映画:Re:デッド

「Re:デッド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ホラー映画

Re:デッドの紹介:2018年製作のイタリア映画。同じ時間が無限に繰り返される恐怖を描くSFスリラー。大学の教授・エマは魔女狩り研究のため、ツアーガイドのジュリアが運転する車でシャンダ川に向かっていた。しかし、途中で車が故障してしまう。そこに突然何者かが現れ、エマを殺害するが…。

あらすじ動画

Re:デッドの主な出演者

シャンダ(マーセラ・ブラーガ)、ジュリア(クラウディア・マラス)、調査員(トニー・パンドルフォ)、エマ(マルゲリータ・レモッティ)、ダニエル・ロス(ディエゴ・ランコ)

Re:デッドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①歴史学の女教授・エマは遺跡を研究しにシャンダの川へ行こうとする。ガイドのジュリア、記者のダニエルとシャンダへ行く途中、謎のマント&マスク男たちに襲われて幹にくくりつけられ、殺害される。ところがそれは夢で、死んだあと同じ日が繰り返される。 ②エマはシャンダの川へ行って真相を知る。ジュリアは黒魔術を操るカルト教団の信者、エマは魔女でジュリアに呪いをかけられていた。エマは魔女として覚醒。

【起】– Re:デッドのあらすじ1

Re:デッドのシーン1

画像引用元:YouTube / Re:デッドトレーラー映像

白いドレスを着た赤毛の若い女性・シャンダが、一心不乱に逃げています。

シャンダを追うのは、ランタンを持ったマントの人物でした。

マントをつけた男は、赤い鬼のような面をつけています。

捕まり、首を締めあげられたシャナダの赤毛が揺れました…。

2016年11月10日。

イタリア・ボゲーラ。

アメリカで歴史学を研究する大学教授の女性・エマは、シャンダの夢を見て起きました。

えらくリアルな夢だと思いながら、列車を降ります。

ボゲーラ駅をおりたエマは、駐車場で現地ガイドの若い女性・ジュリアと落ち合いました。

ジュリアを待つあいだ、エマは赤いペンキで描かれた、不思議な模様を見つけます。

それは赤い円で、中央に赤い点が記されていました。気になったので、エマはそれをカメラで撮影します。

ジュリアがエマを車に乗せて、モーテルまで案内しました。

エマは今回、シャンダという地名の場所に行く予定です。

アメリカからはるばる海を渡り、大陸間移動をしてイタリアまでやってきたエマは、時差ボケに悩まされていました。

ジュリアはそれを聞いて、自家製のワインを勧めます。

エマが宿泊予定の『ホテル天頂』に連れて行ったジュリアは、「何かあれば連絡を、明日の朝、来るわ」と言うと去っていきました。

(先にネタバレ、ここ以降の時間が無限ループしていく)

…白いドレスの女性・シャンダが儀式を受けている夢を見たエマは、午前4時に目を覚まします。

シャワーを浴びたエマは、ジュリアと会いました。

2016年11月11日です。

ジュリアはエマに、クロアチアからやってきた報道記者の男性ダニエル・ロスを紹介し、同行することになったことを告げます。

エマとダニエルはジュリアの車に乗り込み、移動を開始しました。

車中の話題は、これから行く目的地、シャンダの話になります。

エマは歴史学者で、「カルトの犠牲になった女性をモデルにして、執筆したい」と思っています。その調査のための、見学でした。

ダニエルは、このところシャンダの遺跡で学生が血を抜かれて死んだという殺人事件を聞きつけ、その調査のために行く予定です。

ジュリアが車を運転しつつ、シャンダの場所についての説明を始めました。

1520年ごろ、このイタリアのシャンダ地方に、体内で出血する伝染病が流行したそうです。

それがいつしか年を経て、呪いの話になってしまっていました。

歴史学を勉強するエマは、やんわりとジュリアの説を否定します。

車が荒野を走っているときに、途中で停車しました。

車を見に下りたジュリアは、オイル漏れであることを告げ、弟のマルコに手伝いに来てくれと電話で頼みます。

その電話を聞きながら、エマとダニエルは車を降りました。

すると、立往生した車にマントを着用した男2人が近づいてきて、エマとダニエルを殴って気絶させます。

エマが目覚めると、樹木に縛られていました。右横にはダニエルも幹にくくられています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Re:デッド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×