映画:Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)

「Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ホラー映画

Mr.タスク(セイウチ人間)の紹介:2015年公開のアメリカ&カナダ映画。ある老人の所へ取材に訪れた青年が睡眠薬で眠らされ、セイウチ人間に変貌(改造)させられる奇想天外なホラー。ジョニー・デップがシークレット出演し、娘との初共演を果たした。

あらすじ動画

Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)の主な出演者

ウォレス・ブライトン(ジャスティン・ロング)、ハワード・ハウ(マイケル・パークス)、テディ(ハーレイ・ジョエル・オスメント)、アリー(ジェネシス・ロドリゲス)、コンビニ店員・コリーン(リリー=ローズ・メロディ・デップ)ギー・ラポワンテ(ジョニー・デップ シークレット出演)

Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)のネタバレあらすじ

【起】– Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)のあらすじ1

Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)のシーン1

画像引用元:YouTube / Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)トレーラー映像

〝現実の出来事に基づく〟

…アメリカ、ロサンゼルス。

口ひげを長く伸ばした若い男性ウォレス・ブライトンは、友人・テディと『ナッシー(Not-See=見ない)・パーティー』というポッドキャスト(インターネット上のラジオ番組)を運営しています。

『ナッシー・パーティー』はそこそこ人気のある番組となっており、オリジナルグッズも出されていました。また視聴者からの投稿も、ぞくぞくと寄せられています。

ある日の放送で、ウォレスとテディは動画サイトで再生回数3万回を突破した、人気動画を取り上げました。

それは映画『キル・ビル』に感銘を受けた少年の動画で、少年は映画の真似をして刀を振り回すのですが、誤って自分の右足を切断してしまうというものです。

この動画の話題で盛り上がった2人は、次週その『キル・ビル少年』に突撃取材をする、と放送内で宣言しました。『キル・ビル少年』はカナダ在住の人です。

飛行機嫌いのテディは残り、ウォレスは恋人・アリーの反対を押し切ってカナダへ渡航しました。

空港の入国審査で、ウォレスは入国審査官に「カナダではホッケーが嫌いと言うな」というアドバイスを得ます。お目当てのマニトバまでは、レンタカーで移動しました。

投稿者『キル・ビル少年』の自宅を訪れたウォレスは、愕然とします。家の玄関には白い花輪が飾られていたからです。

葬儀に参加したウォレスは、たった2日前に『キル・ビル少年』が死んだことを知りました。右足を亡くしたことを苦にした少年は、動画で使っていた刀で自殺していました。

ウィニペグに移動して、『H』という名のバーで取材対象がいなくなったことをテディに報告したウォレスは、手ぶらで帰るわけにいかないと言い、何か他にネタを探すと告げます。

電話を置いた後、トイレに立ったウォレスは、便器の前に貼られた大量のチラシのひとつに惹かれました。

それは手紙のようなもので、『数々の冒険…土産話あり。カナダ人で奇妙な旅をして、海で生きて来た老人の話。孤独に余生を迎えたくない。話はある』というような内容でした。

賃貸物件(貸し部屋)も扱っているようなのですが、冒険話に惹かれたウォレスは、早速電話をして予約を入れます。

ハワード・ハウという老人が住んでいる場所はバイフロストというところで、現在地のウィニペグから北へ車で2時間かかる場所にありました。

電話で予約を入れたウォレスは、途中コンビニで飲み物を買い物したついでに電話をかけて道を聞き、夜のドライブで人里離れたところにあるハワード邸へ行きます。

ピッピー・ヒル邸と掲げられた館は異様に大きく、ドアチャイムを鳴らすと電動車椅子に乗った眼鏡の老紳士が出てきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Mr.(ミスター)タスク(セイウチ人間)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ