ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画:死体語り
死体語りの紹介:2018年製作のブラジル映画。ホラー・オムニバス「ABC・オブ・デス2」に参加しているデニソン・ラマーリョの長編デビュー作。大都会の死体安置所で、一人で夜勤をしているステニヨには死者と交信する能力があった。あるとき、死者から彼自身にまつわる秘密を明かされ、危機に陥るが…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:新フランケンシュタイン
新・フランケンシュタインの紹介:2011年に制作されたアメリカのホラー映画です。メアリー・シェリーが生み出した「フランケンシュタイン」を原作にした映画で、新しい視点とアプローチで描かれています。原作の世界観を忠実に再現しつつアレンジしているとしていますが、実際には「フランケンシュタインの怪物」という名を借りたモンスターパニック映画と化しています。というよりゾンビ映画のテイストになっており、原作通りの「フランケンシュタイン」とは異なったストーリーとなります。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:うずまき
うずまきの紹介:うずまきに取り憑かれた町で起こる珍妙怪奇な出来事を描いた伊藤潤二のホラー漫画「うずまき」の実写化作品。2000年公開。「L'Arc~en~Ciel」「GLAY」など数々の有名アーティストのPV監督で知られるHiguchinsky監督の長編デビュー作。主演は「押切」「首吊り気球」など同じく伊藤潤二の実写化作品に多く出演している初音映莉子。共演には大杉漣、高橋惠子などの名優陣や、佐伯日菜子、阿部サダヲ、でんでんなどの個性派が名を連ねている。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ダムドファイル2
ダムド・ファイル2の紹介:2003~2004年に放映された名古屋テレビ=メ~テレ制作の名古屋/東海地方の都市伝説を元としたTVドラマ。三池崇史監督によるオープニングも圧倒的な世界観を醸している。「あかね雲」「ekiden[駅伝]」の浜本正機監督による「少年・南区」「墓地・千種区」「埠頭・港区」「学校・熱田区」の4作品を収録。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ダムドファイル1
ダムド・ファイル1の紹介:2003~2004年に放映された名古屋テレビ=メ~テレ制作の名古屋/東海地方の都市伝説を元としたTVドラマ。三池崇史監督によるオープニングも圧倒的な世界観を醸している。「ドレミファ娘の血は騒ぐ」の万田邦敏監督による「テレビ局・中区」「伊勢神トンネル・足助町」「カラオケボックス・千種区」「終の家・瑞穂区」の4作品を収録。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:怪談壱・病院怪談
怪談壱・病院怪談の紹介:2006年に公開された日本のホラー映画です。「水霊 ミズチ」や「心霊探偵 八雲」などで知られる山本清史監督が手掛ける作品となっており、同監督の「怪談シリーズ」第1弾でもあります。本作は日本と韓国の合作映画でもあるため、日本人だけでなく韓国人もキャストとして出演しているのが特徴の1つです。舞台となるのは真夜中の病院で、看護師や患者などに恐怖の出来事が襲い掛かってくるというストーリーが展開されます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ホールインザグラウンド
ホール・イン・ザ・グラウンドの紹介:アイルランドの森林地帯で暮らす親子に起こる不可解な現象を描いた、2019年制作、アイルランド/ベルギー/フィンランド合作のホラー映画。監督/脚本は本作が長編デビュー作となるリー・クローニン。主演は「マッド・メアリー」のシーナ・カースレイク。「ブレイブハート」「トレインスポッティング」のジェームズ・コスモ、「過去のない男」のカティ・オウティネンなどが出演。日本では新宿シネマカリテの〈カリコレ2019〉で初上映された。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ザポルターガイスト悪魔の棲む家
ザ・ポルターガイスト 悪魔の棲む家の紹介:2015年に公開されたイギリスのホラー映画です。原題は「Poltergeist Activity」となります。作中に出てくるアミティヴィル事件とは、1974年にロングアイランドのアミティヴィルの家で実際に起きたデフェオ一家殺害事件のことで、その後同じ屋敷に越してきたラッツ一家が怪奇現象に悩まされたと主張したことから、ホラー映画の題材として多く扱われるようになりました。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:蛇娘と白髪魔
蛇娘と白髪魔の紹介:1968年製作の日本映画。楳図かずおの原作を「女賭博師絶縁状」の長谷川公之が脚色し、「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の湯浅憲明が監督した怪奇もの。撮影は「闇を裂く一発」の上原明と、特撮の藤井和文が担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:グレムリン2017異種誕生
グレムリン2017~異種誕生~の紹介:2017年に公開されたアメリカのホラー映画です。監督は「兵器人間」のライアン・ベルガルトで、ジャンルはモンスターパニック系のホラーに当てはまります。タイトルにはグレムリンと題されていますが、あの有名な映画の「グレムリン」とは一切関係がありません。そもそも作中ではグレムリンという名称すら登場せず、モンスターには明確な名前は与えられてはいないのです。とはいえ原題は「Gremlin」となっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:学校の七不思議
学校の七不思議の紹介:2011年に制作された日本のホラー映画で、学校の七不思議を題材にした映画となります。制作はジョリー・ロジャーです。本作のストーリーはタイムカプセルを掘りに来た男女の5人組が、20年前に変死した少女の呪いに巻き込まれるというものです。この少女が残した「七つの歌」を本作では「ナナフシギ」として扱っているため、一般的な学校の七不思議とは違うと言えるでしょう。なお主役を演じているのはグラビアイドルの川崎裕菜です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ヒットマンVSキョンシーズ
ヒットマンVSキョンシーズの紹介:2010年にアメリカで制作されたホラーアクション映画です。タイトルからも分かる通り、ヒットマンとキョンシーの対決を描いた作品となります。本作ではキョンシーは中国のヴァンパイアという設定になっています。キョンシーらしいのはボスだけで、それ以外の子分はゾンビ風の見た目になっているのが特徴的です。それとアメリカ映画ですが、キョンシーが出てくるため、アジアの雰囲気が漂っています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゴーストホームアローン
ゴーストホーム・アローンの紹介:2019年製作のアメリカ映画。『ホーム・アローン』×『ゴーストバスターズ』×『IT/イット』! メカオタクの少年イーライは「バーグリーの怪物」を信じている。そして、パパもママも出掛けて、ひとりぼっちの夜、世にも邪悪な存在が、イーライに忍び寄る…! ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ジェイミー、童貞やめるってよ
ジェイミー、童貞やめるってよの紹介:2012年に制作されたイギリスのホラーコメディ映画で、原題は「love vite」です。本作の内容は人狼から身を守るために童貞を卒業しなければならないというようなもので、バカな男たちの青春ストーリーといった感じとなります。ホラー要素もあるにはありますが、そのエッセンスが前面に押し出されるのはラスト付近です。主演は「エラゴン 意志を継ぐ者」のエド・スペリーアス、ヒロインは「ゴシップガール」のジェシカ・ゾーです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます