ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

1970年代末から80年代にかけて、「スプラッターのマエストロ」としてその名を馳せたルチオ・フルチ監督による、1990年製作のホラー映画です。中世の頃に建てられた古い修道院に、発掘作業に来た若い女性が魅せられ、やがてそれが惨劇の始まりとなっていく・・・という物語で、フルチお得意の強烈なゴアシーンが堪能出来る作品になっています。ダリオ・アルジェント製作の『デモンズ』とは関係なく、原題の「Demonia」から付けられた邦題だと思われます。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
「サンゲリア」「ビヨンド」などの作品に於ける、インパクト絶大なスプラッタ描写で知られるルチオ・フルチ監督が手掛けた、1989年製作のホラー映画です。数多くの時計が屋内にズラリと並ぶ、人里離れたお屋敷に強盗に入った若者たちが体験する惨劇を描いた作品で、屋敷内を埋め尽くす時計が物語の重要なキーを握る内容になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
1970年代末から80年代にかけて、「地獄の門」「サンゲリア」などのスプラッター映画で人気を博したルチオ・フルチ監督による、1989年製作の作品です。両親が死んで幼い子供2人だけになった屋敷で起こる怪奇現象に、子供たちの面倒を見るためにやってきた両親の妹夫婦が悩まされる様を描いた作品で、幼い子供が持つ切なさと残酷さを浮き彫りにした作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「サンゲリア2」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

「スプラッター映画のマエストロ」と呼ばれたルチオ・フルチ監督による、1988年製作の作品です。「2」と銘打っていますが前作とは関わりなく、軍の研究所が開発していたウイルスが漏れたことにより、ゾンビ化した人々が巻き起こす惨劇を描いています。監督は諸事情により、フルチから制作途中で多くのB級映画で腕を振るうヴィンセント・ドーンに交代したとのことで、フルチ作品ではあまりお目にかかれない「早い動きをするゾンビのアクション」が見られる作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
富江・最終章 禁断の果実の紹介:2020年製作の日本映画。伊藤潤二の人気コミックを原作にしたホラー・シリーズ『富江』の第4弾。富江役に「さくや妖怪伝」の安藤希を迎え、「コンセント」の中原俊監督が少女の秘め事を幻想的に描き出す。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「VS狂犬」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

VS狂犬の紹介:2019年製作のスペイン映画。密室空間での人間VS狂犬の壮絶バトルを描くサバイバルホラー。交通事故で四肢麻痺になった少女エレナ。介護犬アトスと共に林の中の一軒家で暮らすことになるが、アトスが謎のウイルスに感染。車椅子に頼るしかないエレナに、凶暴化した愛犬が襲いかかってくる。出演は「暴走車 ランナウェイ・カー」のパウラ・デル・リオ、『タッドの大冒険 失われたミダス王の秘宝』のミゲル・アンヘル・ジェネール。スペインのホセ・ルイス・モンテシノス監督による長編デビュー作。『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ウィリーズ・ワンダーランドの紹介:2020年製作のアメリカ映画。さびれた遊園地を舞台に、主人公と邪悪なアニマルロボットたちの戦いを描くアクションホラー。ある遊園地で一晩過ごすことになった男と、悪魔の化身となったアニマルロボットたちが激しいバトルを繰り広げる。メガホンを取るのは『ASHRA アシュラ』などのケヴィン・ルイス。『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』などのニコラス・ケイジ、ドラマ「レジデント 型破りな天才研修医」などのエミリー・トスタ、『僕と頭の中の落書きたち』などのベス・グラントらが共演する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
シン・アナコンダの紹介:2021年製作のアメリカ映画。マリオ・N・ボナシン監督の作品。巨大アナコンダが人間に襲いかかる戦慄のアニマルパニック。想像以上にデカいアナコンダのビジュアルと、その素早い動きに驚がく必至。主演は『暴走機関車』の個性派、エリック・ロバーツ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ヨコクソン(女哭声)の紹介:2018年製作の韓国映画。1986年に製作された同名韓国ホラーをリメイク。原因不明の不可解な死が続く古い邸宅に、偶然足を踏み入れることになった女性オク・ブン。その家にいる間、守るべき規則を聞かされたオク・ブンだったが、ある日、その規則を破ってしまい死者の魂が忍び寄ってくる。出演は「ビー・デビル」のソ・ヨンヒ、k-popアイドルApinkのメンバーであるソン・ナウン。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ココディ・ココダの紹介:2019年製作のスウェーデン&デンマーク合作映画。「いつも心はジャイアント」で注目を集めたヨハネス・ニホームが贈るシュールな“ループもの”ホラー。娘を亡くした夫婦がキャンプに出かけたところ、3人のサイコパスと人喰い犬の襲撃を受け、惨殺される。さらにその惨劇は、何度も繰り返されることに……。出演はデンマークで60年代に人気を博したロック歌手のペーテル・ベッリ。シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2020で上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます

映画「サメデター」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

サメデターの紹介:2021年製作のアメリカ映画。『エボラ・レックス』のダスティン・ファーガソン監督によるシャークパニックホラー。ビーチで人がサメに襲われる事件が連続発生し、サメ研究者のウェストウィンは、サメのDNAに異常を発見する。その頃、ビーチでは盛大なパーティーが開催され…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
ザ・ビーチ(2019年)の紹介:2019年製作の映画。正体不明の生物に寄生される恐怖を描いたホラー。休暇でビーチを訪れた一組のカップルと夫婦。楽しい時間を過ごしていた矢先、あたり一面が霧に包まれる。やがて海岸にネバネバした謎の生物が打ち上げられ、人々は次々と正気を失い、肉体が変容していく……。出演は「かけがえのない人」のリアナ・リベラト、「ラスト・パニッシャー」のノア・ル・グロス。劇場発信型映画祭『未体験ゾーンの映画たち 2022』にて上映。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
恐怖のキャンプの紹介:2014年製作のアメリカ映画。エリック・ロバーツ主演、リアリティショーが殺人ショーに変貌するホラー作品。一癖ある若者ばかりを集めたリアリティショーで本物の殺人が起き、出演者たちが疑心暗鬼に陥っていく。誰が犯人で誰が次の標的なのか先の読めない展開…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:きさらぎ駅

映画「きさらぎ駅」のネタバレあらすじ結末

ホラー映画

きさらぎ駅の紹介:2022年6月3日公開の日本映画。「タイトル、拒絶」の恒松祐里主演でインターネット掲示板発の都市伝説を映画化。大学で民俗学を学ぶ春奈は、都市伝説“きさらぎ駅”を卒業論文の題材に取り上げることに。リサーチの結果、原点となった書き込みの投稿者とされる女性と会う約束を取り付ける。出演は、「ポプラの秋」の本田望結、ドラマ『ファイトソング』の莉子、ドラマ『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』の寺坂頼我、ドラマ『魔進戦隊キラメイジャー』の木原瑠生。監督は、「真・鮫島事件」の永江二朗。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×