ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(4ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画:ドントヘルプ
ドント・ヘルプの紹介:イーライ・ロス監督の「ノック・ノック」の脚本などを担当した、ギジェルモ・アモエド監督・脚本のメキシコ産オカルトホラーです。裕福な家に強盗に入った3姉妹が体験する、恐ろしい一夜・・・という物語で、ベースは「エクソシストもの」なのですが、かなりヒネった筋書きになっているのが特徴です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:オープングレイブ感染
オープン・グレイブ ー感染ーの紹介:「第9地区」のシャールト・コプリーが主演を務めた、サスペンス・ホラーです。記憶を失くした6人の男女が、互いに疑心暗鬼になりながら、自分たちが「ここにいる」理由を探り始める・・・というシチュエーション・スリラー的な展開から、中盤以降は「別のジャンル」へと変貌していく、凝った構成の作品になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ74
ほんとにあった!呪いのビデオ74の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第74作。温厚な人物が突如豹変する三部作の完結編「おくりもの 後編」、山道を猛スピードで這い回る異形「山道」、生霊と思しき姿を捉えた「カメラ機能」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:THATザットジエンド
THAT/ザット ジ・エンドの紹介:2019年製作のアメリカ映画。ネヴァダ州の人知れぬ砂漠「ヒドゥン・デザート」にサーカスの一団がやって来た。しかし、彼らを悪魔の化身とみなした司祭の扇動により、町の住人たちはサーカスの団員を皆殺しにした。それから25年後。フェスに向かうサリーたちがヒドゥン・デザートで休憩をしていると、トイレに向かったデイヴィが一向に戻って来ない。サリーたちがデイヴィを探しに砂漠の奥に進むと、サーカステントが張られたゴーストタウンを発見する…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ73
ほんとにあった!呪いのビデオ73の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第73作。温厚な人物が突如豹変する三部作「おくりもの 中編」、見事な花火をドローンで撮影中に現れた異形「花火の上」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アナベル死霊博物館
アナベル 死霊博物館の紹介:2019年9月20日公開のアメリカ映画。ジェームズ・ワンが監督を務め、シリーズ化されたホラー「死霊館」に登場する、呪いの人形“アナベル”の恐怖を描いたシリーズ第3弾。超常現象を研究するウォーレン夫妻の自宅に封印されたアナベルの呪いが解かれたことで、一家は恐ろしい現象に見舞われる。前2作の脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンが監督と脚本を担当し、「死霊館」シリーズのパトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ、『キャプテン・マーベル』のマッケナ・グレイスらが出演。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:東京喰種2トーキョーグールS
東京喰種 トーキョーグール【S】の紹介:2019年7月19日公開の日本映画。TVアニメ、ゲーム、舞台にもなった石田スイ原作の人気コミックの実写映画版第2作。人を喰らわないと生きていけない存在、喰種(=グール)になってしまった青年、カネキの前に史上最悪の喰種として仲間からも嫌われる月山が現れたことから、喰種たちの間でトラブルが巻き起こる。松田翔太がクセの強いキャラ、月山を独特の雰囲気で演じる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ゆがみ。~呪われた閉鎖空間~
ゆがみ。~呪われた閉鎖空間~の紹介:2014年に公開された日本のオムニバスホラー映画です。閉鎖空間で起こる霊現象の数々をテーマとした8つの短編ホラーから成る作品で、様々なバリエーションでストーリーが展開されていきます。これら8つのオムニバスホラーは8人の主演と4人の監督の手によって制作されており、それぞれ違う特色を出しているのも特徴の1つだと言えるでしょう。なお本作には今ブレイク中の相楽樹氏が出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ72
ほんとにあった!呪いのビデオ72の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第72作。温厚な人物が突如豹変する三部作「おくりもの 前編」、曲がり角に出現する謎の女「曲がり角」、山間のモーテルに棲む異形「存在しない友達」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ドラキュラXO
ドラキュラXOの紹介:2014年にカナダで公開された映画です。吸血鬼を題材としたホラー映画となっており、ドラキュラ伝説の真実に迫るというストーリーになります。ジャーナリストたちが吸血鬼とカルト集団について取材を進めていくという構成となっていますが、基本的には吸血鬼に襲われるだけです。真実が明らかになるといった内容の作品ではなく、かの有名なドラキュラ公が出てくるわけでもありません。つまり本作はZ級映画と言えるでしょう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アミティヴィルシアター悪魔が棲む場所
アミティヴィル・シアター 悪魔が棲む場所の紹介:2015年に公開されたホラー映画です。実話を映画化したという「アミティヴィルの恐怖」を原作とした話になっていますが、家が劇場になっているなど、いろいろと違う部分もあります。さらに本作は「悪魔の棲む家シリーズ」としては13作目に当たる作品ですが、内容そのものは独立しており、前作との関連性もありません。なおジョン・R・ウォーカー監督はスチュワート役として出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ほんとにあった!呪いのビデオ71
ほんとにあった!呪いのビデオ70の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2017年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第71作。通りすがりのカップルにつきまとう子供の霊「シルエット」、アパートに出現する崩れた人影「瑕疵」など6本を紹介する。演出/構成は「×ゲーム」「アイズ」の福田陽平、「境界カメラ」シリーズ「ミテハイケナイ都市伝説」の寺内康太郎。ナレーションは中村義洋。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:こっくりさん日本版
こっくりさん 日本版の紹介:2005年に公開された日本のホラー映画です。「こっくりさん」を題材としたホラー映画となっており、「エンジェル様」という名称も登場します。W主演を務めているいとうあいこ氏と長澤奈央氏は共に「アバレンジャー」や「ハリケンジャー」の特撮ヒロインとして活躍した女優です。さらには裕美役の栗原瞳氏も「仮面ライダー龍騎」や「仮面ライダー555」に出演していた女優なので、本作は特撮関係の役者が活躍する映画だと言えるでしょう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:こっくりさん 恋獄版
こっくりさん 恋獄版の紹介:2014年に公開された日本のホラー映画です。「こっくりさん」をきっかけに次々と人が死んでいくというストーリーで、ホラーとミステリーの要素が合わさった作品となっています。ただし「こっくりさん」の要素はそこまで強くなく、ただ単に名前を借りているだけといった感じです。さらに本作はホラー映画ではありますが、オカルトなシーンはほとんどなく、そのうえ怖いシーンもあまり多くはありません。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます