「LOFT ロフト」のネタバレあらすじと結末の感想

ホラー映画

LOFT ロフトの紹介:2005年制作の日本映画。黒沢清・監督が、中谷美紀と豊川悦司を主演に迎えて描く、サスペンス・ホラー作品。千年の眠りから目覚めたミイラと、それに魅入られた人たちの生活の変化を描く。

LOFT ロフトの主な出演者

春名礼子(中谷美紀)、吉岡誠(豊川悦司)、木島幸一(西島秀俊)、亜矢(安達祐実)、野々村めぐみ(鈴木砂羽)、村上(加藤晴彦)、日野(大杉漣)

LOFT ロフトのネタバレあらすじ

【起】- LOFT ロフトのあらすじ1

春名礼子は芥川賞作家ですが、最近は筆が進まずスランプに陥っていました。
編集者・木島に環境の変化が必要だと訴えた礼子は、木島に茨城県郊外の木造二階建ての一軒家を見つけてもらい、引っ越します。
そこは緑溢れる田舎で少し歩くと湖もあり、人は殆ど住んでいません。つかの間、礼子はそこでの生活を満喫しました。
ある夜、向かいの廃屋のような場所に、1人の男がシートに包んだ人間のようなものを運び込むのを礼子は目撃します。
その廃屋と思われた建物は、相模大学の研修所でした。相模大学の人類学教授・吉岡誠が、1000年前の女性のミイラを発見したことを、編集者である友人・めぐみから聞きます。

【承】- LOFT ロフトのあらすじ2

めぐみは教育映画社・村上を礼子に紹介し、昭和初期に撮影されたとされる「ミドリ沼のミイラ」というフィルムを見ました。
夜に見た男性は吉岡で、運び込まれたものはミイラであると確信した礼子は、ミイラに強い興味を持ち始めます。
そしてとうとうこっそり研究所にもぐりこんだ礼子はミイラを見ますが、その現場を吉岡に見られました。
その頃、吉岡は大学の同僚・日野に、特別展にミイラを展示したいから早く保存処理をしてほしいと言われます。しかし吉岡はミイラに思い入れを持っており、展示には反対でした。それでひそかに研修所に隠したのです。
研修所を3日間利用することが決まり、吉岡は礼子にミイラを預かってもらいました。

【転】- LOFT ロフトのあらすじ3

これがきっかけで吉岡と礼子は、お互い惹かれ始めます。
ミイラを預かった前後から、礼子は執筆が全くできなくなりました。先住者の残したものに原稿があり、礼子はそれをパソコンに打ち込んで木島に提出します。
礼子は謎の女性の影を見るようになりました。吉岡も同じ頃、女性を何度も目撃します。
実は…編集者・木島は、田舎から出てきた小説家志望の女性・亜矢に、その一軒家を貸し与えていました。
ある日、亜矢と口論になった木島は亜矢を絞殺し、近くの林に埋めます。
しかし、その一部始終を向かいの棟で吉岡は見ていました。そしていつのまにか吉岡は、自分が亜矢を殺したように思いこみます。

【結】- LOFT ロフトのあらすじ4

亜矢にミイラが乗り移り、1000年前の呪いの言葉を吐いているように思ったからでした。
吉岡は木島が埋めた亜矢の遺体を掘り返し、沼に沈めます。
吉岡と礼子は、何もかも捨てて2人だけでやり直そうと決めました。過去を払拭するために、木島が埋めた林を掘り返します。
そこへ木島が現れて礼子を殺そうとしますが、亜矢失踪事件で調査していた警察が現れて、木島は逮捕されました。
礼子が出した原稿とミイラを燃やした2人は、最後に湖に何も沈んでいないことを確認しに行きます。桟橋で引き揚げた木箱は空で、安堵した2人は抱き合いますが、その直後に反対側の鎖から亜矢の死体が上がり、代わりに吉岡は湖に沈みました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「LOFT ロフト」の商品はこちら