映画:IT/イット THE END “それ”が見えたら終わり

「IT/イット THE END “それ”が見えたら終わり」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりの紹介:2019年公開。スティーヴン・キングの人気小説「IT」の二度目の映像化作品の後編。2017年に公開された「IT/イット “それ”が見えたら終わり」の続編となり、前作から27年後、が少年時代にペニーワイズと戦った「ルーザーズ・クラブ」のメンバーが再会し、再びペニーワイズに挑む物語を描く。主演は「X-MEN」シリーズや「スプリット」などで知られるジェームズ・マカヴォイ。

あらすじ動画

IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりの主な出演者

ビル・デンブロウ(ジェームズ・マカヴォイ)、ベバリー・マーシュ(ジェシカ・チャステイン)、リッチー・トージア(ビル・ヘイダー)、ベン・ハンスコム(ジェイ・ライアン)、マイク・ハンロン(イザイア・ムスタアファ)、エディ・カスプブラク(ジェームズ・ランソン)、スタンリー・ユリス(アンディ・ビーン)、ペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)

IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりのネタバレあらすじ

【起】– IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりのあらすじ1

画像引用元:YouTube / IT/イット THE END “それ”が見えたら終わりトレーラー映像

 1988年。アメリカのメイン州デリー。子供たちが相次いで行方不明になる事件が発生しました。弟のジョージ―も行方不明になったビルは、同じ学校の同じ「負け犬」仲間のベバリー、リッチー、スタンリー、ベン、エディ、マイクと共に「ルーザーズ・クラブ」を結成。子供の前に現れては殺害するピエロの姿の怪物「ペニーワイズ」を撃退しました。27年周期でペニーワイズが現れることを知っていたルーザーズは、まだ彼を完全には倒せていないからと、「27年後にまた集まろう」と約束。全員、右手の掌に切り傷を入れ、「忘れないように」と誓いました。それから時と共にルーザーズのメンバーは相次いでデリーから出ていき、バラバラになっていきました。

 2015年。脚本家として活動していたビルは、現在撮影中のドラマの最終回の脚本を仕上げるのに追われていました。撮影現場ではスタッフたちから脚本を催促され、主演女優でもある妻にも文句を言われる始末。「すぐに仕上げるから」と言い現場を出ると、ビルの携帯が鳴りました。出ると、相手は「マイク」と名乗りました。名前を聞いても思い出せないビル。「デリーのマイクだ。ルーザーズだ」と言うマイクの言葉を聞いて、ようやくビルは気づきました。「ああ、マイクか。ごめん、その…すっかり忘れてたよ」というビルにマイクは深刻そうに言いました。「あいつが帰ってきた」

 人気コメディアンになっていたリッチーは本番前に携帯を握りしめたまま嘔吐しました。駆けつけるスタッフに催促され、フラフラになりながらもステージに上がりました。満員の観客が大歓声で迎えます。リッチーは具合が悪いのを隠してジョークを連発。爆笑を誘いますが、すぐに頭の中が27年前のことでいっぱいになってしまいました。

 運転しながら妻と通話していたエディ。束縛がひどい妻に苦労しながら仕事をしているエディ。すると、携帯にもう一件の着信が届いていました。エディは妻との通話を無理やり切り、そちらの着信を取りました。「マイクだ。デリーのマイクだ」と言う声を聴き、同様したエディはタクシーと衝突してしまいました。「大丈夫か!?」と心配するマイクにエディは震える声で「うん。全く大丈夫」と答えました。

 夜。ベバリーがメイクを落としていると、携帯が鳴りました。出ると、「デリーのマイクだ」と相手が名乗りました。それを聞いた瞬間、27年前の恐怖が蘇ってきました。「アイツだ。また現れた。すぐにデリーに来てほしい」というマイクにベバリーは「渡ったわマイク。すぐに向かう」と言い、電話を切りました。すぐに身支度を始めると、そこへ夫が現れました。「どうしたベバリー。どこへ行くんだ」と言う夫に「地元のデリーに。昔の友達と会うの」と説明します。すると夫は「わかっている。聴いたぞ。マイクだろ?デリーでマイクと何をするつもりだった?」と迫ってきました。「なんでもない。ただの友達よ」と言うベバリーですが、夫は信じません。「昔のボーイフレンドか?そうなんだろ」と言い、ベバリーの腕を掴みました。ベバリーは抵抗しますが、夫は押さえつけたまま。必死になったベバリーは、手元にあった灰皿で夫の頭を殴りました。その隙に家を飛び出すベバリー。「お前は俺なしでは何もできない!」と叫ぶ夫を無視し、指輪を外してタクシーに乗り込みました。

 ハンスコム社で行われている会議にテレビ電話で参加していた社長のベンの元にマイクから電話がありました。ベンもマイクにデリーに戻ることを約束しました。そして、財布から一枚の紙を取り出しました。少し汚れたその紙にはベバリーのサインが書いてありました。

 ノートパソコンで仕事をしている妻をよそに、大きなジグソーパズルを完成間近まで進めていました。最後の1ピースが見当たらず、テーブルの下を探していると携帯電話が鳴りました。「デリーのマイクだ」という相手の声を聴いたとたん、スタンリーの体は震えだしました。「また集まろう。明日来てくれるか?」というマイクの言葉にスタンリーはすぐには返答できませんでした。そして、「…わかったよ」と言って電話を切ると、自分の書斎へ向かいました。書斎で作業を終えたあと、スタンリーは風呂に向かいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「IT/イット THE END “それ”が見えたら終わり」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×