にジェンナと共に隠れます。
ジェイソンが遺体を担ぎ、戻ってきました。それを見たジェンナとクレイは、この廃墟が殺人鬼の住居だと気付きます。
クレイはすぐにも尾行したがりましたが、ジェンナが「仲間を呼んでからにしよう」と言ったため、ジェンナの意見を優先しました。
トレントの別荘へ帰る途中、何か鎖のようなものにひっかかり、ベルが鳴ります。
しかしクレイとジェンナは別荘に戻ることを優先し、ベルはあと回しにしました。

そのベルがある場所に、クレイの妹・ウィットニーが監禁されていました。
ウィットニーは両手を鎖で拘束されています。
クレイが落とした荷物で、兄が探しに来ていると知ったウィットニーは、逃亡を図ろうとしますが、鎖は金属なので断ち切れません。
ジェイソンがウィットニーの様子を見に来ました。ウィットニーは異変がなかったように、ジェイソンの母のように接します。

別荘ではトレントとブリー、ロレンスとチューウィが組んで卓球台でゲームをしていました。
(卓球をしていたわけではない。卓球台に置いたコップに、ピンポン玉を入れられるかという賭けをしていた)
賭けに負けたのはトレント側で、ロレンスとチューウィは靴に入れた酒を飲めと要求します。
トレントが嫌がったので、チューウィが飲みました。ブリーは露骨に顔をしかめます。

室内に戻ってからもチューウィとロレンスがはしゃいで、チューウィは椅子を壊してしまいました。
トレントに椅子を修理しろと言われ、チューウィは納屋に工具を取りに行きます。
納屋でスコッチを見つけたチューウィは、ひとりで飲み始めました。
トレントは恋人のジェンナがクレイと出かけて不満なので、ブリーとベッドインします。
ひとり居間に残ったロレンスのところへ、クレイとジェンナが駆け込みました。
クレイは電話で保安官に通報します。ジェンナはロレンスに、先ほど見た殺人鬼の話をしました。
ジェンナはトレントとブリーに危険だと言いますが、2人は取り込み中だと言って無視します。

チューウィがいる納屋に、ジェイソンが現れました。
チューウィは最初、ジェイソンのホッケーマスクをからかいますが、ジェイソンが襲いかかってきたので、ドライバー(工具)で応戦しようとします。
ジェイソンはチューウィの手首を握り、チューウィが握ったままのドライバーを押し返して首に刺させました(8番目)。

【結】- 13日の金曜日(2009年)12のあらすじ4

別荘の電気が消えます。ジェイソンのしわざです。
心配になったロレンスは、中華鍋を盾にしてチューウィのいる納屋へ移動します。
納屋へ入り血痕を見たロレンスは、チューウィをなおも探しました。
頭上からチューウィの遺体がぶら下がるのを見たロレンスは、背中に斧を刺されて絶叫しました。
ロレンスはそのまま、納屋から別荘へ戻ろうとします。

ロレンスの悲鳴を聞いて、ジェンナが出て行こうとしますが、トレントが制止しました。
悲鳴をおとりにして、殺人鬼がおびき出させようとしていると、トレントが指摘します。
別荘へ辿り着く前に、ロレンスはもう1度刺されて死亡しました(9番目)。

トレントは部屋を移動し、別荘に隠した小型の銃を手にし、護衛として持ちます。
トレントのあとを追ったブリーは、窓が開いているのに気付きました。背後から口をふさがれて、壁に飾られた鹿のはく製に突き刺されます(10番目)。
通報を受けて駆け付けた保安官は、扉の前でアイスピックで目を刺され、死亡しました(11番目)。

残っているのは、トレント、ジェンナ、クレイです。
3人は保安官のパトカーを使って逃げようとしますが、パトカーの上にブリーの遺体を落とされたので、3人はちりぢりに逃げます。
トレントは湖のそばまで逃げました。パニックで銃を落とし、湖の中で探します。
その後、車道に出たところ、夜中に通るトラックがありました。
トレントを見て手招きをするので、警戒しながらトレントは近づきます。
トラックの運転手は、ただの気のよい老人男性でした。トレントの背後にジェイソンが立ち、トレントは背後から斧を振るわれて、トラックに磔にされます(12番目)。
驚いたトラックの運転手は、トレントをはりつけにしたまま、車を走らせて逃げました。
(トラックの運転手は通りかかっただけなので、無事)

クレイとジェンナは、逃げて再びジェイソンの廃屋に移動していました。
気配を感じたウィットニーが叫んだので、声をたよりに地下へ移動し、クレイとウィットニーは兄妹の再会を果たします。
クレイはウィットニーの手の鎖を解きました。そのまま3人で逃げようとします。

廃屋に戻ったジェイソンは、ウィットニーがいないことに気づきました。
クレイ、ウィットニー、ジェンナは奥の通風口から逃げようとします。
その時ジェイソンが追いついて、ジェンナは胸を刺されました(13番目)。
クレイとウィットニーは地上へ辿り着きますが、クレイは背後からジェイソンに殴られます(死んでいない)。
ウィットニーは兄に、先に逃がされていました。
クレイはウィットニーのあとで上にあがると、ジェイソンと戦い始めます。

戦いのはずみで、チッパーカッター(粉砕機械)が作動しました。
クレイがそこへ、顔を押し付けられそうになります。
それを見たウィットニーが、ジェイソンに声をかけました。
「ジェイソン、いいのよ。もうやめて」
ウィットニーはジェイソンの母・パメラに似ているため、ジェイソンはウィットニーの言うことをきいて、動きを止めます。

その時、クレイがジェイソンの首に鎖を巻きました。
ウィットニーもスイッチを押し、ジェイソンの首の鎖が持ち上がります。
ジェイソンは怪力で降りたものの、鎖がチッパーカッターに絡まり、巻き込まれそうになりました。
動けなくなったジェイソンに、ウィットニーがマチェーテでとどめを刺します。

翌朝、未明。
クレイとウィットニーは、ジェイソンの遺体を湖に沈めました。
ホッケーマスクとロケット・ペンダントも落とします。
ところが…ジェイソンは胸を刺されても死んでおらず、直後にウィットニーに抱きつきました(ジェイソンは不死身)。

みんなの感想

ライターの感想

『13日の金曜日』のジェイソンのことを全く知らず、でも知りたいと思う人にとっては、今作品は非常に便利。
というのも、10作品ある(番外編を入れると11作品)『13日の金曜日』の、1から4くらいまでをまとめてくれているのが、今作品だから。
この作品では、ジェイソンがよく活躍してます。見ていると、「ジェイソン、働き者だなあ」と思うくらい。
もしこの作品が気に入れば、1から見て行くのもいい。
1から見て行くと、映画でどんどんジェイソンというキャラクターが固まって行く過程がみられて、興味深いと思う。
  • キャットスキンさんの感想

    初めて見たけどだいぶやばかった。
    後味悪すぎてだめだ….

  • Huluさんの感想

    所々でジェイソンに可愛さを感じた。

  • オメ目さんの感想

    殺すシーンが多かった
    話はあんまわかんなかった。

  • marchenさんの感想

    今まで何度もリメイクを繰り返されている「13日の金曜日」。
    今作は最初の13日の金曜日のリメイクというか、設定を練り直したものだとのことでかなり期待を抱いてみた。
    今回のジェイソンは母親へかなりの愛を抱いており、人間らしさを強く感じた。
    今までのジェイソンは無情な殺人鬼だと思ったが、今作は若干ジェイソンへの同情と切なさが沸いてきた。ジェイソンの母も、ある意味被害者のような・・・。

  • なージェシさんの感想

    1~3までのあらすじを見ました。
    もうちょい短くまとめてくれればなぁと思ったりしましたが。。。13日の金曜日は、見たこともなかったし私は、ジェイソンと言う殺人鬼の名前で引っ掛かってネタバレを見ましたが、とても分かりやすく、とても良かったです。でもって4.5と見ていくうちに、ちょっと文が長いなーと感じる時もありました。
    でも私みたいに13日の金曜日のことを何一つ知らない人には、いいかもしれません✨

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「13日の金曜日(2009年)12」の商品はこちら