ホラー映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

おすすめの最新作や最恐の名作、フィクションから実話まで、様々なホラー映画をまとめています。ホラー映画は幽霊や悪魔、呪い、エクソシスト、クリーチャー、ゾンビ、殺人鬼、などが題材として扱われることが多いです。舞台は廃屋、廃病院、館などが多く、恐怖を徹底的に追求した演出が魅力です。

映画:WITCHGAMEウィッチゲーム
WITCH GAME/ウィッチ・ゲームの紹介:2019年製作のカナダ映画。ジルは恋人の誘いで、男女7人でスキー場に出かけるが、道が途中で通行止めになってしまう。近道だという道を通った7人は、道に迷い身動きが取れなくなり、過去に魔女裁判が行われた区域に足を踏み入れ…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アス
アスの紹介:2019年9月6日公開のアメリカ映画。『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したジョーダン・ピールが手掛けたスリラー。妻・アデレードが幼少期に暮らした家を訪れ、夏休みを過ごすウィルソン一家の下に、自分たちに瓜二つな“わたしたち”がやってくる。主演は、『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞に輝いたルピタ・ニョンゴ。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:セーラ少女覚醒(少女のめざめ)
セーラ 少女覚醒(少女のめざめ)の紹介:2014年製作のアメリカ&ベルギー合作映画。リメイク版『ペット・セメタリー』の監督コンビによるファンタジックホラー。セーラは女優を目指しているが、オーディションは落選続き。夢と才能がそぐわない現実に折り合いが付けられず、彼女の強い願望は恐ろしい力を呼び覚ましてしまう…。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:闇刻の宴
闇刻の宴の紹介:2015年に公開された日本のホラー映画です。5人の監督が「女性の怖さ」をテーマとして、それぞれショートホラーを作り上げました。計6編の作品をオムニバスとしてまとめあげたのが本作となります。とはいえもともとはコンセプトが統一されていたわけではなく、「闇刻の宴」を上映するにあたって、選ばれたのがこの5作品というわけです。この5作品を繋がりのあるものにするため、「ひなげし」という話が追加され、1つのまとまった作品に仕上がったというわけです。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:死刑ドットネット
死刑ドットネットの紹介:2011年に制作された日本のホラー映画です。ネット上の闇をテーマにした作品で、いわゆる殺人サイトに焦点を当てています。人の怖さを描いた作品であるため、幽霊などオカルト的な要素はまったく出てきません。なので人間の持つ闇が浮き彫りになった作品だと言えるでしょう。さらに誰が依頼者なのかといったミステリー要素もちょびっとだけあります。ちなみに本作はシリーズ化されており、続編も公開されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:エンドレスナイトメア
エンドレス・ナイトメアの紹介:麻薬の使用で刑務所に収監されていた若い女性が、釈放後に立ち直ろうとするものの、陰謀により「邪悪なものを引きつける呪い」をかけられてしまう・・・というホラー映画で、ヒロインを次々襲う「邪悪なものたち」が、モンスターやゾンビなどのクリーチャーから、殺人鬼まで登場するバラエティの豊かさが特徴の作品です。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:チャーリーザモンスター
チャーリー:ザ・モンスターの紹介:50年以上前に、農家を営む家族が旅行者を次々と襲って「食料にしていた」という都市伝説が残る「チャーリーの農場」へ出かけた若者たちが体験する、恐怖の出来事を描いた作品です。「シャークネード」シリーズのタラ・リードがヒロインを演じ、「デビルズ・リジェクト」などで日本のホラーファンにも人気の高いビル・モーズリィが殺人鬼の父親役で出演しています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ひきこさんの惨劇
ひきこさんの惨劇の紹介:2013年に公開された日本のホラー映画です。タイトルからも分かる通り、都市伝説「ひきこさん」をテーマにしています。「ひきこさん」についての取材を進めるに連れて恐怖に引き込まれていくといった内容となっており、いわゆるフェイクドキュメンタリーというジャンルに当てはまります。そのため本当にあった出来事という体で進んでいき、ビデオカメラで撮ったシーンやインタビューシーンがところどころに挿入されています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ひきこ降臨
ひ・き・こ 降臨の紹介:2014年に公開された日本のホラー映画です。タイトルにひきことついてはいますが、都市伝説の「ひきこさん」とはあまり関係がありません。ひきこという人物やひきずられるシーンは出てきますが、関連しているのはそれくらいです。本作はいじめや復讐に焦点を当てており、ネットにアップするという現代的な問題も取り入れています。そのため「ひきこさん」という妖怪めいた存在は一切出てこず、人間の持つ怖さを描いたホラー映画になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:そのネズミ、凶暴につき
そのネズミ、凶暴につきの紹介:2013年に公開されたパニックホラー映画です。別荘にやってきた家族が、動物の被り物をした殺人鬼集団に襲われるというストーリーになっています。本作のサブテーマの一つとして『家族』が挙げられます。主人公の母親とその息子は義理の親子という関係、さらに殺人鬼集団のほうも擬似的な家族関係を築いています。この二つの家族は対極にあり、対照的な家族関係が描かれている作品と言えるでしょう。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:絶叫のオペラ座へようこそ
絶叫のオペラ座へようこその紹介:2014年に公開されたホラー映画です。ミュージカルをテーマとしているため、歌と踊りのシーンがところどころに挟まれます。ミュージカルホラーというジャンルに当てはまり、「オペラ座のたたり」の再演をきっかけに連続殺人が始まるというものです。本作では「オペラ座のたたり」を日本の伝統芸能歌舞伎にアレンジするという設定になるため、歌舞伎の衣装とメイクといった要素も出てきます。ただ本当の歌舞伎ではなく、どちらかといえば海外が思う歌舞伎といった有様になっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:プレデターズ エヴォリューション
プレデターズ エヴォリューションの紹介:2010年に公開されたフランスのホラー映画です。タイトルに「プレデターズ」とついてはいますが、あの「プレデター」とは一切関係がありません。そもそも原題は「La traque」なので「プレデター」要素は入っていないのです。つまり日本で公開される際、「プレデターズ」とまるでパチモン映画のようなタイトルをつけられたということです。なのでモンスターは出てこず、凶暴化したイノシシが登場する映画となっています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ポラロイド
ポラロイドの紹介:悪霊が取り憑いたポラロイドカメラの名機SX-70で撮影された若者が謎の死を遂げる2017年製作アメリカのホラー映画。監督はリブート版「チャイルドプレイ」(2019年)のラース・クレヴバーグ。主演は「僕のワンダフル・ジャーニー」のキャスリン・プレスコット。「THE JUON/呪怨」の老女役グレイス・ザブリスキーが出演している。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:2ちゃんねるの呪い新劇場版本危
2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危の紹介:2012年に公開された日本のホラー映画です。「2ちゃんねるの呪いシリーズ」の劇場版第2弾に当たる作品で、ネット掲示板の2ちゃんねるの噂を取り上げた内容となっています。中でも本作は「本当に危ないところを見つけてしまった」というスレを取り上げており、映画ならではの独自解釈でストーリーは進んでいきます。なおAKB48の鈴木まりやが本作の主人公、木南結香役を演じています。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます