ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

悪魔の毒々モンスター 毒々最後の誘惑の紹介:1989年製作のアメリカ映画。『悪魔の毒々モンスター』シリーズ完結作。ただし続編がもう1作品ある。タイトルは1988年の映画「最後の誘惑」のパロディー。ビデオタイトルは『悪魔の毒々モンスター3 毒々最後の誘惑』。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々モンスター 東京へ行くの紹介:1989年製作のアメリカ映画。核廃棄物の首都ニュージャージーを舞台に、核廃棄物の申し子・毒々モンスターが悪と戦うコメディー。監督・製作は前作「悪魔の毒々モンスター」と同様ロイド・カウフマンとマイケル・ハーツ。脚本はカウフマンとゲイ・バーティングトン・テリー。主演はロン・ファジオ、ジョン・アルタムーラ。共演はフィービー・レジェール、関根勤、安岡力也。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
悪魔の毒々モンスターの紹介:1984年製作のアメリカ映画。ひ弱な男のコが思わぬアクシデントでますます醜く変身し、やがてヒーローとなり恋も知るという悲喜劇ホラー。製作はロイド・カウフマンとマイケル・ハーツ、監督はハーツとサミュエル・ウェイル、脚本はジョー・リッター、撮影はジェームズ・ロンドンとロイド・カウフマンが担当。出演はアンドリー・マランダ、ミッチェル・コーエンほか。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:“それ”がいる森
“それ”がいる森の紹介:2022年9月30日公開の日本映画。不可解な現象が多発する森で正体不明の“それ”によってもたらされる恐怖を描くホラー。『リング』や『事故物件 恐い間取り』など多くのホラーを手掛ける中田秀夫がメガホンをとり、未知の恐怖に襲われる主人公を『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の相葉雅紀が演じた。共演は『桜のような僕の恋人』の松本穂香、『事故物件 恐い間取り』の江口のりこ、ジャニーズJr.の上原剣心ら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のカナダ映画で、謎の伝染病で世界中にゾンビが溢れる状況になった中、先住民居留区で生き残りのためにサバイバルに挑む人々を描いた作品です。主人公を居留区に住む人々にしたところがポイントで、ゾンビを逃れて避難して来た白人たちを受け入れるかどうかで意見が分かれるなど、社会性を含んだテーマを持つ作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年製作のドイツ映画で、人々がゾンビ化する謎の感染症が世界中に蔓延する中、生き残るためにわずかな希望にかける少女たちの逃避行を描いたホラー作品です。人間をゾンビ化する感染症に新しい解釈を付け加えていて、少女たちを主役とした青春ホラーでありながら、どこか哲学的なテーマも含めた作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年製作のフランス映画で、アパートの中で一夜を過ごすうちに、外の世界が「ゾンビはびこる状態」になってしまったことに気付いた青年が、アパート内で1人きりのサバイバルを始める様を描いた作品です。序盤以降は「生きている登場人物」がほぼ主人公だけで、セリフやモノローグもなしに淡々とサバイバルを進めていく描写が心に残る作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
パニック・マーケットの紹介:2012年製作のオーストラリア&シンガポール合作映画。洪水によって1軒のスーパーマーケットに閉じ込められた若者たちのサバイバルを描くパニック・ホラー。ヴェネチア国際映画祭で上映され、イタリア、中国、ロシア、タイ、マレーシアなどで大ヒットを記録した。出演は「もうひとりのシェイクスピア」のゼイヴィア・サミュエル、「ステップ・アップ3」のシャーニ・ヴィンソン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
HUNT/餌 ハント・エサの紹介:2016年製作のオランダ映画。人喰い動物が登場する大人気の動物パニック映画!本作には動物界最強のライオンが登場!! 本作に登場するライオンは凶暴そのもの。エサを得るために暗がりに身をひそめ、人の油断をついてくる狡猾さ。 細い夜道、逃げ場のない路面電車内、身を隠すのに適した木々の多い公園などで、確実に人間を捕食していく…! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「N号棟」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

N号棟の紹介:2022年4月29日公開の日本映画。実際に岐阜県富加町で起きた幽霊団地事件を基に企画された考察型恐怖体験ホラー。死恐怖症(タナトフォビア)を患いながらも、死に惹かれていってしまう主人公の女子大生・史織役を「成れの果て」などの話題作が続く萩原みのりが務め、凄まじい恐怖と戦う圧巻の演技を披露している。団地に一緒に乗り込む大学生役を、池田エライザ監督作品「夏、至るころ」に主演した倉悠貴、子役時代から活躍する実力派・山谷花純がそれぞれ務める。そんな3人を囲む幽霊団地住人を、筒井真理子をはじめ、諏訪太朗、赤間麻里子、岡部たかしなどが怪演。監督・脚本は「リトル・サブカル・ウォーズ ヴィレヴァン!の逆襲」の後藤庸介。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:NOPE/ノープ

映画「NOPE/ノープ」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

NOPE/ノープの紹介:2022年8月26日公開のアメリカ映画。平穏な田舎町に起こった最悪の奇跡を描いたスリラー。『ゲット・アウト』で監督デビューしたジョーダン・ピールが監督と脚本を手掛け、同作で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたダニエル・カルーヤが主演を務め、再びタッグを組んでいる。また、『ハスラーズ』のキキ・パーマーや『ミナリ』のスティーヴン・ユァンらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
KKKをぶっ飛ばせ!の紹介:2022年製作のイギリス映画。1970年代を舞台に白人至上主義結社 KKKへの復讐を「カニバル・レザーフェイス」のチャーリー・スティーズ監督が描いたバイオレンス・ホラー。KKKの残忍な一派に捕らわれた黒人3きょうだい。兄は彼らに喰われ、姉もレイプされ、姉と弟は壮絶な復讐に乗り出す。映画初出演のディオンドル・ティーグルらが出演。KKKことクー・クラックス・クランのはじまりの地であるテネシー州で撮影された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ダーリン」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

『隣の家の少女』などで知られるジャック・ケッチャムの原作を元にした「食人族一家」の母親=「ザ・ウーマン」を主人公にした2019年製作の作品で、映画としては『襲撃者の夜』『ザ・ウーマン』に続くシリーズ3作目になります。本作はケッチャムの原作ではなく、ウーマンを演じたポリアンナ・マッキントッシュが監督を務めると共に脚本を書きおろし、前作『ザ・ウーマン』のラストでウーマンに連れ去られた少女・ダーリンのその後を描く物語になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画 としまえんの紹介:2019年製作の日本映画。東京都練馬区にある老舗の遊園地としまえんの全面協力のもと撮影されたホラー。大学生の早希は高校時代の仲良しグループでかつてよく遊びに行ったとしまえんへ。ネット上で噂になっているとしまえんの呪いを軽い気持ちで試したところ、次々に仲間が消え……。主人公の早希を「サニー/32」などに出演した元NGT48の北原里英が演じるほか、「馬の骨」の小島藤子、「血まみれスケバンチェーンソーRED」の浅川梨奈、『仮面ライダーエグゼイド』シリーズの松田るか、インスタグラマーのさいとうなり、『ラブライブ!サンシャイン!!』など声優としても活動する小宮有紗らフレッシュな顔ぶれが揃う。「半落ち」などの助監督を務めてき高橋浩が本作で長編映画監督デビュー。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×