ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

Studio 666/スタジオ666の紹介:2022年製作のアメリカ映画。ロックの殿堂入りを果たしたフー・ファイターズが10作目のアルバムレコーディングのため、エンシノにある屋敷を訪れる。この屋敷はロック史に残る陰惨な事件が起きた場所だった。そこでデイヴ・グロールはアルバムの完成とバンドの生命を脅かす超自然的な力に取り憑かれてしまう…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
殺人鬼を飼う女の紹介:2019年製作の日本映画。『甘い鞭』の大石圭による同名小説を、『スマホを落としただけなのに』などサスペンス・ホラーを得意とする中田秀夫監督が映画化。義父からの性的虐待により、4つの人格を宿すヒロインの身に起きる出来事を描く。主人格のキョウコ役の飛鳥凛のほか、他の3つの人格も異なる女優たちが演じるなど、大胆な構成で魅せる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「恐怖人形」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

恐怖人形の紹介:2019年製作の日本映画。日向坂46の小坂菜緒が初主演を務めるホラー。カメラが趣味の女子大生・平井由梨の元にある日、差出人不明の怪しいパーティーの案内状が届く。同じ案内状を受け取った幼馴染の真人と共に参加した由梨は、会場となるキャンプ場で恐るべき事態に遭遇する……。共演は「十二人の死にたい子どもたち」の萩原利久。監督は「めがみさま」の宮岡太郎。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ジョーズ・リベンジの紹介:2021年製作の中国映画。スタイル抜群の美男美女で賑わうビーチを突然巨大津波が襲い、人々を一瞬の内に飲み込んだ。命からがら生き延びた男女8人。 助けを求めて活動を始めた彼らの目の前に信じられない事態が迫っていた。それは血に飢え凶暴化した巨大“人喰いザメ"の襲来だった…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2007年製作のアメリカ映画で、平凡な大学生活を送っていた主人公が、突如目の前に現れた死神のような怪物に命を奪われ、そこから主人公は次々に「違う人生」を歩まされることになる・・・というサスペンスホラー作品です。タイムループのような物語かと思いきや、後半になって展開がガラっと変わっていく意外さが見どころになっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「ハネムーン」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

2014年製作のアメリカ映画で、人里離れた山の奥地にある別荘に新婚旅行で訪れた若い夫婦が、そこに潜む「何か」に次第にむしばまれて行く様子を描いたホラー作品です。監督は「フィアー・ストリート」シリーズのリー・ジャニアックが務め、大ヒットドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で美しい野人・イグリットを演じたローズ・レスリーがヒロイン役で出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
アノコノシタタリの紹介:2019年製作の日本映画。ゆるふわ系人気女優・なつめ愛莉主演による青春エロティックスリラー。かつて殺人事件が起きた事故物件に引っ越した大学生の海斗。そんなことは気にせずに、自宅で過ごす海斗だったが、ある日「零奈」と名乗る美しい女性が部屋に現れて…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「デモニック」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

デモニックの紹介:2021年製作のカナダ映画。『エリジウム』などのニール・ブロムカンプ監督がメガホンを取ったスリラー。母親と疎遠になっていた娘が、かつて凶悪事件を起こし現在は昏睡(こんすい)状態にある母の意識につながる仮想空間で彼女と再会し、衝撃の事実に直面する。キャストには『コンプリート・ブロンド』などのカーリー・ポープ、『アンカー・ウーマン殺人事件』などのクリス・ウィリアム・マーティン、『アナライザー』などのマイケル・ロジャース、ブロムカンプ監督作『第9地区』などのナタリー・ボルトらがそろう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ブラック・フォン
ブラック・フォンの紹介:2022年7月1日公開のアメリカ映画。『ホーンズ 容疑者と告白の角』の原作などで知られるジョー・ヒルの短編集「20世紀の幽霊たち」所収の一編「黒電話」を映画化。誘拐犯によって密室に監禁された少年が、部屋にある断線した黒電話を通じて過去の犠牲者たちとつながる。製作陣には『ゲット・アウト』などのジェイソン・ブラムが名を連ね、監督を『エミリー・ローズ』などのスコット・デリクソンが担当。連続誘拐犯を『フッテージ』などのイーサン・ホークが演じるほか、メイソン・テムズ、マデリーン・マックグロウらが出演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2013年製作のアメリカ映画で、幽霊が出るというウワサのある閉鎖された刑務所に、超常現象を調査するFBI捜査官チームが潜入するが、彼らもまたそこで恐ろしい体験をすることになる・・・というホラー映画です。発掘された映像による作品という設定の「POV形式によるファウンド・フッテージもの」で、超常現象の起こる様子を記録した映像の見せ方が焦点になっている作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年製作のアメリカ映画で、「寿命がわかるアプリ」を見つけた若者たちが、刻々と迫る「自分が死ぬ予定時間」に怯え、その運命に逆らおうとする者には悪魔の姿が忍び寄り始める・・・というホラー映画です。死にまつわるアプリを題材にした作品は最近多くなっていますが、その中でも上手くアイデアを生かした成功作になっていると思います。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:X エックス

映画「X エックス」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

X エックスの紹介:2022年7月8日公開のアメリカ映画。ある老夫婦が暮らす家に足を踏み入れた若者たちの運命を描くホラー。1979年のアメリカ・テキサス州を舞台に、3組のカップルが映画撮影のために訪れた農場で悪夢のような出来事に遭遇する。監督・脚本は『キャビン・フィーバー2』などのタイ・ウェスト。『サスペリア』などのミア・ゴスがヒロインを演じ、『ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~』などのジェナ・オルテガ、『プロムナイト』などのブリタニー・スノウ、『スコットという名の男』などのスコット・メスカディらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヒルコ妖怪ハンターの紹介:1991年製作の日本映画。ある田舎の中学校にて巻き起こる謎の妖怪の恐怖を描くSFホラー。諸星大二郎原作「海竜祭の夜」の映画化で、脚本・監督は「鉄男」の塚本晋也。撮影は「大誘拐 RAINBOW_KIDS」の岸本正広がそれぞれ担当。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「YUMMY ヤミー」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

2019年製作のベルギー産ホラー映画で、名高い美容外科医院に治療を受けに来た若者が遭遇する、壮絶な惨劇を描いた作品です。多分にコメディ要素を含んだ内容ではありますが、惨劇の描写はかなりのインパクトがあり、ウイルス感染によるゾンビものとしても十分に楽しめる作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×